爆破予告の犯人安藤良太が逮捕!余罪や別の真犯人とは?

この記事は3分で読めます

スポンサーズドリンク

一連の爆破予告メールの犯人が逮捕?

 

全国の各自治体に爆破予告メールが届いた事件の犯人が逮捕されたとのニュースがありましたね!

2月23日に安藤良太容疑者が逮捕されたと報じられました。この安藤良太容疑者は、爆破予告メールを送ったのは自分であるとの松戸東警察署に出頭した人物です。

 

今日は一連の爆破予告事件とこの安藤良太容疑者について調べてみました!

 

以前の爆破予告事件の記事はこちら!

全国自治体に爆破予告メールが相次ぐ!内容や場所はどこ?

犯人逮捕も爆破予告が止まらない!場所や日時は?

 

犯人逮捕で一件落着?

20日に千葉県松戸東署に、爆破予告メールを送ったという男が出頭してきたということでしたが、特に証拠がないためそのまま逮捕には至らなかったようですね。

 

その後の23日に安藤良太容疑者が逮捕されました。しかしこの逮捕は窃盗の疑いによるものになります。

 

安藤良太容疑者は先日の2月18日に、爆破予告犯人であるとして千葉県松戸東署に出頭した人物です。
警察は安藤良太容疑者の自宅のパソコンなどを押収して、捜査を進めているようですが、逮捕までは至っていません。やはり証拠がないと簡単には逮捕できないということなんでしょうね。

とりあえず別件で逮捕してからゆっくりと捜査していくというパターンなんでしょうね。

とりあえず犯人は逮捕されたのでこれからは爆破予告メールはなくなるでしょう!一件落着ですね!

 

真犯人は唐沢尊氏という人物?

犯人は18日に送った爆破予告メールでは唐沢尊氏という名前を語っています。さらに自分は弁護士であるとも語っていましたね。

実はこの唐沢尊氏というのは、実在する唐沢貴洋弁護士のことを指しているらしいのです。

 

なのでネットではこの唐沢貴洋弁護士が怪しいということでしたが、今回の犯人である安藤良太容疑者は、この唐澤貴洋弁護士の名前をかたって、各自治体に爆破予告メールを出したと2月23日発売の週刊SPAにてコメントしているようです。
Twitterでは唐沢尊氏という人物が度々ツイートしていて、自分が犯人であるという趣旨の内容をつぶやいています。

この唐沢尊氏は安藤良太容疑者が唐沢尊氏になりすましてツイートしていたんだと考えられますね。

その証拠にTwitterのつぶやきは、2月23日21時23分を最後に止まったまま更新されていません。おそらくこの後に警察に逮捕されたと考えられますね。

 

なので犯人は安藤良太容疑者ということで間違いないでしょう。

ただこの唐沢尊氏のつぶやきでは、『ここには自分は爆破予告メールを送ってない、誰か違うやつが送ったのでは?』というようなツイートをしていることがありました。もしかしたら何件も送られている爆破予告メールですが、中には摸倣犯が送った爆破予告メールも混ざっているのかもしれません。

 

安藤良太容疑者とは?

安藤 良太(あんどう りょうた)。1995年4月19日生まれ。静岡県静岡市出身。大学生 / デイトレーダー(投機家)。というプロフィールがあるようです。

現在は千葉県内の大学に通っているとのことです。

 

安藤良太容疑者には身寄りがないそうです。幼い頃に両親は離婚。母親は3年前に交通事故で亡くなっていとのことです。
デイトレードを行っているそうですが、その原資金は母親の保険金だそうです。

今回の爆破予告メールは完全にイタズラであり、爆発物を仕掛けたりというのは一切ないと供述しています。

安藤良太容疑者は唐沢弁護士には何の面識も無く、『恨みなども特にない』と話しているそうです。

安藤良太容疑者は、唐沢弁護士が住む東京都練馬区に爆破予告メールを送ろうと考えたようです。練馬区には2015年10月に、隣の朝霞市には2016年1月に爆破予告メールを送っています。

そして18日には約40件程の爆破予告メールを送信しています。練馬区や朝霞市に送った爆破予告が『ニュースになるのが楽しかったから』と答えています。なんとも身勝手で自分勝手な犯行ですね。

安藤良太容疑者は、海外のサーバーを経由してバレないように試行錯誤して、IPアドレスも辿れないような方法で爆破予告メールを送信したようです。そのためなかなか証拠が掴みきれず、出頭してきたとしても逮捕がすぐには出来ないとのことです。

以前パソコン遠隔操作事件があった時に4人の誤逮捕をしてしまっている警察はこういったケースではより慎重に捜査をしなければならず、簡単には逮捕までできないとのことでした。

 

安藤良太容疑者の罪は?

今回のケースだと『懲役3年以下または50万円以下の罰金』という刑が打倒だとされているようですが、今回のケースでは悪質であることや安藤良太容疑者に余罪も多くありそうだということで、執行猶予は付かずに実刑を受ける可能性もかなり高いと考えられますね。

 

これで一件落着するといいですね!

上記でも少し書きましたが、多くの爆破予告メールの中には安藤良太容疑者以外の人間が送信したものが含まれている可能性も考えられます。

さらに今後同じような摸倣犯が現れる可能性もあります。

 

でもとりあえずはこれで一連の爆破予告騒動は収まりそうですね。

かなり混乱を引き起こした今回の事件ですが、蓋を開ければ身勝手な若者が起こしたとても自分本意な残念な事件だったと言えそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー