ドラマラストコップのあらすじやキャスト!前作最終回のネタバレや結末は?

スポンサーズドリンク

ドラマ『THE LAST COP』!

 

ドラマ『THE LAST COP(ラストコップ)』が2016年10月から日テレ土曜21時の枠でスタートします。

 

今日はこの『THE LAST COP(ラストコップ)』のあらすじやキャスト、前作について色々と調べてみました!

 

 

 

ドラマ『THE LAST COP』とは?

 

ドラマ『THE LAST COP(ラストコップ)』は、2015年に日本テレビとHuluが共同制作したドラマになります。

そのドラマ『THE LAST COP(ラストコップ)』が2016年10月から日テレ21時の連続ドラマ枠で続編としてスタートします。

 

10月の連続ドラマスタートに先駆けて、9月3日(土)、10日(土)、17日(土)には『episode 0』が放送される予定になっています。

 

 

ドラマ『THE LAST COP』の原作は?

 

まずドラマ『THE LAST COP(ラストコップ)』には原作があるのかどうか調べてみました。

 

ドラマ『THE LAST COP(ラストコップ)』の原作はドイツで放送されていた人気ドラマ『DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP)』という作品になるようですね。

 

原作となる作品の『DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP )』は2010年にドイツで放送開始されました。それ以後人気を集め、2013年までにシーズン5まで制作されている超人気の刑事ドラマです。

 

ドイツ以外でも高く評価されていて、フランスではリメイク作品が制作され高視聴率を記録したり、ロシア・ウクライナでは両国の共同製作が現在進行中で、今後も世界各国でリメイク等の展開が期待されています。

 

日本でも日本テレビとHuluの共同制作として2015年にリメイクされています。

日本版では主人公は30年の眠りから覚めますが、ドイツ版では20年の眠りから覚めるという設定の違いがあったりしますね。

 

ドラマ『LAST COP』のキャストは?

 

それではまず『ラストコップ(LAST COP)』のキャストについて書いてみたいと思います。

前作のネタバレの説明も含まれますので注意してくださいね!

 

 

主人公の横浜中央署刑事課刑事・京極浩介(きょうごく こうすけ)役には唐沢寿明さん。

22歳の時に凶悪事件の犯人・カグラを追ってたところ、謎の爆発に巻き込まれ、30年という長い間昏睡状態に陥っていた。

30年の時を経て目覚めたため、1985年の価値観や常識で行動する。携帯やインターネットと言った現代の最新機器や分煙やセクハラと言った現代のマナーも持ち合わせてはいない。

刑事としても昔ながらの勘や根性と言った根拠のないものを信じて行動するという現代にはあまりいないタイプの人間です。目覚めた時には髭がモジャモジャの容姿だったために、同僚の女性刑事には原始人と呼ばれてしまったことも。

 

 

京極浩介の相棒となる横浜中央署の刑事・望月亮太(もちづき りょうた)は窪田正孝さんが演じています。

京極とコンビを組んで事件を老いますが、京極の破天荒な行動や言動に振り回されてしまいます。

前作では草食系刑事として京極とは対極の存在でしたが、新シリーズでは京極と同じく破天荒なキャラに変貌しているようなので、前作とは違ったコンビが期待できそうです。

イメージとしては、ドラマ『あぶない刑事』の『たか&ゆうじ』のコンビに近くなるのかもしれませんね!

 

 

京極浩介の元妻・鈴木加奈子を演じるのは和久井映見さん。

京極と22歳の時結婚しましたが、京極が事件で昏睡状態になってしまったため離婚をして、京極の後輩の鈴木誠と再婚した。

 

 

京極浩介の実の娘・鈴木結衣を演じるのは佐々木希さんとなります。

京極と加奈子の間に産まれたが2歳の時に京極が昏睡状態になり、京極と加奈子が離婚し鈴木と再婚したために、京極が父親という事実を知らずに育っている。

前作の途中で実の父親が京極だということを知り、ラストでは京極のことを父親だと認めるという感動の場面がありました。更には京極の相棒である亮太と交際していますが、京極は2人の交際には反対しています。

 

京極浩介の後輩刑事・鈴木誠を演じるのは宮川一朗太さんになります。

京極浩介が30年前に昏睡状態になってしまい憔悴している加奈子を支え続け、結果結婚することになります。結衣にとっては育ての父親になります。

30年前は京極の後輩刑事でしたが、現在では刑事課の課長という地位にまで出世しています。

 

 

京極浩介の30年前の先輩刑事・鯨井雅高を演じるのは田山涼成さんとなります。

30年の時を経て目覚めた京極に対してすぐに職場復帰の場を与え、京極と亮太という名コンビを生み出した張本人になります。

現在では署長という地位にまで出世しています。

 

 

県警本部長の遠藤勇二を演じるのは佐野史郎さんとなります。

30年前に京極浩介とコンビを組んでいた相棒となります。

県警の本部長という立場でありながら、犯罪集団のボス・カグラとしても暗躍するという2面性を持っています。

前作の最後に京極に逮捕されています。

 

個性的な俳優さん達が揃っていますが、やはり唐沢寿明さんと窪田正孝さんという2人のシリアス&コメディの演技に注目ですね!

新シリーズのドラマ『LAST COP(ラストコップ)』では恐らく色々な事件が起こる展開になると思うので、犯人役のキャスト等にも注目したいところですね!

 

 

 

ドラマ『THE LAST COP』のあらすじは?前作のネタバレあり!

 

まずは2015年にHuluで配信された『THE LAST COP』のあらすじやネタバレ、結末を書いてみたいと思います。

前作のネタバレを知りたくない方は読まないように気を付けてくださいね!

 

最初にあらすじは以下のような感じになっています。

 

時は1985年。型破りでハチャメチャだが熱い男の刑事・京極(唐沢寿明)は数々の凶悪事件を解決していました。

そんな京極は凶悪事件の犯人であるカグラを追い詰めていました。あと一歩で犯人逮捕という時に仕掛けられていた爆弾が爆発。爆発に巻き込まれた京極は昏睡状態に陥り、30年間眠り続けることになってしまいます。

 

昏睡状態に陥って30年経った2015年。京極は突然目覚めます。

目覚めた京極は妻・加奈子(和久井映見)を訪ねますが、30年の間に加奈子は後輩である鈴木(宮川一朗太)と再婚していました。

更には京極の実の娘である結衣(佐々木希)は、後輩・鈴木の子供として育てられていて自分の存在は知りませんでした、

取り乱し暴れる京極は横浜中央署に連行され、そこでかつての後輩・鈴木や上司の鯨井(田山涼成)と再会します。

 

そして京極は再び刑事として働くことになります。しかし京極は30年間眠っていたため、インターネットや携帯などの最新機器はもちろんですが、現代の常識マナーも全く分からず悪戦苦闘。30年前と現代の世の中のギャップに戸惑いながらも、若手刑事の良太(窪田正孝)とコンビを組んで数々の事件に立ち向かって行きます!

 

30年間眠っていた京極がいきなり目覚めて、刑事として活躍する。普通に考えたらあり得ないですね!(笑)

もし同じようなことが実際に起きたら通常の生活に戻るだけでもかなりの時間が必要になると思いますし!

でもそこはコメディ的なノリのこのドラマではお構い無しですね。(笑)

 

そして以下が前作の結末のネタバレになります。

 

京極と亮太は協力しあって、『シーサー』という2人組のテロリストを逮捕することに成功します。しかしシーサーの2人には、30年前に京極が昏睡状態に陥った時に追い詰めたカグラの組織の人間が付ける刺青と同じものが体に印されていました。

 

カグラの率いる犯罪集団はまだ存在することを悟った京極は、亮太と数々の事件を解決しながらカグラの存在に迫っていきます。

 

そしてとうとう京極はカグラを追い詰め、その正体を知ることになります。

カグラの正体は、京極が30年前にコンビを組んでいた先輩刑事・遠藤でした。現在は県警の本部長を務めていますが、同時に裏社会ではカグラとして数々の凶悪事件を指揮していた悪の親玉でした。

遠藤は京極が昏睡状態に陥った事件の3年前にカグラと出会い、お金で買収され手を組むことになりました。そして次第に遠藤はカグラの持つ裏社会での力を欲するようになっていきます。

とうとう遠藤はカグラを殺し、自分がカグラになることを計画します。計画通りカグラは遠藤の仕掛けた爆弾の爆発に巻き込まれて死亡。たまたま偶然そこに居合わせた京極は爆発に巻き込まれて昏睡状態になりました。これが30年前に起きた事件の真相でした。

 

遠藤は京極達に捕まるくらいならと、ビルの屋上から飛び降り自殺を図ります。そうはさせないと京極もビルから飛び降り、遠藤を抱えたまま電線に捕まりターザン状態になりながらビルの中に飛び込みます。

遠藤も京極も無事でしたが、遠藤は不気味なことをいい放ちます。

『俺がいなくなっても、新たなカグラが現れる。』

京極はこう返します。

『また俺がぶっ潰してやる。』

 

こうして一連の事件は解決に向かいます。

ドラマの最後には京極と娘・結衣の和解もあり、更には娘・結衣と後輩・亮太の交際も知らされて!コメディタッチなハッピーエンドとなっています。

 

このドラマの魅力は、何と言っても破天荒な主人公・京極のキャラだと思いますね。

30年間昏睡状態で眠っていたという重い過去がありながらもこのキャラというのがスゴいです。そしてコメディな面とシリアスな面を使い分けるのがとても上手な俳優さんの唐沢寿明さんの演技も注目ですね。

ちょうど映画『20世紀少年』のケンジもそんな感じのキャラだった様な気がしますね!

コメディもシリアスもこなせる俳優さんは貴重だと思いますのでこれからも頑張ってほしいです!

 

そしてもう1つの魅力は、そんな破天荒な主人公・京極と草食系な若手刑事の亮太のコンビです。

若手刑事・亮太役の窪田正孝さんもかなり演技が上手いということで評価の高い俳優さんですが、そんな窪田正孝さんのコメディ要素が入った演技は必見かもしれませんね。

どちらかと言うとシリアスで鬼気迫る演技の強いイメージもあるのでコメディ系の演技も是非見てほしいですね!

 

 

新シリーズ・ドラマ『LAST COP(ラストコップ)』のあらすじは?

 

 

2016年6月。

捜査中の事故で昏睡状態となった男・京極浩介が30年ぶりに目を覚ました。

京極は、横浜中央署の若手刑事・望月亮太と共に、30年前に追っていた凶悪犯『カグラ』とその組織を壊滅に追いやり、時間を超えた因縁にケリをつけた。

 

あれから1年。

京極と亮太は相変わらず同じ部屋で暮らしていた。

亮太と結衣は間もなく交際1年になるが、京極は頑なに二人の関係を許してはいなかった。

京極の元妻・加奈子は、鈴木誠と夫婦円満で幸せに暮らしている。

京極、亮太を招いての『気まずい晩さん会』も月に1度のペースで開かれていた。

京極と亮太は、この1年、数多の凶悪事件を解決に導いていた。

亮太も1年前の草食系お坊ちゃんから嘘のような変貌を遂げ、ルール無視、強引で破天荒な二人の捜査方法は時に問題になったが、今や神奈川地区ナンバーワンの圧倒的な検挙率と貢献度から全て黙認されていた。

横浜中央地区にとんでもない『スタジャンと痩せマッチョ』のコンビがいる。

それほ警察のみならず、裏社会でも噂になっていた。

そして2016年10月。

新たな物語が始まる。

 

ドラマ『LAST COP(ラストコップ)』公式サイトより引用。

 

一番興味を引かれたのは、京極だけではなく、亮太まで破天荒キャラに変貌している点ですよね。

前作では破天荒な肉食系・京極と草食系なお坊ちゃん刑事・亮太との対極のコンビが面白かったですが、今回は破天荒と破天荒のぶつかり合いみたいな感じになるんでしょうかね?

 

このコンビがどう描かれるのか、とても興味深いですね!

 

 

ドラマ『LAST COP(ラストコップ)』に期待!

 

前作は主にHuluでの放送となっていましたが、今回は地上波での連続ドラマということで、人気の高さが感じられますね!

 

コメディあり、アクションありの面白いドラマになっていそうなので、皆さんも期待してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー