2017年J3栃木SCの新加入メンバーと背番号は?J2昇格へ予想スタメンは?

この記事は7分で読めます

スポンサーズドリンク

2017年栃木SC!

 

J3に所属する栃木SCの2016年の新体制が発表されました!

昨シーズンはJ2への昇格をあと一歩で逃してしまいました。今シーズンこそは昇格して歓喜の1年にしてほしいと思います。

 

というわけで今日は2017年の栃木SCの新加入選手や背番号について調べてみたいと思います!

 

 

 

2017年栃木SCの監督・コーチは?

 

監督は2016年に引き続き、横山監督になります。2016年に監督に就任して、2016年の成績はJ3・2位(17勝8分5敗)という結果でした。目標であった1年でのJ2復帰は果たせませんでしたが最終成績は2位でした。最後の最後までJ3優勝を争い、入れ替え戦まで進んだことに関しては最低限の仕事は果たしたのではないでしょうか。今年こそは栃木SCをJ2へと導いてほしいですね!

 

 

ヘッドコーチは昨シーズンの鈴井ヘッドコーチに替わって松田ヘッドコーチが就任しました。松田ヘッドコーチは2015年から秋田ブラウブリッツのヘッドコーチを務めていました。選手時代は栃木SCに在籍した経験もありますし、秋田ブラウブリッツでヘッドコーチの経験もありますので期待したいですね!

 

さらに2017年からコーチとして浜岡コーチが就任することになります。ということで、2017年は松田正俊ヘッドコーチと浜岡寛コーチのコーチ2人態勢で挑むということになりますね。浜岡コーチはJFL・奈良クラブでコーチを務めていましたので下のカテゴリーからの移籍になりますが、期待したいですね!

 

 

新田フィジカルコーチと楠本GKコーチは2016年から引き続き在籍する形になります。

昨年は新田フィジカルコーチの影響もあり、夏場にしっかりと結果を出して10連勝することができました。やはりしっかりしたフィジカルを維持することは大切だと思われますね。ただ終盤にやや結果がなかったので、今シーズンは更に上を目指していきたいですね。

楠本GKコーチも2016年から引き続きGKコーチを務めるということなので、最後の守備の要を育ててほしいですね!

 

 

2017年の栃木SCメンバーと背番号!

 

 

1・GK 竹重 安希彦(29)・・・昨シーズンは出場0試合という屈辱のシーズンになってしまいました。2016年全試合出場していた吉満選手は移籍してしまったので、是非栃木の守護神に返り咲いてほしいですね!

 

15・GK ジョニー レオーニ(32)・・・新加入選手。元スイス代表ということでかなり期待の選手ですね。外国人GKというのはコーチングの面や言語的な面で壁はあると思いますが、それを補ってあまりある実績の持ち主なので、チームにその経験を還元してくれると嬉しいですね!

 

23・GK 川田 修平(22)・・・元U-20日本代表という経歴がありますのでポテンシャルは高いと思います。まだ若い選手ですが、昨年の守護神である吉満選手が移籍した今シーズンはかなりのチャンスだと思いますので、是非一気に守護神へ近付いてほしいですね!

 

3・DF 種岡 岐将(22)・・・新加入選手。駒沢大学から加入のルーキーになります。いきなりの1桁背番号や地元栃木出身の選手ということでかなり期待は高い選手だと思います。プロの壁はあると思いますが、是非ルーキーとしてハツラツとしたプレイを見せてほしいですね。      

 

4・DF 広瀬 健太(24)・・・昨シーズンは28試合出場とディフェンスの要として活躍してくれましたね。現在伸び盛りの成長株だと思いますので、ディフェンスの要として注目したいですね!攻撃面でも昨年は3ゴールを記録しています。セットプレイ等で5ゴールくらい期待したい選手ですね!

 

5・DF 尾本 敬(32)・・・栃木SC3年目。J通算200試合以上出場しているベテラン選手です。昨シーズンは全試合出場と素晴らしい活躍をしました。ベテランらしくチームを引っ張ってほしいですね。

 

7・MF 菅 和範(31)・・・栃木SC6年目。守備力(特にボール奪取力)や運動量が素晴らしい選手。キャプテンシーもあり、チームには欠かせない選手だと思います。左サイドバックがメインですが、ボランチ等もそつなくこなせるのでユーティリティ性でもチームになくてはならない存在ですね!

 

17・DF 福岡 将太(21)・・・新加入。2014~2015年には湘南ベルマーレに所属していて、その時に横山監督の指導を受けていたと思われますね。となると横山監督の好みの選手という可能性もあるので期待出来るかもしれませんね!まだ若いのでシーズン通しての成長を期待したいです。

 

 

18、DF 坂田 良太(24)・・・栃木SC4年目。昨年は8試合出場ですが、スタメンは1試合とやや不完全燃焼でした。なかなかブレイクしきれないのでもどかしい状況かもしれませんが頑張ってほしいですね。元フォワードということでセットプレーからの得点にも期待です!

 

26・DF 夛田 凌輔(24)・・・新加入。右も左もこなせる貴重なサイドバックの選手ですね。昨シーズンはJ3のライバルである長野パルセイロでプレイしていました。献身的な動きに注目したいですね。

 

33・DF 二戸 将(27)・・・新加入。栃木県社会人サッカーリーグ1部のAS CASAからの移籍ということで、下のカテゴリーからの移籍になりますが、J3やJFLでの経験も豊富な選手なので頑張ってほしいですね。サイドバックの選手は貴重なので、是非レギュラー争いに加わってほしいです。

 

 

2・MF 西澤 代志也(29)・・・栃木SC7年目。昨年は主にボランチやセントラルMFとして活躍しましたが、ユーティリティープレーヤーとしても計算できる選手ですね。昨シーズンは23試合に出場で1ゴール3アシストと数字も残してきていますし、引き続き今年も飛躍してほしいですね。

 

6・MF 古波津 辰希(23)・・・栃木SC2年目。ルーキーイヤーの昨年は11試合出場に留まりましたが、個人的にはかなり期待したい選手の1人です。献身的な動きや豊富な運動量で相手の攻撃の芽を摘む役を担ってほしいです。

 

 

10・MF 杉本 真(29)・・・栃木SC8年目。栃木の10番です。昨年は9試合出場で先発は1試合のみ。10番を背負う選手としては寂しい結果でした。この選手のポテンシャルからするともっとやれると思いますので、栃木SCの10番の活躍を期待したいですね!

 

11・MF 岡崎 建哉(26)・・・新加入。ガンバ大阪でも出場経験のある選手になりますね。昨年はガンバ大阪U-22で結果を残していますし、J3では力のある選手なのではないでしょうか。背番号も11ということで、ゴールも求められる立場のような気がしますので注目したいです。

 

14・MF 西谷 和希(23)・・・栃木SC2年目。昨年は26試合出場で1ゴール・4アシスト。小柄ながらドリブル突破の上手い選手ですね。ルーキーイヤーもなかなかの活躍でしたが、今シーズンはフル出場してゴールやアシストも量産してほしいですね。

 

14・MF 仙石 廉(26)・・・新加入。柏レイソルの黄金世代の1人と言われていた逸材ですね。柏レイソルではあまり出番がありませんでしたが、ファジアーノ岡山や長野パルセイロでは主力として活躍していたので当然栃木SCでも主力級の活躍を期待したいですね。

 

21・MF 牛之濱 拓(24)・・・新加入。昨年はJ3のグルージャ盛岡で9ゴール・6アシストとかなりの成績を残しました。同じカテゴリーのチームなので、今年も同様の活躍を栃木SCで期待したいですね。是非2桁得点を記録してほしいです!

 

24・MF 和田 達也(22)・・・栃木SC2年目。昨年は全く出番がなく、厳しいシーズンでしたね。今年も栃木SCに残ったということは見所があるということだと思いますので、今年はレギュラー争いに加わってほしいですね!

 

28・MF 安藤 由翔(25)・・・新加入。昨年はJ2のレノファ山口でプレイしていました。左サイドのスペシャリストで攻撃から守備までこなせる選手ですね。栃木SCの左サイドを制する選手になってほしいですね!

 

38・MF 宮崎 泰右(24)・・・昨年途中から加入した右サイドを主戦としている選手ですね。昨シーズンは16試合で2ゴール・3アシストと結果を残しました。引き続き今年も右サイドを切り裂く攻撃を見せてほしいですね。

 

8・FW 廣瀬 浩二(32)・・・栃木SC8年目。個人的にはミスター栃木。栃木の魂ですね。去年は30試合5得点5アシスト。是非2桁得点をゲットして栃木SCをJ3優勝と昇格を掴み取ってほしいですね!

 

9・FW 竹中 公基(24)・・・新加入。昨年のJFLのベストイレブンを受賞者ですね。182㎝という恵まれた体格でJFLで29試合17ゴールという素晴らしい成績を残していますので、点取り屋として栃木SCでも最低でも2桁得点してほしいですね。

 

13・FW 上形 洋介(24)・・・栃木SC2年目。昨年は20試合出場と一定以上の出場時間は確保しましたが、FWとしてはやや物足りない2ゴールに終わりました。今シーズンは是非2桁得点を目標に頑張ってほしいと思います!

 

19・FW 服部 康平(25)・・・新加入。J3で3年間で66試合出場して7ゴールとそれなりの実績を持っている選手なので、計算できる選手ですね。今年はブレイクして数多くの得点に絡んでほしいですね。

 

 

という昨シーズン在籍したの13人と新加入11人の計25人で2017年は戦うことになります!

2016年の開幕時は24人でのスタートだったので1人プラスでのスタートになりますね!

 

外国人枠は1つしか使っていない状態なので、シーズン途中から外国人を補強という可能性もあるかもしれませんね。

 

今年も約半数が新加入選手となっています。毎年のことなので仕方ないですが、新加入選手が多いのはチーム作りに時間が必要だと思いますので、ゆっくりとチーム完成度を高めていってほしいですね。

 

それではポジションごとに戦力を確認してみたいと思います。

 

GK・・・昨シーズン全試合出場の吉満選手が移籍してしまったことは素直にマイナスだと思います。しかしながら残り2名が残ってくれたこと、そして元スイス代表という経歴もあるジョニー・レオーニ選手の加入はかなり大きいと思います。コーチングや連携の面で言葉の壁があるので大変だと思いますが、ここが上手く解決出来ればジョニー・レオーニ選手がレギュラー最有力になりそうですね!

 

DF・・・昨年のレギュラーセンターバックを務めた広瀬健太選手・尾本敬選手が残ってくれたので、センターバックに関しては良い傾向ですね。ここにルーキー種岡選手や坂田選手あたりがレギュラー争いに加わってほしいですね!一方サイドバックはこれといったレギュラーが決まっていない状態ですね。特に右サイドバックは山形選手がいなくなったため、激しいレギュラー争いが期待されますね。左サイドバックはおそらく菅選手が務める形になりそうです。ただ夛田選手・二戸選手・福岡選手等もサイドバックとして計算できる選手なので高いレベルでのレギュラー争いを期待したいです。

 

MF・・・ここはかなりレギュラー争いが激しいポジションになりそうですね。正直誰がスタメンでもおかしくないのではないでしょうか。本間選手がいなくなってしまったのは痛いですが、個人的には新加入の仙石選手・牛之濱選手に注目しています。特に牛之濱選手は右サイドで得点力もある選手なので、点を取りにいける選手として注目したいです。そしてやはり栃木SCの10番杉本選手の復活にも期待したいですね。

 

FW・・・ここはやはり廣瀬選手が軸となると思います。4人の中でも1番実績や経験があり、頼りになりそうです。もう1つの枠を3人で争うことになりそうですが、やはり9番を任されている竹中選手のFW的なセンスには期待したいですね。下のカテゴリであるJFLとは言え、しっかりと点を量産しているのは素晴らしいですね。移籍してしまった大石選手の穴をしっかりと埋めてほしいですね!

 

全体を見てみると守備的なポジションはそれなりに計算できる選手が確保出来ている気がしますね。

攻撃的な選手はまだ未知数な選手も多く、やや心配な気もします。特にFW陣は廣瀬選手以外は未知数な部分が多いので、チームとしてはどこからでも誰でも点が取れるようなチーム作りを進めてほしいですね。

 

 

スポンサーズドリンク

 

 

2017年栃木SCの予想スタメンは?

 

それでは勝手ながら、予想スタメンを考えて見たいと思います。

 

GK・・・ジョニー・レオーニ。

DF・・・菅(左サイドバック)。広瀬・尾本(センターバック)。夛田(右サイドバック)。

MF・・・仙石(ボランチ)。牛之濱(右サイドハーフ)。宮崎(左サイドハーフ)。杉本(トップ下)。

FW・・・廣瀬。竹中。

 

こんな感じでしょうか。

ただサイドバックや中盤、FWあたりはまだまだ力関係や戦術との相性がわからない部分があると思いますので、これから徐々にテストマッチを通じてスタメンが決まっていきそうですね。

 

 

今年こそ昇格を!

 

こんな感じで開幕が待ち切れずわくわくしていますが、まずは開幕戦から一戦一戦しっかりと勝ち点を稼ぎたいですね。

昨年はスタートダッシュに失敗していますので、今年はスタートから手堅く勝ち点を積み重ねていくことが終盤に繋がってくると思います。

 

まずは開幕戦のFC琉球戦に勝ってもらって、第2節の鳥取戦に勢いを繋げていってほしいですね!

 

今年も期待して応援します!!

頑張れ!栃木SC!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー