栃木産の競走馬ボールライトニングとリスペクトアース。競馬最高峰G1制覇なるか?

スポンサーズドリンク

突然ですが僕かなり競馬が好きです。(笑)

小学生の時に『ダービースタリオン』というゲームにハマって以来大好きになりました。

大人になってからはギャンブルとしてもスポーツとしても週末は競馬を楽しんでいます。かなりJRAさんに貢いでます!(笑)

初めてテレビで見たレースは1996年桜花賞ファイトガリバーでした。

ちなみに好きな競走馬はメジロライアン・メジロブライト・タイキブリザード・ジェニュインです。

 

小さな牧場から名馬誕生か??

2015年12月20日にG1の朝日杯FSという大きなレースがあります。

人間でいうと男子中学生の全国大会と言った感じの若いオスの競争馬のレースです。

ここにボールライトニングという馬が出走予定になっています。

この馬がなんと栃木県産という非常に珍しいお馬さんになっています。

2013年生まれの競走馬が約7000頭程いる中で栃木県産の競走馬は14頭のみ。わずか0.2%です。

競走馬の大半が北海道産であること、更には最近の活躍馬は大きな牧場出身の競走馬が多いので、地方のさほど大きくない牧場から大レースに出走するだけで快挙であり面白い存在だと思います。

 

ボールライトニングについて!!

2015年12月16日現在の話です。

戦績は2戦2勝。京王杯2歳S(G2)という格の高いレースを制しています。

父親はダイワメジャーという日本で活躍した馬でG1という1番格の高いレースを5勝しています。(皐月賞、安田記念、天皇賞秋、マイルCS2回)

母親はデフィニットというアメリカで走った競走馬で8戦1勝という成績です。特に目立った競争成績はないですが、繁殖牝馬としては2008年の小倉2歳S(G3)を制したデグラーティアという牝馬を産んでいます。

 

個人的にはやや早熟そうですがスピードがありそうな血統だと思います。

今回の朝日杯FSや来年の3歳マイル戦線ではかなり期待できそうな気がしますね。

https://youtu.be/Qdjo-XvF1sg

 

生産牧場は那須野牧場!

那須野牧場は栃木県那須町にあります。

この那須野牧場は開業58年の名門の牧場でかなりの活躍馬を送り出しています。

1966年菊花賞馬で日本ダービー3着のナスノコトブキや1973年オークス馬で安田記念3着2回のナスノチグサ等数々の名馬を送り出しています。

現在ではスタッフは6名のみで、種付けや育成は北海道で行っているようですが、栃木県から活躍馬を出しているのはすごいの一言ですね。

ちなみに今年の2歳馬ではボールライトニング以外にもリスペクトアースが2戦1勝で京都2歳S(G3)で2着と活躍していて当たり年になっている模様です。

リスペクトアースは父がマンハッタンカフェという長距離で活躍した馬なので、来年のクラシック戦線にどう絡んでくるか注目ですね。

 

今後の栃木産の競走馬に期待!

先程紹介したナスノコトブキとナスノチグサ以外にも栃木県の鍋掛牧場からは1971年の天皇賞春・宝塚記念を制したメジロムサシと1982年の菊花賞馬ホリスキーが生産されています。

ホリスキーは種牡馬としても結果を出していて、僕のハマった有名な競馬ゲームの『ダービースタリオン』にも種牡馬として登場します。まさか栃木のお馬さんとは知りませんでした。(笑)

 

30年以上大レースから遠ざかっている栃木産の競走馬ですが、このボールライトニングとリスペクトアースの2頭は期待できそうです。

栃木の星としてぜひ頑張って欲しいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー