フジテレビ清原に密着1200時間にある矛盾!球界復帰の可能性は?

この記事は3分で読めます

スポンサーズドリンク

清原覚醒剤で逮捕!

 

先日のニュースは衝撃的でしたね。

元プロ野球選手の清原和博さんが覚醒剤所持容疑で逮捕されたニュースです。

今日はこのニュースについて僕が考えたこと、思ったことを色々と書いていきたいと思います。

 

 

球界への復帰の可能性は?

清原さんは、僕が小さい頃からプロ野球のスター選手だった人なので今回のニュースはとても残念です。

清原・秋山・デストラーデの3人はは今でも最強のクリーンナップだと思っています。

 

いつか清原さんと秋山さんと工藤さんといった西武の黄金期の中心選手がコーチや監督を務めるドリームチームが見たかったですね。

 

ただこの事件でまずこの願いは叶わないだろうと思います。

元プロ野球選手の江夏豊さんも同じように覚醒剤所持で逮捕されていますが、球界に戻るまでに20年以上かかっています。なので運良く順調にいったとしても20年以上先です。そうなると清原さんはもう68歳を越えます。現実的に言うと監督等は無理ですよね。

 

でもドリームチーム見たかったな!(笑)

 

各テレビ局色々と無責任じゃないですか?

まず誤解のないように最初に書いておきますが、覚醒剤所持や使用は決して許されることではありません。よって清原和博容疑者を擁護したりするつもりもありません。そこだけはご理解もお願いします。

 

最初に逮捕の一報が入ると、各テレビ局のワイドショーやニュース番組で、過去に深夜清原さんが自宅やお店から出てくる姿や車に乗り込もうとするところを隠し撮りして、中にはいきなり直撃取材するシーンまで撮影して流していました。

 

カメラマンの清原さんに対する少しバカにしているような声まで入っているたちの悪い映像もありました。

 

『これから夜の街へ繰り出す模様です』『ホントに落ち着かないな』『周囲を気にしています』『なんか写真とってる』『サウナから清原が出てきました。3時間入って出てきました』『周りをきょろきょろ見てるぞ』『夏なのに長袖長ズボンです』等々。

内容によってはバカにしているような感じも受けますし、すでに薬物使用の事実を知っているような言動ですよね。

 

まさに『我々は清原の薬物使用の情報を知っている。逮捕される情報も掴んでいます!』とでも言わんばかりの映像です。

 

タイトルでも書いたようにフジテレビに関しては『清原容疑者に密着1200時間』とか『清原容疑者追跡!1200時間』なんて大々的に宣伝までしてますよね。

 

そもそもこの1200時間追跡ってありますが、ほとんどが隠し撮りとか張り込んで撮影したものなんですよね。

怪しい人物を追跡するのは報道として当たり前なのかもしれませんが1200時間ってストーカー並みですよね。しかも1200時間ってのを公表しちゃってますね。

 

でも本当に言いたいことは・・・

裏では逮捕の瞬間をスクープしようも張り込むのにも関わらず、表では平然とバラエティ番組やトーク番組に出演させ続けるテレビ局のやり方ってなんか矛盾してませんか?ってことです。

 

各テレビ局昨年末前までは清原さんをテレビに起用していましたが、昨年末以降テレビに出演はグッと減りました。

そんな中で今年になっても起用し続けていたのが、1200時間追跡のフジテレビです。

 

逮捕直前の1月24日の『ワイドナショー』にも出演しています。話の内容は清原さんが『乱闘寸前』になったことでした。飲食店で他の客から何度も指をさされ、歯を食いしばって我慢したが、我慢できず灰皿を叩き割ってしまったという内容です。

 

この時の放送では我慢した清原さんは凄いという雰囲気で、笑っていた客に対して批判をしていました。

しかし今回の逮捕のニュースを報じる際には、この行為が覚醒剤の幻覚症状であるかのような報道をしているのです。

 

この見事過ぎる手のひら返しには一周まわってちょっと笑ってしまう程ですね!(笑)

しかもご丁寧にこの時の番組の映像は清原さん以外全員にモザイクが入っていましたし、この出来事を擁護するような発言はカットされていました。

 

テレビってそんなもんだと言えばそれまでですが、それにしてもやり方が矛盾というかズルすぎてちょっと残念です。

 

清原さんの女性遍歴をまとめて見たのでこちらもどうぞ!

清原容疑者と交際中の半同棲彼女はホステス?元カノや女性遍歴は?

 

この言葉しか見つかりません。

何度も言いますが、とても残念です。ここまでのスターはなかなかいませんからね。

どんな形でも時間がかかってもいいので、もう一度再起してほしいと思います。

 

ぜひ人世のサヨナラ逆転満塁ホームランを見せてほしいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー