ドコモ機種変更で使える151クーポンが貰える?2018年6月に3万円引きの条件は?

この記事は4分で読めます

スポンサーズドリンク

ドコモの151クーポン!

 

先日ドコモでスマホの機種変更をしてきました。

お得に機種変更ができると噂の『151クーポン』が本当に貰えるのか、貰えるとしたらいくら貰えるのかどうか実践してみましたのでまとめてみたいと思います。

 

ドコモの151クーポンとは?

 

このドコモの151クーポンは、ドコモの問い合わせ番号である151に連絡しMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)の予約番号を発行してもらうように頼むとドコモ側から提示される特別なクーポンになります。

 

一部では『インフォメーションクーポン』・『MNPクーポン』・『特別割引クーポン』・『引き留めクーポン』等と呼ばれているクーポンになります。

 

ネットでもこの『151クーポン』は有名ですが、貰えた人と貰えない人がいたり、貰えたとしてもクーポンの額がバラバラで明確な条件等がわからないため、謎のクーポンとして有名なクーポンですね。

 

スポンサーズドリンク

 

151クーポンの貰い方は?

 

151クーポンの貰い方ですが非常に簡単です。

 

まずドコモの問い合わせ番号である151に電話をして、音声ガイダンスにしたがってMNPの予約番号を発行して貰えるスタッフに繋いで貰います。

ドコモのスマホからであれば、151に電話したあと音声ガイダンスにしたがって、4→2と押すとMNPの予約番号発行の手続きをして貰えるスタッフに取り次ぎしてもらえます。

固定電話であれば0120-800-000に電話して、同じように音声ガイダンスにしたがって、4→2と押すとMNPの予約番号発行の手続きをして貰えるスタッフに繋がります。

 

電話が繋がったらスタッフの人に、『ドコモで機種変更をするかMNPで他のキャリアに移るか検討しています。』と伝えましょう。

僕の場合はここで、『MNPの流れがわからないので、どうやってMNPするのか教えてください。』とスタッフの方にお願いしました。

 

最初に本人確認をされますので本人が電話をする分には問題ありませんが、家族などの代わりに電話した場合は本人が近くにいて一度本人確認として電話口で話さないとクーポン等の発行は出来ないようなので、家族の代わりに151クーポンをゲットしたい方は必ず本人がいる時に電話した方がいいと思います。

 

一通りMNPについての説明の後、こちらの状況について以下のような質問されます。

  • 次契約するキャリアはどこを考えているか。
  • 次購入する端末は何を考えているか。

この他に僕はドコモ光の契約や家族の代表回線になっているので、MNPを使って他キャリアに移った場合にその後の契約をどうするのかを聞かれました。

 

これらの質問に答えるとドコモのスタッフから、151クーポンの存在を知らされます。そして『他のキャリアに移動する前に是非もう一度ドコモ継続を考え直してください。』と告げられました。

 

というわけで、クーポン対象者であればこちらから言わなくてもクーポンの存在を教えてくれるようですね。

引き留めクーポンとも言われているだけあって、MNPを考えていると伝えると発行してくれるようです。

 

ちなみに僕はこの後に再度ドコモに連絡し、家族の分のクーポンがあるかも調べてほしいと直接伝えましたが同じようにクーポンがあったので発行してくれました。

つまり直接クーポンはありませんかと伝えても対象者であれば普通にクーポンは発行してくれる様ですね。

まわりくどいのが嫌いな人は直接ストレートに聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

 

151クーポンが貰える条件は?

 

それでは151クーポンが貰える条件があるかを紹介します。

 

現在の所は確実に151クーポンが貰える条件というのはわかっていません。

ただ151の電話する前に自分が151クーポンが貰えるかどうかは以下の方法でチェックすることはできます。

 

  1. 151クーポンをもらいたいスマホでマイドコモにアクセスしてログイン。
  2. メニュー内にある『ドコモオンライン手続き』をタップ。
  3. ドコモオンライン手続きのページを下にスクロールして『ご契約内容・変更』をタップ。
  4. 契約内容の3ページ目にある『携帯電話番号ポータビリティ予約』の『申込』をタップします。
  5. MNPについての注意書きがたくさん書いてありますが、無視して画面を下の方にある『解約お手続き』をタップ。
  6. ポイント残高や月々サポートの残り金額などが表示される画面の下の方にある同意にチェックを入れて『次へ』をタップ。
  7. MNPするとかかる事務手数料などが表示される画面を下までスクロールして、同意にチェックを入れて『次へ』をタップ。
  8. 注意事項が表示されますので、画面を下までスクロールして同意にチェックを入れて『次へ』をタップ。
  9. この画面で『これまでのご愛顧に感謝をこめて、お客様に今だけのお得なお知らせがございます。是非下記までお問い合わせください。』と表示された場合は対象者となるようですね。

 

ただこの表示が出なくても、諦めずに151に電話してみたらクーポンが貰えたという事例もあります。

実際僕の家族もこのメッセージは表示されませんでしたが、151に電話した所クーポンを貰う事が出来ました。

またドコモ光を契約している人や家族の代表回線になっている方はやはり151に電話しないとクーポンを発行してもらえるかどうかがわからないので、気になる方は151に電話してみるのが1番早そうですね。

 

 

3万円引きの151クーポンは存在する?

 

ネットで噂になっている3万円引き151クーポンは存在するのでしょうか。

これついては存在します。正確には32400円分のクーポンになります。

 

この32400円分のクーポンは僕と家族の2人分発行してもらったので間違いなく存在しますね。

条件等はわかりませんが普通に151に電話して発行してもらう事ができました。

 

ちなみにクーポンを発行してもらったのは2018年6月中旬ですね。

家族同時購入で5400円引きのクーポンとdポイントも同時に使用可能でした。

対象機種はドコモの夏発売のモデルで各メーカーのフラッグシップモデルでした。(・iPhone X・Xperia XZ2(SO-03K)・Galaxy S9(SC-02K)・Galaxy S9+(SC-03K)・HUAWEI P20 Pro(HW-01K)等)

 

参考までに32400円クーポンを貰えた契約状況を以下にまとめてみました。

  • ドコモ光をセット契約。
  • 家族3人の代表回線。
  • 家族3人の月の携帯代は3万円程。
  • 3人ともドコモ契約歴は10年越え。

3人のうち2人がドコモのオプションにかなり無駄なお金を払っていたので、月の代金も高めになってしまっていましたね。

おそらく携帯購入時に、初回1か月無料等のオプションに加入させられてそのまま放置されていたみたいです。定期的に料金は見直さないといけませんね!(笑)

 

こうしてみるとドコモからして見ると太いお客だったのも影響していそうですね。

32400円クーポン2枚でも足りないくらいドコモに貢いでいた可能性はありますね。

 

ただこの151クーポンには注意点として以下の点があります。

  • ドコモオンラインショップでは使用できない。
  • 他のクーポンが併用できない可能性がある。
  • 対象機種が限られる。
  • クーポンは確認されている限り4種類。(5400円・10800円・21600円・32400円)
  • 使用期限は約1カ月。(僕の場合は次の月の月末でした。)

クーポンを貰えるはっきりとした条件はわかりませんが参考になれば幸いです。

 

 

ドコモの151クーポンに注目!

 

今日はお得に機種変更ができると噂の『151クーポン』について色々と書いてみました。

結果的に32400円分のクーポンがゲットできたので、うまく利用できればお得に機種変更が出来るかもしれませんね。

 

皆さんも是非『151クーポン』ゲットできるか試してみてはいかがでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー