ドラマで話題の格闘技カリ・シラットとは?小栗旬と西島秀俊も訓練?

スポンサーズドリンク

格闘技カリ・シラット!

 

みなさんは『カリ・シラット』という格闘技をご存じでしょうか。

アクションドラマのアクションシーンにも取り入れられていて話題になっているようです。

 

今日はこの格闘技『カリ・シラット』について、色々と書いてみたいと思います!

 

 

カリ・シラットって何?

 

『カリ・シラット』というのは、『カリ』という武術と『シラット』という武術を合わせた武術のことになります。

 

フィリピンの国技・『カリ』

 

まず『カリ』ですね。

『エスクリマ(Eskrima)』とも言われていて、フィリピンの国技にも認められている武術になります。

国技というだけあって、学校の体育の授業や国体等にも採用されている武術です。

 

この『カリ』は素手はもちろんですが、棒やナイフ、紐といった武器も使用する武術になります。

 

現在ではアメリカで広く普及しており、実戦的な武術として様々な機関で採用されています。アメリカの警察はもちろんアメリカ軍やFBIの格闘術にも部分的にではありますが、『カリ(エスクリマ)』の要素が盛り込まれています。もちろん発祥国であるフィリピンの軍や警察の格闘術にも採用されていますね。

 

また武道家として有名なブルース・リーが学んだ武術の一つとして知られていて、映画『燃えよドラゴン』の中でも、この『カリ(エスクリマ)』の要素を盛り込んだシーンがあります。

 

このように日本ではイマイチな知名度の『カリ』ですが、世界的にはかなり知名度のある武術といえそうですね!

 

 

東南アジアの武術『シラット』!

 

次に『シラット』になります。

『シラット』は、東南アジアで行われる伝統的な武術になります。現在はマレーシア、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、ベトナムで盛んに行われている武術ですね。

 

『カリ』と同じように素手以外に武器を使う武術であり、空手の様な型や組手を通じて稽古を行うこともあります。

 

『シラット』は東南アジアの様々な地域で親しまれている武術で、インドネシアやマレーシア等それぞれの地域でそれぞれの流派として発展しています。中でも1番有名になっているのは、インドネシアの『プンチャック・シラット』というものになります。

 

また『カリ』と同様に、武道家として有名なブルース・リーさんが学んでいた武術の1つで、その要素はブルース・リーさんが立ち上げた武術『ジークンドー』にも取り入れられています。

 

日本ではまだまだマイナーな武術ですが、『カリ』と同様に『シラット』も世界的には有名な武術になります!

 

 

 

『カリ・シラット』が話題?

 

そんな日本ではマイナーな武術が何故話題になっているのでしょうか。

 

それはあるドラマでこの『カリ・シラット』の要素を取り入れたアクションシーンが注目されたからのようですね。

そのドラマが、V6の岡田准一さんが主演しているドラマ『SP(エスピー) 』シリーズになります。

 

この『SP(エスピー) 』シリーズの原作者である金城一紀さんが、この『カリ・シラット』を習得しているとのことでもあり、アクションシーンにこの『カリ・シラット』の要素が取り入れられているようです。

 

 

 

更には同じく金城一紀さんが原作を務める2017年4月期スタートのドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のアクションシーンにも、この武術『カリ・シラット』の要素が取り入れられるとのことなので、今回も再び注目されそうですね!

このドラマは小栗旬さんと西島秀俊さんが出演するドラマになっているので、イケメン俳優が『カリ・シラット』をどのように表現するのか楽しみですね!

 

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の記事はこちら!

CRISIS公安機動捜査隊特捜班のキャストとネタバレは?原作は海外ドラマ?

 

スポンサーズドリンク

 

 

武術『カリ・シラット』に注目!

 

まだまだ日本では知名度もなくマイナーの武術ですが、世界的にはかなり有名な武術である『カリ・シラット』。

 

ドラマでその要素が扱われたりしたことで話題なってくると思います。

 

皆さんも是非とも注目してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー