神の舌を持つ男の原作のネタバレとキャストは?主題歌やあらすじは?ミヤビの正体予想も

スポンサーズドリンク

ドラマ『神の舌を持つ男』!

 

2016年7月8日から放送がされる夏ドラマ『神の舌を持つ男』が話題になっているようです。

 

今日はこの『神の舌を持つ男』あらすじやキャスト、原作等について色々と調べてみたいと思います!

 

 

『神の舌を持つ男』のあらすじは?

 

気になるのは、『神の舌を持つ男』がどんなドラマかということですよね!

タイトルからすると、なんとなくシリアスな料理が関係してくるドラマという感じがしますね。

 

公式ホームページには、以下のようなことが書かれていました。

 

ドラマの舞台は全国の秘湯と呼ばれる温泉地。ひょんなことから知り合った3人の男女が、一台のボロ車に乗り温泉宿で寝食を共にしながら、謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本全国を旅するコミカルミステリーだ。

 

温泉でコミカルミステリーというかなり意外な内容かのようですね!(笑)

 

タイトルである『神の舌を持つ男』からは、あまり想像がつきませんね!

 

ちなみに第1話のあらすじは以下のようになっているようです。

 

舌にのせたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力“絶対舌感”を持つ男・朝永 蘭丸ともなが らんまる(向井 理)が、ひょんなことから知り合った流浪の古物骨董屋・甕棺墓 光かめかんぼ ひかる(木村文乃)、正体不明の宮沢 寛治みやざわ かんじ(佐藤二朗)と共に一台のボロ車に乗って謎の温泉芸者“ミヤビ”を探し、旅に出る。
三人が辿り着いたのは、栃木県奥日光にある秘湯「湯西川温泉」。平家の落人伝説が伝わる風情溢れる温泉地だ。
三人が宿に到着するとミヤビが男と立ち去っていくところに遭遇。慌てて後を追おうとするが、ガス欠のボロ車はうんともすんとも言わず立ち往生してしまう。落胆する蘭丸をよそに、寛治は宿の女将・美鈴(片平なぎさ)に三助として「垢すり」「湯かけ」「肩もみ」をするから一泊させてくれないか?、と無茶な申し入れをする。
蘭丸は“伝説の三助”といわれる「大津のヘースケ」・朝永 平助ともなが へいすけ(火野正平)の孫で、弟子だったのだ。
そこへ、近くの川で死体が発見されたと温泉組合長の石原(大河内浩)が駆け込んできて・・・。

 

『絶対舌感』という面白い能力を持った主人公が出てくるみたいですね!

 

おそらく毎回全国の温泉地を旅しながら、この『絶対舌感』を利用しながら、発生した事件や事故を面白おかしく解決するというドラマみたいですね!

 

そしてその旅の目的が、謎の温泉芸者『ミヤビ』を探すということのようですね!

 

『神の舌を持つ男』の原作やネタバレは?

 

この『神の舌を持つ男』には原作はなく、完全なオリジナルストーリーとして作られるようですね!

 

しかたがってネタバレ等は基本的にありませんね!

 

『神の舌を持つ男』は、脚本が櫻井武晴さん。演出が堤幸彦さんとなっていますね!

 

脚本の櫻井武晴さんは、人気ドラマの相棒シリーズを多く手掛けていることから事件が起きるミステリーやサスペンスと言ったジャンルは得意な分野だと思われますので、期待ができそうですね!

 

そして注目なのは、演出の堤幸彦さんですね!

今までに数々の人気映画やドラマを手掛けていることでも知られていますね。

 

手掛けた作品は以下のようになっています。

  • 金田一少年の事件簿。(堂本剛出演)
  • ケイゾク。
  • トリック。
  • 20世紀少年。
  • BECK。
  • 天空の蜂。

等々挙げていくとキリがないほどたくさん出てきますね!

 

漫画や小説の実写化からオリジナルストーリーまで原作の有無もありませんし、コミカルなものからシリアスなものまで実に幅が広いですよね。

 

個人的に『トリック』は全シリーズかなりハマって見た大好きなドラマの1つなので、この堤幸彦さんのドラマというだけでかなり期待が高まりますね!

 

ちなみにこの『神の舌を持つ男』は、堤幸彦さんが20年以上も企画を温め続けてきた作品ということで、かなり力も入っているようなのでより注目したいですね!

 

 

『神の舌を持つ男』のキャストは?

 

注目のキャストですが、個性溢れる面子が揃っているようですね!

 

 

主人公である朝永蘭丸(ともながらんまる)を演じるのが向井理さんになります。

20年以上企画を温め続けてきた堤幸彦さんが、『神の舌を持つ男』の出演は向井理さんしかいないと決めていたというくらいなので、向井理さんのドラマへのハマり方には注目ですね!

 

朝永蘭丸(ともながらんまる)・・・京都大学薬学部の大学院生。どんなものでも分析できる『絶対舌』感を持っています。

伝説の三助として有名な祖父の弟子として、三助(銭湯や温泉で垢すり等々のサービスを行う男性)として働くこともあります。

祖父の葬儀の席で、『ミヤビ』という謎の温泉芸者に出会い、恋をしてしまいミヤビを追い掛けて旅をすることになります。

 

続いて、甕棺墓光(かめかんぼひかる)役には、木村文乃さんとなっています。

甕棺墓光(かめかんぼひかる)・・・旅をする放浪の古物商をしているちょっと変わった女性。

地方で安く買った骨董品を高く売り付けるというちょっと詐欺的なことで儲けようとしているひどい女性ですね。

2時間サスペンスマニアという趣味も持っています。

蘭丸に恋をしてしまいますが、まったく相手にはされずにいます。

 

さらに宮沢寛治(みやざわかんじ)役には、佐藤二朗さんとなっています。

宮沢寛治(みやざわかんじ)・・・主人公の朝永蘭丸と一緒に旅をしていますが、その前に何をしていたか等の経歴は一切わからないという謎の人物。

勝手に朝永蘭丸の保護者として旅について回り、『事件を解決すれば『ミヤビ』の行方が分かる』と言いくるめて、事件の解決の手伝いをさせています。

 

この3人がメインのキャストになりますね!

基本的には、この3人に加えて毎回ゲスト出演者が出てくるという構成になっているような気がしますね!

 

謎の人物・ミヤビの正体は?

 

上で書いた内容にも度々出てきていましたが、『ミヤビ』という謎の人物が登場してきていますね!

 

主人公の朝永蘭丸が、恋をしてしまい探し求めている温泉芸者の女性が『ミヤビ』になります。

 

いちおうこのドラマのキャストでは、『ミヤビ』役を誰が演じているのかはわかっていません。

 

しかしながらネット上の噂では、ミヤビ役は広末涼子さんという声が多く出ているようですね。

ロケを目撃した人が向井理さんと広末涼子さんがいるところを見たというのが、噂の出どころみたいですね。

 

放送された第1話に出てきた際の映像を見ましたが、個人的にも広末涼子さんの様な感じがしたので、間違いないのかなと思われます。

 

とは言え顔自体は確認できていませんので、現在の時点では確実なことは言えませんね!

 

『神の舌を持つ男』の主題歌は?

 

コミカルミステリーという異色のジャンルのドラマとして放送される『神の舌を持つ男』ですが、主題歌もかなり異色ということで話題になっているようです。

 

主題歌を担当するのは、演歌歌手である坂本冬美さん。

そして主題歌のタイトルは、『女は抱かれて鮎になる』です。

 

個人的な意見ですが、タイトルの意味が全くわかりませんね。(笑)

 

ドラマの主題歌が演歌というのは、最近ではあまり聞いたことがないのでかなり珍しい、異例のことだと思われますね。

 

かなり珍しいことではありますが、インパクトはかなり大きいですし、ハマれば大きな話題を集めそうですね!

 

 

『神の舌を持つ男』に注目!

 

コミカルミステリーというかなり異色の作品に仕上がっている『神の舌を持つ男』ですが、かなり面白い作品になっていますね!

 

演出が堤幸彦さんということで、人気ドラマ『トリック』にも似た雰囲気を感じますね!

 

トリックは仲間由紀恵さんがハマり役でしたが、今回は向井理さんがハマれるかどうかが鍵を握っていそうですね!

 

何はともあれ、かなり面白い作品になっていますので、是非みなさんも注目してみてくださいね!

 

他の夏のドラマの記事はこちら!

日曜ドラマHOPE期待ゼロの新入社員のあらすじとキャストは?原作は韓国ドラマ?

ドラマON異常犯罪捜査官藤堂比奈子の原作は?ネタバレとあらすじが気になる!

日曜ドラマそして誰もいなくなったの原作をネタバレ!キャストやあらすじは?

ドラマ死幣のあらすじや原作のネタバレは?主演松井珠理奈の演技力の評判は?

ドラマ朝が来るのネタバレは?原作のあらすじと感想も!ひかりの過去とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー