漫画ラジエーションハウスを実写ドラマ化したらキャストは?放射線技師が活躍!

スポンサーズドリンク

漫画『ラジエーションハウス』!

 

放射線技師の描いた医療系の漫画である『ラジエーションハウス』が面白いと注目を集めているようです。

 

今日は、漫画『ラジエーションハウス』について色々と書いてみたいと思います!

 

 

漫画『ラジエーションハウス』とは?

 

漫画『ラジエーションハウス』は、2015年にグランドジャンプで連載を開始して、現在も連載中の漫画になります。2月9日現在では単行本が2巻まで発売されています。

 

この漫画『ラジエーションハウス』の原作を担当しているのは横幕智裕(よこまく ともひろ)さんになります。

横幕さんは北海道出身で、この漫画『ラジエーションハウス』以外にも『乃木坂46橋本奈々未の恋する文学』等も手掛けています。主に脚本家・マンガ原作者・構成作家として活躍されている方のようですね。

 

そして実際にこの漫画を描いている方がモリタイシさんになります。モリタイシさんは過去に少年サンデーで『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!』や『RANGEMAN』を連載していた経歴がありますね。また映画化もされている『くちびるに歌を』という中田永一さんの青春小説の漫画版を描いていることでも知られている漫画家さんになります。

 

 

スポンサーズドリンク

 

 

漫画『ラジエーションハウス』はどんな漫画?あらすじは?

 

それでは次は漫画『ラジエーションハウス』はどんな漫画なのかを書いてみたいと思います。

 

漫画『ラジエーションハウス』は、『診療放射線技師』という仕事にスポットライトを当てた漫画になっています。おそらく『診療放射線技師』が主人公という漫画は、日本で初だと思われますね。

医療業界と言えば、やはり医者に注目が集まることが多く、医療を題材とした漫画の多くが医者が主人公という設定が多いですね。そんな中で『診療放射線技師』という仕事に注目したこの漫画は、それだけでかなり面白い視線で描かれている作品だと思います。

 

そしてこの漫画『ラジエーションハウス』のあらすじは以下のようになっています。

 

 

我々の病を見つけるのは、目の前の主治医だけではなかった!
病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す診療放射線技師。
さらには画像を読影し病気を診断する放射線科医。
現代医療を支える「画像診断」の世界──。
そこで働き、患者の病、怪我の根源を見つけ出す放射線のエキスパートたちの戦いを描く!!

 

グランドジャンプ公式サイトより引用。

 

医療従事者とは関係のない人からするとあまり馴染みはないかもしれませんが、多くの病気を診断する場合には様々な検査を行うことがあります。レントゲンやCTやMRIといった検査が代表的なものとして挙げられると思いますが、これらの検査を行うのが、『診療放射線技師』になります。

そして『診療放射線技師』の撮影した画像を見て、様々な診断をするのが『放射線科医』と呼ばれる医者になります。

もちろん診察をしてくれる医者も画像は見ていますが、多くの場合は『放射線科医』が画像を読んだ診断を元にして患者さんに診断を付けています。

 

こういったことが医療の世界では当たり前の流れとして行われていますが、多くの医療漫画や医療ドラマで、この『診療放射線技師』や『放射線科医』が行う『検査・画像診断』という部分は省略されて描かれていることがほとんどです。

しかしながら病気の早期発見や早期治療を考えるのであれば、重要なのはこの『検査や画像診断』という部分であるのは間違いないと思います。

地味ではあるかもしれませんが、この重要な『検査や画像診断』にスポットライトをあてた珍しい作品が漫画『ラジエーションハウス』になります。非常にコアな部分に注目した作品ではありますが、それ故に本当の医療の世界や現実を描いたいる漫画になっていると思いますので、是非オススメしたい作品だと思います。

 

 

 

 

漫画『ラジエーションハウス』が実写ドラマ化したらキャストは?

 

個人的な考えなのですが、この漫画『ラジエーションハウス』が実写化されたらけっこう面白い作品になるんじゃないかなと思います。

マニアックなジャンルではありますが、医療の世界では欠かせない部分ではありますので、リアルな部分が色々と込められているのではないでしょうか。

 

この漫画『ラジエーションハウス』は、医療漫画特有のシリアスな部分もありますが、ちょっとしたラブコメ要素や医療知識も散りばめられた漫画になっていますので、そういった面でもドラマ化にも適していそうですね!

 

そこで勝手ながら、漫画『ラジエーションハウス』が実写化した場合のキャストを予想(妄想)してみましたので、良かったら見ていって下さい!(笑)

 

まずはこの漫画『ラジエーションハウス』の主人公である『診療放射線技師・五十嵐唯織』ですね。

漫画の設定では、歳は28歳でボサボサ頭でややコミュニケーションをとるのが苦手。しかしながら画像を撮影・診断ことに関しては天才的という人物です。

この役には綾野剛さんが合うかなと考えています。ボサボサの髪型やイラストのイメージにぴったりかと思います。ただ綾野剛さんは28歳よりかなり年上になりますので、やや合わない可能性もあるかもしれませんね。そこでもう一人推したいのは窪田正孝さんですね。年齢的にも雰囲気的にもぴったりですし、是非演じてほしい俳優さんです。

 

そしてヒロイン的存在の『放射線科医・甘春杏』。歳は27歳で気が強く甘春総合病院の跡取りの女医になります。跡取りということで強気に振る舞っていますが、心優しい面もあります。

この役には戸田恵梨香さんを推したいですね。年齢的にもちょうどいいですし、ツンデレ的な役も合いそうですね!

 

続いては主人公・五十嵐唯織の同僚になる人物達ですね。

新人の広瀬裕乃には吉岡里帆さん。

技師長の小野寺俊夫には寺島進さん。

あたりの人物を推したいですね!

 

他にも登場する人物はいますが、妄想の範囲なのでこのくらいにしたいと思います。

是非ドラマやテレビ関係者の方がいましたら参考にしてみてくださいね!(笑)

 


 

 

漫画『ラジエーションハウス』に注目!

 

上で色々と書いては見ましたが、この漫画『ラジエーションハウス』は今までよくあった医療漫画とはちょっと違う目線で医療現場のリアルを描いた作品になっています。

正しい医療知識も得られるとともに、ラブコメ的な要素もあるので漫画としても純粋に楽しめる漫画だと思います。

 

個人的には是非実写ドラマ化して、多くの人の目に触れる作品になってほしいと思います。

 

皆さんも是非、漫画『ラジエーションハウス』に注目してみてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー