2016年夏の高校野球選手権栃木大会の日程と速報は?優勝予想の本命は作新学院?

スポンサーズドリンク

夏の高校野球選手権栃木大会!

 

6月22日に第98回全国高校野球選手権栃木大会の組み合わせ抽選会が行われ、各試合の組み合わせと日程が決定しました!

 

今日は、夏の高校野球選手権栃木大会の組み合わせや優勝予想等を書いていきたいと思います!

 

スポンサーズドリンク

 

トーナメント表やシード校は?

 

トーナメント表や1回戦の組み合わせは次の様になっています。

tochigi

 

 

 

見てもらえばわかりますかが、シード校は以下の様になっていますね!

 

  • 文星芸大付(Aブロック)
  • 作新学院 (Bブロック)
  • 矢板中央(Cブロック)
  • 真岡工(Dブロック)
  • 青藍泰斗(Hブロック)
  • 栃木(Eブロック)
  • 栃木工(Fブロック)
  • 国学院栃木(Gブロック)
  • 青藍泰斗(Hブロック)

 

シード校は、春の栃木県大会でベスト8になったチームになっています。

 

大会の日程は?

7月10日
益子芳星 1-9 宇都宮北(7回コールド)(10:50)
那須清峰 9-8 小山西(13:20)

那須清峰が激戦を制して、見事に初戦突破ですね。

 

7月11日
○文星芸大付 4- 1石橋
宇都宮白楊 10-3 足利清風(7回コールド)
栃木農 6-5 高根沢
宇都宮清陵 16-7 幸福学園
大田原 4-0 黒磯南
宇都宮 12-0 ○作新学院(6回コールド)

全試合順当な結果ではないでしょうか。作新学院は6連覇に向けて好発進ですね。

 

7月12日

足利工大付 6-3 鹿沼
今市 0-10 佐野日大(6回コールド)
宇都宮南 5-7 真岡北陵
足利南 4-0 小山南
佐野 1-0 小山北桜
今市工 49-0 日光明峰(5回コールド)
白鴎大足利 2-0 ○真岡工
○栃木 7-8 茂木(延長13回)
足利 8-4 鹿沼南

シード校が2校とも初戦という驚きの展開になりました。更に宇都宮南も初戦で敗れる波乱が多い1日になった印象ですね。シード校を倒した白鴎大足利や茂木は勢いが出そうですね!

 

7月14日

真岡 16-0 宇都宮東(5回コ)
那須拓陽 10-1 壬生(8回コ)
さくら清修 2-4 栃木工○
上三川 1-4 矢板
○国学院栃木 9-2 宇都宮商(7回コ)
栃木商 9-1 佐野東(7回コ)

シード校が勝利して、順当な結果と言えそうですね。ただ強豪校・宇都宮商が初戦で姿を消してしまったのは残念ですね。

 

7月15日

足利工 13-3 那須・那須海城(7回コ)
栃木翔南 0-8 青藍泰斗○(8回コ)
鹿沼東 7-8 鹿沼商工(延長10回)
馬頭 0-24 佐野松桜(5回コ)
小山 3-8 黒羽
小山高専 2-6 黒磯
烏山 1-8 矢板東(6回コ)
宇都宮工 3-0 宇都宮短大付

優勝候補・青藍泰斗が盤石の勝ち上がりを見せましたね。小山が黒羽に負けたのが意外でしたが、他の試合は順当でしたね。鹿沼商工の逆転が見事でした。

 

7月16日

2回戦

○作新学院 15-0 大田原(5回コ)
宇都宮北 7-0 那須清峰(7回コ)
○文星芸大付 11-1 宇都宮白楊(6回コ)
佐野日大 1-0 真岡北陵
○矢板中央 5-3 足利工大付
今市工 3-1 白鴎大足利
足利南 1-0 佐野
高根沢 3-8 宇都宮清陵

シード校の真岡工を倒して、2回戦に勝ち上がってきた秋の王者・白鴎大足利が今市工に敗れる波乱がありました。1回戦で49点を取った今市工の勢いが、白鴎大足利も飲み込みました。勢いがどこまで続くのか注目です。

作新学院と文星芸大付はやはり順当勝ちでしたね!特に作新学院は、例年と同じく夏は仕上げて来ているなと言った感じですね。

 

 

7月17日
2回戦
黒磯 4-2 栃木工○
茂木 8-6 足利
矢板 7-9 鹿沼商工
○国学院栃木 9-6 真岡
佐野松桜 6-1 矢板東
足利工 1-2 青藍泰斗○(延長10回)
黒羽 3-13 宇都宮工(8回コ)
那須拓陽 5-6 栃木商

シード校・栃木工が黒磯に敗れる波乱がありました。優勝候補・青藍泰斗も薄氷の勝利でしたし、同じくシード校・国学院栃木も苦戦を強いられながらの3回戦進出となりました。各高校レベルが拮抗していて、シード校がトーナメント序盤から苦戦していますね。

注目は1回戦・2回戦ともに逆転勝ちとなった茂木。EとFブロックはシード校が2校とも敗れているため、この勢いがあればベスト4も有り得るかもしれませんね!

 

7月18日
3回戦
○文星芸大付 9-2 宇都宮北(8回コ)
○作新学院 10-2 宇都宮清陵(7回コ)
足利南 6-5 今市工
○矢板中央 4-3 佐野日大

ベスト8のうち4校が決定しましたね!

作新学院・文星芸大付は盤石ですね!やはりこの2校は強いですね!そしてノーシードから足利南がベスト8に入りました!矢板中央はシード校の維持を見せて、強豪・佐野日大を逆転で倒してベスト8に入りました!

 

7月19日

3回戦

茂木 2-0 栃木商
鹿沼商工 0-9 黒磯(7回コ)
宇都宮工 1-2 青藍泰斗○
○国学院栃木 11-4 佐野松桜(8回コ)

茂木・黒磯と言った県立高校がベスト8に入ってきましたね。その一方で青藍泰斗・国学院栃木という強豪も順当に勝ち上がっていますね!青藍泰斗はずっと接戦を制しているので、この経験がこの先に活きてくるかもしれませんね!

 

【準々決勝】

7月21日

準々決勝
文星芸大付 – 作新学院
矢板中央 – 足利南
茂木 – 黒磯
国学院栃木 – 青藍泰斗

 

7月21日

準々決勝
文星芸大付 4-6 作新学院
矢板中央 8-1 利南(8回コ)
茂木 13-0 黒磯(5回コ)
国学院栃木 6-1 青藍泰斗

ベスト4が出揃いました!

事実上の決勝戦とも言われた文星芸大附対作新学院は、激闘の末、作新学院が勝ちましたね。やはり夏の作新学院は強い!

ノーシードからは茂木が大健闘していますね。準々決勝でも圧勝でしたので、頑張ってほしいと思います。

青藍泰斗を優勝予想していましたが、国学院栃木に意外とあっさり敗れてしまいました。やはり伝統校は強いですね!

 

【準決勝】 7月23日

準決勝
作新学院 10-3 矢板中央(7回コールド)
茂木1 -11 国学院栃木(6回コールド)

作新学院と国学院栃木が順当に勝利しました。去年と同じ決勝の組合わせということで、やはり強豪校は強いなという感じがしますね。

ノーシードから勝ち上がった県立の茂木の快進撃は見事でしたね!
【決勝】 7月24日

決勝

作新学院15-6国学院栃木

作新学院の6年連続の優勝という結果になりました。

小針監督になってから本当に夏は強いですね。

今大会も打線が爆発。事実上の決勝戦と言われた準々決勝の文星芸大附戦以外はすべて圧勝と言える勝ち方でした。

甲子園でも常連になりつつある作新学院なので、ぜひ全国で暴れて来てほしいですね。

 

高校野球関連記事はこちら!

2016年夏の甲子園栃木県代表作新学院のメンバーは?注目選手はエース投手の今井達也!

2016年夏の甲子園の勝敗予想と組み合わせ!注目優勝候補は横浜・履正社?

 

昨年夏からの県大会の成績は?

 

2015年夏の全国高校野球選手権栃木大会・・・作新学院が5連覇を達成しました。栃木大会で5連覇は初ということで、最近の夏の大会での作新学院の強さは目を見張るものがありますね。

準優勝は国学院栃木。ベスト4は青藍泰斗、白鴎大足利でした。

 

2015年秋季栃木県大会・・・優勝したのは白鴎大足利。決勝では延長11回の死闘を制しての優勝でした。

準優勝は文星芸大付。ベスト4は作新学院、真岡工でした。

2015年秋季関東大会・・・栃木県からは優勝の白鴎大足利と準優勝の文星芸大付が出場しました。2校とも残念ながら、1回戦でサヨナラ負けを喫してしまいました。

その結果、春の選抜(春の甲子園)への栃木県からの出場はありませんでした。

2016年春季栃木県大会・・・優勝したのは文星芸大付。延長10回を制しての優勝でした。準優勝には青藍泰斗。ベスト4には栃木工、矢板中央でした。

2015年夏の王者・作新学院はベスト8。2015年秋の王者・白鴎大足利は1回戦敗退という波乱の大会になっていますね。

2016年春季関東大会・・・栃木県からは優勝の文星芸大付と準優勝の青藍泰斗が出場しました。

文星芸大付は1回戦勝利してのベスト8。青藍泰斗は残念ながら1回戦敗退となっています。

 

2016年夏の甲子園への切符を掴むのは?

 

注目はやはり作新学院の6連覇なるかどうかという点ですね!

近年では、夏までにはしっかりとチームとして仕上げて来ますし、ここ一番での勝負強さもありますので、春季大会ベスト8とは言え侮れないチームだと思われますね。

しかしながら1回戦は宇都宮高校、2回戦はおそらく大田原高校、3回戦は宇都宮清陵、そしてベスト4をかけて春の王者・文星芸大付と、強豪との対戦が連続すると予想されます。

よって作新学院にとっては、かなりシビアな組み合わせになっていると思われますね。

 

それでは各ブロックごとに予想してみたいと思います。

 

Aブロック・・・春の王者・文星芸大付が勝ち上がってくると思われますね。文星芸大付に宇都宮北と小山西あたりがどこまで戦えるのかが注目ですね。

Bブロック・・・作新学院が有力ですが、宇都宮高校・大田原・宇都宮清陵と侮れないチームがたくさんいる激戦ブロックになりました。作新学院が早めに姿を消す展開になってもなんらおかしくないかもしれませんね。

Cブロック・・・シード校は矢板中央ですが勝ち上がりは、佐野日大か宇都宮南あたりも有力だと思われます。混戦のブロックですが、佐野日大を予想します。

Dブロック・・・シード校は真岡工ですが、1回戦の相手は秋の王者・白鴎大足利になっています。ここを制したチームがベスト8まで勝ち上がって来ると思われます。

Eブロック・・・シード校は栃木になります。1回戦の相手は茂木になりますが、ここもこの戦いを制したチームがベスト8に上がって来そうですね。

Fブロック・・・ここは順当に栃木工がからは来そうですね。春季大会ベスト4なのでこのブロックはしっかりと勝ち抜きたいところですね。

Gブロック・・・シード校の国学院栃木と宇都宮商の1回戦の勝者がこのブロックの覇者になりそうですね。

Hブロック・・・シード校の青藍泰斗が最有力ですが、宇都宮工、足利工、栃木翔南等も侮れないところですね。

 

予想ベスト8・・・文星芸大付・作新学院・佐野日大・白鴎大足利・栃木・栃木工・国学院栃木・青藍泰斗。

 

 

優勝は青藍泰斗だと予想します。

組み合わせにも恵まれたと思われますし、近年の強さは安定しているので、上位は間違いないと思います。

あと一歩で優勝を逃している勝負弱さは課題ですが、そろそろ甲子園の切符を手にしてもいいと思われます。

 

しかしながら文星芸大付・作新学院・佐野日大・国学院栃木といった強豪校の方が全国大会の甲子園の勝ち上がりは期待できそうなので、個人的な願望ではこういった強豪校の甲子園行きを期待したいです。

特に作新学院は、小針監督の元で近年の甲子園では存在感を大きくしている様に感じますので、今年も是非頑張ってほしいと思います!

 

熱い高校球児の戦いを期待したいです!

 

毎年この高校野球を見ることで夏を感じますよね。

今年も熱い高校球児の夏が始まりますね!

 

是非悔いのないように精一杯戦い抜いてほしいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー