日大アメフトタックル問題の記者会見の感想!内田監督と井上コーチの指示がひどい!

この記事は3分で読めます

スポンサーズドリンク

日大アメフト部タックル問題!!

 

日大と関西学院大学のアメフト部の定期戦での悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた日大の選手の宮川泰介選手が事件の真相を話す記者会見を開きました。

 

今日はこの記者会見の個人的な感想を書いてみたいと思います。

 

反則は内田監督と井上コーチの指示!

 

今回の日大と関西学院大学のアメフト部の定期戦での悪質な反則行為(タックル)は、内田監督や井上コーチからの指示だったということがわかりましたね。

 

『相手のQBをつぶすなら試合に出してやる』や『1プレー目からQBを潰しに行け』、『できなかったじゃ済まされない』、『秋の関西学院大の試合でQBがケガをしていれば得だろう』という発言があったということですね。

 

内田監督の会見や日大の声明では、監督やコーチの発言した意図と受け取った選手の受け止め方が解離していることが原因という話が出ていましたが、上のようなら発言を聞けばほとんどの人が『怪我をさせてこい』と言われていると認識するのではないでしょうか。

 

もちろんスポーツ、特に相手とぶつかる様なコンタクトスポーツは気合いやぶつかっていく気持ち、精神論が求められますし激しさも必要だと思いますが、あまりにもひどい指示なのでホントに驚きました。

しかも何度も念を押すように、本人に伝えているのが非常に悪質だなと思いますし、宮川泰介選手が『やるしかない』という気持ちになってしまうのもわかる気がします。

 

大学日本一や世代別の日本代表にもなるような選手が出ている大学の監督やコーチに1選手がそうそう口応えできる環境ではないのは想像できますし、今後アメフトを続けていきたいと考えているのであれば『やるしかない』状況になるのは仕方ない気がします。

もしそこでやらなかったら彼は今後大学でアメフトの試合に出られないことになるかもしれません。

 

もちろん実際に反則行為をしてしまったことは良くないと思いますが、そこに至るまでの経緯や精神状態、そしてそれが許される環境というのが今回の事件の1番の原因だと思えました。

 

スポンサーズドリンク

 

井上コーチって何者?

 

今回ポイントかなと思うのが、井上コーチという人物ですね。

 

今回の事件の加害者でもある宮川泰介選手と井上コーチは日大豊山高校で監督と選手という関係だった様なので、それなりに深い間柄だったと思います。

 

そんな井上コーチに何度も念を押される様に言われたというのは、やはり宮川泰介選手にとって大きかったと思います。

 

井上コーチとしては内田監督の指示を忖度して、宮川泰介選手に伝えたのかもしれませんが、この井上コーチの存在が余計にこの事件を助長してしまったのかもしれないですね。

 

そういった意味では監督より実際に選手と密に接していて選手の状況を把握しているはずのコーチが、より念を押して今回の行動を後押ししているのはおかしいですよね。

本来であればそこをコントロールする役割がコーチだと思いますので、この井上コーチの行動も正直理解できないですね。

 

 

宮川泰介選手に注目!

 

今回の事件はスポーツにおいてあってはならない行為でしたが、今回の記者会見でしっかりと自分の口で謝罪したことはなかなか出来ることではないし、素晴らしいことだと思います。

 

本人は『アメフトを続ける権利はないし、つもりもない』と言っています。

世代別の日本代表にも選ばれる逸材ですし、20歳の若者の人生が狂ってしまったのはとても残念ですね。

 

その事実と内田監督と井上コーチには向き合って欲しい気もしますし、しっかりと日大側からの見解や謝罪も聞きたいですね。

 

個人的な意見ですが、今回の記者会見は宮川泰介選手の様子はかわいそうで見ていられませんでした。ただ覚悟を持って、誠心誠意対応していた様に感じました。

幸い被害者の選手も練習を始めている様なので、しっかりと対応した上で、新たなスタートをしてほしいと思います。

もし本人がアメフトを続けたいと考えているのであれば、そういった選択肢もどうにか残して欲しいと考えたりもしますね。

 

皆さんはこの事件どう思いましたか?

良かったらコメントしていただけると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー