貴源治の双子の兄と成績は?四股名の由来は宗教?

この記事は3分で読めます

スポンサーズドリンク

力士・貴源治!

 

大相撲の貴源治が2017年5月場所から新十両に昇進しています。

話題の貴乃花部屋からの期待の若手力士ということで期待と注目が集まっています。

 

今日は力士・貴源治について調べてみたいと思います!

 

力士・貴源治のプロフィール!

 

それではまず力士・貴源治関のプロフィールを以下に簡単にまとめてみました!

 

貴源治 賢(たかよしとし さとし)。本名は上山 剛(かみやま さとし)。

1997年5月13日生まれ。

栃木県出身。

身長191センチ・体重163キロ。

貴乃花部屋所属。

 

出身は栃木県小山市ですが、おもに茨城県猿島郡境町で育っています。

幼い頃から空手やキックボクシングといった格闘技を習っていたようですが、境町立境第一中学校時代にはバスケットボール茨城県選抜に選ばれ、チームの主力選手として全国3位という成績をおさめています。

延岡学園高等学校、土浦日本大学高等学校、福岡第一高等学校といったバスケットボールの強豪高校からスカウトされるも、体の大きさを生かして中学校卒業と同時に貴乃花部屋に入門しました。この時点で相撲の経験はなかった様ですね。

 

2013年3月場所で初土俵を踏むと、2017年5月場所より十両に初昇進していますね。

 

体格もかなり大きいですし、この先もかなり楽しみな力士だと思います。

怪我等がなければ幕内に上がってくるのも時間の問題かもしれませんね!

 

 

貴源治の双子の兄も力士?

 

この貴源治関が話題になっている理由は貴乃花部屋所属ということ以外にももう1つあります。

 

実は貴源治関の双子の兄・貴公俊も力士として活躍しています。

貴源治は2017年5月場所に十両に初昇進していますが、今回の貴公俊が2018年3月場所より十両初昇進を決めたことで、大相撲史上初の双子の関取が誕生したことになります。

 

兄である貴公俊は2018年3月場所から十両初昇進に対して、弟・貴源治は2017年5月場所で十両初昇進となっていますので、現在のところ貴源治が一歩先を進んでいると言えそうですね!

 

体格も兄・貴公俊が186センチ・126キロに対して、貴源治は191センチ・163キロと一回り大きいので体格面ではやや弟・貴源治の方がややアドバンテージがあるかもしれません!

貴公俊の双子の弟と成績は?四股名の由来は宗教?

 

ちなみにこの貴公俊と貴源治の2人は、初切(初っ切り)と呼ばれる相撲の禁じ手を面白おかしく演技して紹介する見せ物を担当していたため、相撲ファンからはかなり人気のある力士と言えますね!貴源治の十両昇進のタイミングで、初切(初っ切り)からは卒業していますね。

相撲コントの初切(初っ切り)が面白い!いつどこで見れる?動画も

 

貴源治の成績は?

 

貴源治関の成績は2018年2月現在で、通算成績は130勝97敗(30場所)、十両成績20勝25敗(3場所)となっています。

 

2017年5月場所で十両初昇進を決めましたが、5月場所では大きく負け越してしまい幕下に降格しています。

再び2017年11月場所で十両に再昇進すると、2場所連続で勝ち越しをしていますので、十両での相撲にもうまく対応出来ている感じがしますね!

 

ちなみに双子の兄・貴公俊の通算成績は117勝86敗(30場所)となっています。

 

今回大相撲初の双子の関取になった貴公俊と貴源治ですが、次は大相撲史上初の双子幕内力士、そして双子横綱を目指してほしいですね!

 

貴源治の四股名の由来は宗教関係?

 

貴源治の四股名ですが、ネットでは宗教に関連しているのではないかという噂があるようです。

 

というのも貴乃花部屋と交流がある京都にある龍神総宮社という宗教団体の創始者の名前が辻本源治郎さんという方になるんですね。

さらにその辻本源治郎さんの息子であり、現在の龍神総宮社の代表者の名前は辻本公俊さんという名前なんですね。

 

つまり貴公俊関とその弟・貴源治関は、この龍神総宮社の代表と創始者の名前から四股名を付けたと言われているようです。

 

この龍神総宮社は毎年貴乃花部屋の春場所の宿舎となっていたり、節分の豆まきイベントを貴乃花部屋の力士を招いて行っていたりとかなり濃い交流をしているみたいですね。

通常四股名は親方が付ける場合が多いようです。と言う事は貴乃花親方が付けた可能性は高いのではないでしょうか。

 

ただ宗教を信教するのは自由ですし、名前を付けてもらった側である貴公俊関や貴源治関は特に宗教は関係ないと思いますのであまり気にせず頑張ってほしいと思います。

 

今後の貴源治に注目!!

 

兄・貴公俊関が2018年3月場所から十両昇進を決めたことで、史上初の双子関取が誕生したことになります。

弟・貴源治はすでに十両でも勝ち越しをしており、近い将来幕内昇進も期待できるのではないでしょうか。

 

何かと話題になる貴乃花部屋の中で期待の若手力士ということなので、注目が集まることは間違いないのでプレッシャーに負けない様に頑張ってほしいですね!

 

不祥事が相次いで起きてやや元気のない大相撲ですが、今回紹介した貴公俊とその弟・貴源治の双子の力士は数少ない明るい話題なので、是非相撲界のスターになってくれると嬉しいですね。

 

皆さんも是非力士・貴源治に注目してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー