2017年桜花賞の予想!枠順と重馬場の傾向と分析は?

スポンサーズドリンク

2017年桜花賞!

 

2017年4月9日に阪神競馬場で、G1・桜花賞(芝1600m)が行われます。

 

今日はこのG1・桜花賞の競馬予想をしていきたいと思います!

 

 

2017年桜花賞の枠順は?

 

2017年桜花賞の枠順は以下のようになっています。

 

1枠1番ミスエルテ 牝3 55.0 川田
1枠2番ライジングリーズン 牝3 55.0 丸田
2枠3番サロニカ 牝3 55.0 浜中  出走取消
2枠4番ジューヌエコール 牝3 55.0 北村友
3枠5番ベルカプリ 牝3 55.0 藤岡佑
3枠6番リスグラシュー 牝3 55.0 武豊
4枠7番ショーウェイ 牝3 55.0 松若
4枠8番カラクレナイ 牝3 55.0 田辺
5枠9番ゴールドケープ 牝3 55.0 丸山
5枠10番レーヌミノル 牝3 55.0 池添
6枠11番アロンザモナ 牝3 55.0 幸
6枠12番アエロリット 牝3 55.0 横山典
7枠13番ヴゼットジョリー 牝3 55.0 福永
7枠14番ソウルスターリング 牝3 55.0 ルメール
7枠15番アドマイヤミヤビ 牝3 55.0 Mデムーロ
8枠16番ミスパンテール 牝3 55.0 四位
8枠17番ディアドラ 牝3 55.0 岩田 橋田
8枠18番カワキタエンカ 牝3 55.0 和田

 

桜花賞の枠と言えば、とにかく外目の枠が毎年やたら来ている印象がありますね。逆に1~3枠はほとんど馬券に絡まないという傾向も出ています。

 

有力視されているソウルスターリング、アドマイヤミヤビは外目の枠に決まりました。過去のデータからするとこの2頭にはかなり有力なデータになっていますね!

 

今年は週末に雨がかなり降りそうなので、おそらく重馬場での開催となりそうです。この重馬場適性という部分も今回のレースでは、かなり重要になりそうですね。

 

 

2017年桜花賞の予想ポイントは?

 

まずは最初のポイントは枠順ですね。

過去のデータからすると、外目の枠がかなり成績が良い傾向にありますね。桜花賞のレース傾向として上がり勝負になりやすいということがあります。つまり外目の差し・追い込みが狙い目となりますね。

前目にいける馬であれば、4~6枠くらいの真ん中でも心配はなさそうですが、内枠で外から被されたりごちゃつくと中団から後ろの馬は揉まれてしまい、厳しい競馬になりそうですね。

 

 

続いては重馬場適性ですね。

2017年桜花賞はおそらく重馬場開催、良くても稍重でのレースになると思います。となると重馬場適性の有無は頭に入れておいた方が良さそうですね。

とは言え、なかなか重馬場適性の有無の判断は難しいところがあります。判断材料としては、過去の成績・血統・そして馬体重が挙げられますね。

過去に重馬場で勝利経験がある馬は、ジューヌエコール・ゴールドケープ・カワキタエンカ。

血統的に重馬場や荒れた馬場が合いそうなのは、クロフネ産駒のジューヌエコール・アエロリットあたりでしょうか。

そして重馬場となるもやはりパワーが必要なので、馬格のある馬体重が多めの馬にも注目ですね。馬体重が重いのは、ミスパンテール・アエロリット・ジューヌエコール・アドマイヤミヤビ・ライジングリーズンあたりですね。逆にリスグラシュー・ゴールドケープはかなり軽い方になりますね。

 

 

最後にローテーションですね。

前走・チューリップ賞組の相性が良いですね。他にはクイーンカップですね。フィリーズレビューやアネモネS組は、頭までは難しいかもしれませんね。

 

 

2017年桜花賞の有力出走馬の分析!

 

1枠1番ミスエルテ・・・前走・朝日杯FSは1番人気で4着。前哨戦はスルーしたという点はややマイナスに見るべきですね。例年であれば推したい馬ですが、今回は内枠の差し馬ということで軽視してもいいと思います。ただ川田騎手が先週のステファノスの様な果敢に先行する洋なし乗り方をするとちょっと怖いかもしれませんね。

 


1枠2番ライジングリーズン・・・フェアリーS・アネモネSと連勝していますね。基本的にはアネモネS組はいらないと思いますが、この馬は重賞も勝っているので例外ですね。2・3着であれば可能性はありそうですね。重馬場への適性もある様な気がします。

 

 

2枠4番ジューヌエコール・・・個人的には今回の穴馬はこれだと思います。前走も前々走も不利を受けているため、しっかり走れていませんし、内枠からすんなり先行していけば残り目はあると思います。重馬場も向く馬だと思うので、この馬には注目ですね。

 


3枠6番リスグラシュー・・・個人的にはちょっと飛ぶ可能性があると考えています。切れ味勝負の差し・追い込み馬だと思うので、出来れば外枠・良馬場の方が良かったと思います。馬格もあまりないので、重馬場や揉まれる展開になるもかなり危険な人気馬になりそうです。

 


4枠8番カラクレナイ・・・前走・フィリーズレビュー1着。前走は後方一気で勝ちましたが、内のほうで斜行があり、ごちゃつく展開があったためより豪快に追い込みが決まった感がありますね。距離的にも1400mがベストだと思うので、うまくハマっても3着くらいな気がします。

 


5枠9番ゴールドケープ・・・前走・フィリーズレビュー3着。前走は出遅れながら追い込んで来て3着でした。阪神JFでも6着とまずまず走っていますね。この馬は重馬場で500万下を勝っているので、重馬場適性はありそうですね。前走は出遅れたため後ろからでしたが、基本的には先行する馬なので、穴馬候補として考えても良さそうですね。

 

5枠10番レーヌミノル・・・常に重賞で掲示板内に来ていますので、能力はある馬だと思います。先行出来る馬なので穴馬として面白いと思っていたんですが、報道によると桜花賞では脚をためるというので、個人的には評価を落としました。さすがに本番での脚質変更はプラスにとれないと思います。

 

 

6枠12番アエロリット・・・前走・クイーンカップ2着。アドマイヤミヤビに差された後、食い下がって伸びて半馬身差まで迫りました。堅実な馬ですし先行も出来ます。重馬場適性も血統からするとありそうなので、かなり面白い馬だと思います。横山典騎手なので、思い切った騎乗がハマれば波乱もあるかもしれませんね。

 

 

7枠13番ヴゼットジョリー・・・前走・アーリントンカップ4着。牡馬混合戦での4着は悪くないと思いますが、勝ち馬から1秒差とかなり離されてはいます。新潟2歳Sでの切れ味はなかなかのモノでしたが、ここ2走の上がりはそれほどでもありませんね。怖いのは牝馬に強い福永騎手だと思います。

 


7枠14番ソウルスターリング・・・無敗の2歳女王ですね。現在のところ死角らしい死角は見当たりませんね。関東馬の成績がイマイチというくらいでしょうか。スタートも上手い馬なので、すんなり好位置に付けられれば圧勝もあるかもしれませんね。2年連続で1倍代の人気馬が飛んでいますが、この馬は問題ないと思います。

 


7枠15番アドマイヤミヤビ・・・2番人気になりそうな馬ですね。こちらも間違いなく能力の高い馬ですね。ただ1600mの桜花賞よりは2400mのオークスで買いたいですね。クイーンカップもエンジンがかかるまでかなり追われていましたし、クイーンカップが行われた東京競馬場から直線が短くなる阪神では届かないという可能性があると考えます。ソウルスターリングと違って絶対的な軸とまでは言えなそうです。

 


8枠16番ミスパンテール・・・キャリアわずか2戦ですが、前走・チューリップ賞は2着とリスグラシューにも先着しましたね。外枠に入りましたし、前走の脚が使えるのであれば馬券圏内も狙えそうですね。馬格もありますし、十分重馬場適性もありそうです。

 


8枠18番カワキタエンカ・・・桜花賞と相性が良い唯一のディープインパクト産駒ということで、それだけでも狙う価値はあるかもしれませんね。ただ能力的にはちょっと足りないと思います。

 

2017年桜花賞の買い目は?

 

2017年桜花賞の買い目を発表したいと思います。

 

買い目ですが、3連複フォーメーションでいきたいと思います。

 

まず軸となる馬はやはり7枠14番ソウルスターリングですね。ここ2年間圧倒的な1番人気が飛んでいますが、阪神JFとチューリップ賞を連勝してきていますので、3着以内は間違いないと考えます。阪神への遠征も経験がありますので、関東馬でも問題ないと思います。

 

 

そして難しいのが、対抗馬選びですね。普通であればアドマイヤミヤビで問題ないと思いますが、そこまで3歳牝馬戦でガチガチに決まるとも思えないのも事実です。

そこでフォーメーション2列目には、7枠15番アドマイヤミヤビ・8枠16番ミスパンテール・6枠12番アエロリットを並べてみたいと思います。

 

 

そして紐となる3列目ですが、2列目の3頭と1枠2番ライジングリーズン・2枠4番ジューヌエコール・3枠6番リスグラシュー・5枠9番ゴールドケープをおきたいと思います。

 

これで計15点ですね。

人気してるところがくるとちょっとトリガミすると思いますが、3歳牝馬戦なのでガチガチに収まるとも思えないのでこれでいってみようと思います。

あとはミスエルテを切っているのでそこがちょっと不気味ですね!ただ人気所で切るとしたらこの馬だと思います。

 

 

本日の予想は以上になります。

皆さんの予想もコメント欄に書き込んでみてくださいね!

ご覧下さってありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー