ドラマ『dele(ディーリー)』の原作は小説?脚本や出演キャストが豪華すぎる!

この記事は5分で読めます

スポンサーズドリンク

ドラマ『dele(ディーリー)』!!

 

ドラマ『dele(ディーリー)』が2018年7月からテレビ朝日金曜23時15分のドラマ枠で放送されることが決定しました。

 

今日はこのドラマ『dele(ディーリー)』のキャストやあらすじ、原作について色々と書いてみたいと思います。

 

ドラマ『dele(ディーリー)』の原作は?

 

今回実写ドラマ化されるドラマ『dele(ディーリー)』の原作はオリジナルになります。

 

今回のドラマ『dele(ディーリー)』の原案は作家『本田孝好』さんが手がけていますね。

実は『本田孝好』さんの著書には『dele』という小説がありますが、あくまでも今回のドラマ『dele(ディーリー)』はオリジナルのストーリーとなるとのことですね。

 

小説『dele』は2017年に単行本が発売、文庫本が2018年5月に発売されています。さらに2018年6月15日には続編となる小説『dele2』が発売されることが決定していますので、ドラマが始まる前に読んでみるのも良さそうですね。

 

ドラマ『dele(ディーリー)』はオリジナルのストーリーになるようですが、もしかするとどこかで小説『dele』を読んだ読者がわかるようなネタや仕掛けがあるかもしれないので楽しみに見たいですね。

ドラマ『dele(ディーリー)』の原作小説をネタバレ?結末や最終回はオリジナルストーリー!

 

 

ちなみに作家『本田孝好』さんの作品は実写映画化されているものが多くありますね。以下にまとめてみました。

  • イエスタデイズ(2008年11月・主演‐塚本高史)
  • 真夜中の五分前(2014年12月・主演‐三浦春馬)
  • ストレイヤーズ・クロニクル(2015年6月・主演‐岡田将生)
  • at Home アットホーム(2015年8月・主演‐竹野内豊)

いずれも主演がイケメン俳優さんですね。

今回が初の連ドラの原案となるようなので楽しみですね。

 

ドラマ『dele(ディーリー)』は、『本田孝好』さんが手がける原案を元に毎回異なる脚本家が脚本を担当するという方式を採用している事ですね。

よって基本的には1話完結型ドラマになっているようです。

 

ドラマ『dele(ディーリー)』のあらすじは?

 

それではドラマ『dele(ディーリー)』のあらすじについて書いてみたいと思います。

 

ドラマのタイトルにもなっている『dele』は、『削除』を意味する校正用語。そんな本作のテーマは、PCやスマホに残された『デジタル遺品』。

『誰に見られても構わない記録』や『人に見られたくない記録』。様々な記録がデジタルに保存され、詳細に残ってしまう現代で、『もし自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか』という疑問を考えたことはありますか?

このドラマではそんな『黒もしくはグレーな人知れぬデータ』に注目し、『デジタル遺品』に初めて光を当てていきます。

 

主人公・坂上圭司と真柴祐太郎が生業とするのは、依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて『内密』に抹消する仕事。

しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、依頼人の人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へと追い込まれていくことになってしまいます。

 

このドラマ『dele(ディーリー)』では、『デジタル遺品』というアイテムを取り上げていますね。

確かに現代では写真や動画はもちろんですが、PCやスマホの中に有りとあらゆる情報を保存していることが多いですよね。PCやスマホの情報を探せば、その人の性格や趣味、コレクションがわかってしまうなんてことがありそうですね。

この『デジタル遺品』はこれからの社会でも問題となってくるモノかもしれませんし、このドラマの様なお話が現実にも起こりえる可能性も十分あるかもしれませんね。

そんな非常に興味深いアイテム『デジタル遺品』からどんな話が展開していくのか、非常に楽しみですね!

 

1話完結型ドラマになっているということなので、気軽に楽しめそうですし非常に期待したいですね。

 

 

スポンサーズドリンク

 

ドラマ『dele(ディーリー)』のキャストは?

 

それではドラマ『dele(ディーリー)』のキャストについて書いてみたいと思います。

 

ドラマ『dele(ディーリー)』は山田孝之さんと菅田将暉さんのW主演となっています。

 

真柴祐太郎・・・このドラマの主人公の1人。株式会社 dele.LIFE(ディーリードットライフ)』に入社して3ヶ月の新人。若いと勢いがあり、行動派。自ら動いて情報を集め、依頼人が消してほしいデータの削除のために奮闘します。

主人公・真柴祐太郎を演じるのは菅田将暉さんになります。

 

坂上圭司・・・このドラマの主人公の1人。株式会社 dele.LIFE(ディーリードットライフ)』の所長。真紫祐太郎が持って来たデータを削除する役目。仕事は仕事でそれ以外の何物でもない。冷静沈着で淡々と作業をこなすため、真紫祐太郎とは真逆な性格になります。原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子での生活をしている。

もう1人の主人公・坂上圭司を演じるのは山田孝之さんになります。

 

この他にもコムアイ(水曜日のカンパネラ)、野田洋次郎(RADWIMPS)、般若といったアーティストとして活躍している方々が登場するという噂があるので、注目していきたいですね。

 

 

ドラマ『dele(ディーリー)』の脚本は?

 

注目のドラマ『dele(ディーリー)』の脚本は『本田孝好』さんが手がける原案を元に毎回異なる脚本家が脚本を担当するという方式を採用しているようです。

 

基本的に1話完結型のストーリーとなっていていて、1話ごとに異なる脚本家が脚本を担当することになっています。

 

脚本は以下のような方々が担当することになっています。

  • 金城一紀。(『SP』『BORDER』『CRISIS』『奥様は、取り扱い注意』)
  • 瀧本智行。(『脳男』『犯人に告ぐ』)
  • 青島武。(『追憶』『グラスホッパー』)
  • 渡辺雄介。(『20世紀少年』『GANTS』)
  • 徳永富彦。(『相棒』『警視庁捜査一課9係』)

それぞれドラマや映画で脚本を手掛けたことのある脚本家さんなのでかなり豪華だなと言う印象ですね。

 

それぞれの回で異なる雰囲気のお話に仕上がって来そうなので、毎回楽しみに見れそうですね!

 

 

 

ドラマ『dele(ディーリー)』に期待!

 

ドラマ『dele(ディーリー)』が、2018年7月からテレビ朝日金曜23時15分のドラマ枠で放送されることがわかりました。

 

この『dele(ディーリー)』の主人公2人は山田孝之さんと菅田将暉さんをイメージしてあてがきされたということなので、どんな仕上がりになっているのか、そしてその2人がどんな演技を見せてくれるのかホントに楽しみですね。

 

構想期間は2年以上という話なので、2年以上練り込まれた連続ドラマになっているということになります。是非皆さんもドラマ『dele(ディーリー)』に注目してみてくださいね!

 

2018年夏ドラマの記事はこちらになります。良かったら見てみてくださいね。

漫画この世界の片隅にが実写で連続ドラマ化!主演キャストやあらすじは?

ドラマ限界団地(オトナの土ドラ)のキャストと原作は?主演の佐野四郎が恐い!

ドラマ義母と娘のブルースの原作は4コマ漫画?キャストとあらすじは?

ドラマ義母と娘のブルースの原作ネタバレ!漫画の最終回は感動で泣ける!

ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』の原作の作者は福本伸行?あらすじとキャストも!

ドラマ『dele(ディーリー)』の原作は小説?脚本や出演キャストが豪華すぎる!

ドラマ『dele(ディーリー)』の原作小説をネタバレ?結末や最終回はオリジナルストーリー!

ドラマヒモメンの原作漫画の作者は?キャストやあらすじは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー