ドラマ義母と娘のブルースの原作は4コマ漫画?キャストとあらすじは?

この記事は4分で読めます

スポンサーズドリンク

ドラマ『義母と娘のブルース』!!

 

『義母と娘のブルース』がTBSの2018年7月からの火曜ドラマ枠で放送されることが決定しました。

 

今日はこのドラマ『義母と娘のブルース』のキャストやあらすじについて色々と書いてみたいと思います。

 

漫画『義母と娘のブルース』!

 

今回実写ドラマ化されるドラマ『義母と娘のブルース』の原作となるのは、漫画『義母と娘のブルース』になります。

 

漫画『義母と娘のブルース』は、2011年に発売された4コマ漫画になります。連載終了後に電子書籍サイト『Renta!』で2012年上半期4コマ部門第1位に輝いたことで再注目された漫画になっています。

単行本はぶんか社より全2巻が発売されていますが、単行本は出回っている数も少ないため、幻の4コマ漫画と呼ばれたりもしているほど貴重なようです!

 

漫画『義母と娘のブルース』の作者は桜沢鈴さんになります。

 

漫画を原作としたドラマはかなり多いですが、4コマ漫画のドラマ化というのは珍しいですよね。ストーリーはしっかりあるとは言え、4コマ漫画をどうドラマ化していくのかは注目したいですね。

 

原作漫画『義母と娘のブルース』のストーリーが気になる方はこちら!!

ドラマ義母と娘のブルースの原作ネタバレ!漫画の最終回は感動で泣ける!

ドラマ『義母と娘のブルース』のあらすじは?

 

それではドラマ『義母と娘のブルース』のあらすじについて書いてみたいと思います。

 

義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語。
女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していくのではないだろうか…。

本ドラマは、綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、当たり前の喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

 

TBS『義母と娘のブルース』サイトから引用。

 

バリバリのキャリアウーマンとして働いてきてた主人公が子持ちの男性と結婚して、奮闘するというハートフルヒューマンドラマになっていますね。

タイトルにもなっている様に、8歳の娘とキャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなしてきた主人公の掛け合いがメインとなってきそうですね。

 

また原作『義母と娘のブルース』が4コマ漫画ということもあり、コメディっぽさやテンポの良い展開も期待できそうですね。

 

スポンサーズドリンク

 

ドラマ『義母と娘のブルース』のキャストは?

 

それではドラマ『義母と娘のブルース』のキャストについて書いてみたいと思います。

 

岩木 亜希子・・・業界トップシェアの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン。誰よりも真面目でその真面目さゆえに『土掘り土下座』という宴会芸まで編み出してしまう程。普通の話し言葉にもビジネス用語を多用する。四六時中、仕事のことばかり考えており、趣味や人生を楽しむことなど知らないような仕事の虫。

主人公である岩木亜希子を演じるのは『綾瀬はるか』さんになります。バリバリのキャリアウーマンという役柄をちょっと天然だったりふわっとしたイメージの強い綾瀬はるかさんがどう演じるのかは注目ですね。

 

宮本 良一・・・老舗の金属会社に勤める。8歳の娘を持つ父親。穏やかな性格で、日々小さな奇跡を見つける天才で、周囲を和ませることについては天下一品。「みやもっちゃん」の愛称で親しまれ、職場では「みやもっちゃんはこの会社のひだまり。癒し」と年齢性別を問わず社員に信頼されている。小さなことは気にせず、鈍感とも言えるし、包容力が大きいともいえる男。ある想いからライバル会社のやり手部長である亜希子にプロポーズする。

宮本良一を演じるのは『竹野内豊』さんになります。穏やかでふわっとした優男風の役柄をイケメンの竹野内豊さんがどの様に演じてくるのか気になりますね。竹野内豊さんだとイケメンオーラが半端ないと思うので、良い意味でどうやって崩してくるかを見てみたいですね。

 

2018年5月3日現在、この他のキャストは発表されていません。

注目は娘を誰が演じるかですね。漫画では8歳という設定なので10歳前後の子役が抜擢されそうですね。ここに誰がキャスティングされるかは楽しみですね!

 

ドラマ『義母と娘のブルース』の脚本は?

 

個人的には原作の漫画『義母と娘のブルース』が4コマ漫画をベースにした漫画と言う事で、ドラマにする際に脚本がとても重要なのかなと思っています。

注目のドラマ『義母と娘のブルース』の脚本は森下佳子さんが担当することになりました。

 

森下佳子さんは今までに数多くのヒットドラマを手掛けた脚本家さんになります。森下佳子さんが手掛けた主なドラマ作品は以下のようになっています。

  • 平成夫婦茶碗(2000年)。
  • お前の諭吉が泣いている(2001年)。
  • 続・平成夫婦茶碗(2002年)。
  • 世界の中心で、愛をさけぶ(2004年)。
  • 瑠璃の島(2005年)。
  • 白夜行(2006年)。
  • MR.BRAIN(2009年)。
  • JIN-仁-(2009年、2011年)。
  • とんび(2013年)。
  • 天皇の料理番(2015年)。
  • わたしを離さないで(2016年)。
  • おんな城主 直虎(2017年)。

かなり多くの作品を手掛けていますし、『世界の中心で、愛をさけぶ』や『白夜行』、『JIN-仁-』といった漫画や小説のドラマ化でヒット作を生み出した経験も豊富な脚本家さんになります。

こういった実力派の脚本家さんが4コマ漫画をベースとしてどんなドラマのストーリーを構築してくるのか非常に楽しみですね!

 

今回のドラマ『義母と娘のブルース』主演となる綾瀬はるかさんとは『世界の中心で、愛をさけぶ』や『白夜行』、『JIN-仁-』、『MR.BRAIN』と多くの作品でタッグを組んでヒット作品を連発していますので、ますます期待が高まりますね!

 

 

ドラマ『義母と娘のブルース』に期待!

 

漫画『義母と娘のブルース』が、TBSの2018年7月期のドラマとしてドラマ化されることがわかりました。

 

漫画『義母と娘のブルース』は4コマ漫画ということもあって、どのようにドラマとして仕上げてくるのかがかなり注目されます。

監督や脚本といったところが、4コマ漫画をどれだけ自然なドラマに作り上げてくるかがみどころとも言えそうです。

 

是非皆さんもドラマ『義母と娘のブルース』に注目してみてくださいね!

 

2018年夏ドラマの記事はこちらになります。良かったら見てみてくださいね。

漫画この世界の片隅にが実写で連続ドラマ化!主演キャストやあらすじは?

ドラマ限界団地(オトナの土ドラ)のキャストと原作は?主演の佐野四郎が恐い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー