天下三名槍!蜻蛉切、日本号、御手杵が美しい!かっこいい!

スポンサーズドリンク

先日かっこいい実在する日本刀という記事を書きましたが、ありがたいことにたくさんの方に読んでいただいています。

そこで今回は刀ではなく、槍バージョンで色々書いてみたいと思います。

前回の『実在する名刀!!かっこいい日本刀をまとめてみました!』はこちら!

 

『天下三名槍』

天下三名槍(てんがさんめいそう)と呼びます。

  • 御手杵(おてぎね)
  • 日本号(にほんごう、ひのもとごう)
  • 蜻蛉切(とんぼきり)

の3本の槍のことを言います。

江戸時代後期には自然に発生した呼び方と考えられています。

 

『御手杵』

戦争中起きた東京大空襲で焼失してしまい、3本の槍の中で唯一現在存在しない槍です。

したがって現在あるのは御手杵のレプリカとなります。

そのレプリカは結城蔵美館に展示されています。

全長は3.8メートル。

刃の長さは138センチ。刃の長さがかなり長い槍となっています。

 

鞘が手杵(中央が細く、両端が膨らんでいるような形)に似ていることから『御手杵』と呼ばれるようになったと言われている。

この手杵形の鞘を極端にした協調して作られたのが馬印用の鞘です。

御手杵の持ち主の結城家の象徴として作られ、馬印として参勤交代等では先頭にあったとされています。

熊毛で覆われ、高さ150センチ、直径45センチで重さは22.5キログラム。雨で水を吸ったりすると37キログラムにもなったとされている。

鞘とは言え、ここまで重くなると1人では簡単に持ち運びできないレベルですね。

 

 

『日本号』

作者はわかっていません。

室町時代に作られたとされています。

元々は皇室所有物であったが、室町時代に15代将軍足利義昭に贈られ以降織田信長、豊臣秀吉、福島正則の手へと渡り、次に母里友信が手にしています。

現在は福岡市博物館が所有しており、展示されています。

 

この槍で最も有名なエピソードが、福島正則の手から母里友信の手に渡った時の話ですが、この時の逸話が『黒田節』と呼ばれる福岡県福岡市に伝わる民謡の中で歌われています。

この『黒田節』の中で『酒は呑め呑め、呑むならば、日本一(ひのもといち)のこの槍を、呑み取るほどに呑むならば、これぞ真の黒田武士』という歌詞で表しています

黒田長政が福島正則のところに家臣の母里友信を使いに出した。酒好きの福島正則は母里友信に酒を勧めるが母里友信は使いの身であるとこれを拒否した。

酔っていた福島正則は大量の酒を飲み干せば何でも好きな褒美を取らせると宣言してしまいます。実は大の酒豪であった母里友信はこの大量の酒を飲み干し、まんまとこの日本号を褒美として貰い受けたというお話です。

とても有名な逸話であり、NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』の中でもこの逸話のシーンが出てきますね。

 

槍の先端にある刃の部分が約80センチ。

槍の全長は約3メートル20センチ。

重さは2.8キログラム。

刃の中央に倶利伽羅文(くりからもん)と呼ばれる、龍が彫られています。

 

その美しさや完成度の高さから『大身槍』(刃の部分が長い槍)の中では最高位の存在であり、多くの模作が作られています。

 

『蜻蛉切』

戦国時代の武将・本田忠勝の愛用していた槍としてとても有名な槍です。

刃の部分が約44センチ。

全長は当初は6メートルほどあったと言われているが、持ち主の本田忠勝の体力の衰えに合わせて90センチ程短く詰められたと言われている。

 

戦国に立てておいた槍にトンボが当たり、そのトンボが真っ二つになるほどの切れ味ということから蜻蛉切という名前がついたと言われています。

作者は三河文殊派の藤原正真。

 

また江戸時代、蜻蛉切はもう1本存在したという記録があります。

刃の形が直穂形(平たい形)で異なっているが、作者は同じ藤原正真だったといいます。こちらは現在は消息不明でどこにあるのか現存するのかは謎に包まれています。

 

日本刀にも劣らない日本槍!

日本刀も格好良くて美しいですが、槍も格好良いですね。

槍は日本刀より長さがあって迫力があるので実物を見るとより凄みや美しさを感じるかもしれませんね。

 

最近の歴女ブームもあって、有名なエピソードを持っている日本刀や槍にも注目が集まっているようです。

皆さんも機会があれば是非この『天下三名槍』を見てみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー