2017年皐月賞の予想と枠順の傾向と分析は?ファンディーナは買い?

スポンサーズドリンク

2017年皐月賞!

 

2017年4月16日に中山競馬場で、G1・皐月賞(芝2000m)が行われます。

今日はこのG1・皐月賞の競馬予想をしていきたいと思います!

 

 

皐月賞の前に先週の回顧!

 

先週は桜花賞の予想をしましたが、残念ながらハズレとなってしまいました。

 

2017年桜花賞の予想!枠順と重馬場の傾向と分析は?

 

ソウルスターリングの3着への惨敗は意外でしたが、荒れ馬場だったことや3歳牝馬のレースということを考えれば3着までは想定内でした。

個人的にはそれよりもリスグラシューを高評価できなかったこと、レーヌミノルをおさえられなかったことが悔しいですね。3連複であれば当てられない馬券ではなかったと思います。

 

レーヌミノルは、G1・牝馬に強い池添騎手に乗り替わりで一発狙ってくることに警戒するべきでした。そしてアドマイヤミヤビ・ミスパンテールの惨敗も意外でした。

 

3歳牝馬はレベルが高いと言われていて、上位はかなり抜けていると見られていただけに桜花賞の結果でオークスは大混戦となってきましたね。

オークスは馬券的にも実力的にも、接戦になりそうですね!

 

 

2017年皐月賞の枠順は?

 

 

2017年皐月賞の枠順は以下のようになっています。

 

1枠1番 マイスタイル    57㎏    横山典

1枠2番 スワーヴリチャード 57㎏    四位

2枠3番 コマノインパルス  57㎏    江田照

2枠4番 カデナ       57㎏    福永

3枠5番 レイデオロ     57㎏    ルメール

3枠6番 アウトライアーズ  57㎏    田辺

4枠7番 ペルシアンナイト  57㎏    M・デムーロ

4枠8番 ファンディーナ   57㎏    岩田

5枠9番 プラチナヴォイス  57㎏    和田

5枠10番 ダンビュライト   57㎏    武豊

6枠11番 アルアイン     57㎏    松山

6枠12番 アメリカズカップ  57㎏    松若

7枠13番 サトノアレス    57㎏   戸崎圭

7枠14番 キングズラッシュ  57㎏    柴田善

7枠15番 アダムバローズ   57㎏    池添

8枠16番 クリンチャー    57㎏   藤岡佑

8枠17番 ウインブライト   57㎏   松岡

8枠18番 トラスト      57㎏   柴田大

 

 

 

 

 

2017年皐月賞の予想ポイントは?

 

まずは枠順と脚質ですね。

中山2000mということで、内枠の先行馬が有利!と思いますが、最近の皐月賞は外枠の差し馬も良く来ますので注意が必要ですね。スッと前に行ける馬は内枠の方がいいと思いますが、後ろから行く馬はむしろ外の方がいいのかもしれません。

ただ現在の4月9日の中山競馬場を見る限りは、かなり荒れて来ている印象もありますし、週末の天気も怪しいということもあり、後ろから行きすぎて外を回し過ぎると危ない印象もありますね。

トータル的に考えると枠でそこまで有利不利はないと考えます。ただ前に行くなら内、中団からなら外目が良いと思います。

 

続いてローテーションですね。

過去10年のデータになりますが、基本的には重賞からしか馬券になっていません。OP以下で馬券になるのはここ10年では若葉S(1-3-1-18)のみ。それ以外はいらないですね。

相性の良い前走は、弥生賞・スプリングS・共同通信杯の3レースになります。この3つで9‐7‐7‐81なので、ほとんどの馬券対象になります。

つまり上の4レース以外だと京成杯・きさらぎ賞で3着1回ずつしか出ておらず、他は来ていません。

あまり頭数がいないので未知数ではありますが、年明け初戦のレイデオロ・牝馬のフラワーカップから参戦のファンデーナは人気になりそうですが、かなり怪しいかもしれませんね。

 

 

スポンサーズドリンク

 

 

2017年皐月賞の有力出走馬の分析!

 

スワーヴリチャード・・・前走・共同通信杯1着。共同通信杯から皐月賞というローテーションがここ4年連続で勝ち馬を出してることもあり人気を集めそうですね!

前走・共同通信杯は完勝でしたし、過去4戦全てで上がり最速とポテンシャルは間違いなくあると思います。タイムもそれなりに優秀だったと思います。馬格もあるので、中山の坂にも対応可能だと思います。

ただこのスワーヴリチャードに関しては左回りの東京競馬場の方が向いていそうな雰囲気がありますし、ローテーション的にもダービーを意識していそうですね。共同通信杯で倒したメンツもパッとしませんし、ちょっと過大評価されているかもしれません。有力ではあるとは思いますが、軸や頭で買うのは難しそうですね。

 

ファンディーナ・・・前走・フラワーカップ1着。3戦3勝で全て上がり最速で圧勝。怪物かと噂される牝馬ですね。

個人的な見解では流石に皐月賞では厳しいと考えています。強いとは思いますが、既に年明け3戦していてこれが4走目。一線級の牝馬とも走っていないのに、いきなりの一線級の牡馬との戦いは厳しいと考えていいと思います。馬群に揉まれる様だとあっさり惨敗もありえるのではないでしょうか。

ただ馬格も牡馬よりあるくらいなので中山の坂も対応できますし、前目で競馬して上がりも優秀なので、今まで通り競馬が出来れば上位争いですね。軸には出来ませんが押さえは必要かもしれません。

 

 

カデナ・・・前走・弥生賞1着。ここまで5戦で全て上がり最速を叩き出していますし、重賞2勝(京都2歳S・弥生賞)もこの馬だけですね。実績からは文句なし1番人気になりそうな気もしますが、おそらく1番人気はなさそうですね。

人気がない理由として、弥生賞や京都2歳Sの勝ちタイムがあまりにも遅いため弥生賞自体のレベルが低いのではないかということや500万下のレースで牝馬のアドマイヤミヤビに完敗してることが挙げられそうですね。

ただこれはスローペースだったことが大きい様に感じます。ハイペースになった時に追走に苦労する可能性というのはあるのでそこは心配ですが、スローペースを中山競馬場で差し切れる末脚は評価できると思います。

戦績的に見ても弱い馬であるはずもないと思うので、軽視するのは危険かと思います。

 

レイデオロ・・・前走・ホープフルSで1着。3戦3勝の無敗馬になります。昨年末時点ではクラシック最有力候補と見られていましたが、調整遅れから休養明けでの皐月賞になりました。

ローテーション的には、休養明けでぶっつけ本番ということになるのでマイナスになると思います。仕上がり具合を判断するためにも、追い切りや馬体重等をチェックした方が良さそうですね。

ただ戦ってきた相手がステップレースで結果を残せていないのは、この馬の力を判断する上では気になるところですね。押さえで買うか、思い切って切ってしまうのもありかもしれませんね。

 

ペルシアンナイト・・・前走・アーリントンカップ1着。前走は3馬身差の圧勝でした。

前走・アーリントンカップから皐月賞で馬券圏内に来た馬はいませんし、1600mからの距離延長がポイントとなりそうですね。ただこの馬自身は1800mのレースも走っていますし、父・ハービンジャーなので、中山2000mであれば十分こなせる距離とコースだと思います。

データとしては怪しいですが、鞍上のデムーロ騎手込みで考えると面白い1頭になりそうですね。

 

 

ウインブライト・・・前走・スプリングSで1着。人気は5番人気でしたが、上がり最速での勝利でしたね。

スプリングSは有力なステップレースの1つなので、そこの勝ち馬というのは評価しなくてはいけないと思います。上がりもそれなりに使えますし、好位からの差しが出来るので堅実なタイプに見えますね。

ただ前走はマイナス12㎏という状態での勝利でしたので、その反動等がちょっと気になりますね。仕上がり具合の確認の為に追い切りや馬体重には注目です。

 

 

アウトライアーズ・・・前走・スプリングSで2着。前走はウインブライトに追いすがるも届かずでしたね。その前のひいらぎ賞ではウインブライトに勝っているため、残念な結果でしたね。

ウインブライトとこの馬の力差の判断が難しそうですが、前走休み明けで一叩きした分、個人的にはこちらの馬を上と考えています。

血統的に2000mがギリギリな気もしますが中山競馬場は向くと考えています。人気も無さそうなので、おさえておいて損はなさそうですね。

 

アルアイン・・・前走・毎日杯1着。前走はタイムも優秀でしたし、評判馬のサトノアーサーを抑えての勝ちなので、強かったのではないでしょうか。唯一負けたシンザン記念も不利があったモノなので、度外視してもいいのかもしれません。

ローテーションとしては、毎日杯からの相性はあまり良くないのが気掛かりですね。間隔もあまりないので、疲労面も気になるところです。

先行力はかなりあるので、前目のインで競馬をしていけば面白い存在かもしれませんね。

 

サトノアレス・・・前走スプリングSで4着。朝日杯FSの勝ち馬ではありますが、前走は4着と不発に終わりました。ただ前走は何がなんでも勝たなくてはいけないレースではなく、完全な叩き台だと思いますので、軽視し過ぎも危険かもしれません。

上がりは前走も最速ですし、それなりの位置に付けられれば勝機はありそう。人気もなさそうなので、戸崎騎手が気楽に乗れれば期待できそうな1頭です。

 

 

アダムバローズ・・・前走・若葉Sで1着。メンバー唯一の4勝馬ですが、重賞では全く勝負になっていないため人気はなさそうですね。

前目で競馬して粘り混むタイプなので、負けるときは大敗になるのかもしれません。実力的には足りないとは思いますが、皐月賞で穴をあけるのは若葉S組や逃げ馬だったりするので、この馬は大穴としてはかなり面白いかもしれませんね。

 

アメリカズカップ・・・前走・きさらぎ賞1着。前走は道悪の中、評判馬のサトノアーサーに完勝しました。

きさらぎ賞からのローテーションは、昨年サトノダイヤモンドが3着になりましたが、過去10年では1頭のみなのでちょっと不安な要素かもしれません。

週末の天気が悪そうなので、道悪になった時は注意した方が良いかもしれません。

 

 

この他はかなりの人気薄の馬になると思いますが、中山競馬場というコースや今回の混線模様を考えるとクリンチャー・マイスタイル・トラストといった逃げられそうな馬にも注目しておく必要はありそうです。

 

 

2017年皐月賞の買い目は?

 

それでは2017年皐月賞の最終予想と買い目の発表をしたいと思います。

 

2017年皐月賞は、かなり混線で正直10番人気くらいまでどの馬が勝っても驚けないと思います。そのくらい現時点での予想は難しいですね。

 

今回の軸馬はカデナにしたいと思います!

カデナはここまで全5戦で上がり最速、連対率も100%。そして唯一の重賞2勝で、弥生賞は1番人気で勝っています。例年であれば1番人気でも不思議じゃない成績ですが、今年は1番人気にはならなそうですね。

馬格が460㎏程度で小さめなので内で揉まれるとしんどいかもしれませんが、福永騎手がうまく捌いてくれると信じて本命にしたいと思います。

 

対抗となるのは、スワーヴリチャードです。

やはりここ数年相性のいい共同通信杯を完勝してきた馬なので、外すことはできませんね。

完全にローテーション的にも走りっぷりを見てもダービーで狙いたい馬ですが、ここでも十分通用しそうです。内で包まれて前が塞がれるということがなければ、確実に直線で伸びてくる馬だと思います。

 

続いてはアウトライアーズです。

この馬はウインブライトとの比較がちょっと難しいところでしたが、休養明け1度叩いた上積みを期待してこちらを上に取りました。

中山も向くと思いますし、6番と良い枠を引いたと思うので、田辺騎手の思いきった騎乗に注目したいですね!

 

そしてサトノアレスです。

前走はスプリングS4着でしたが、あきらかに叩き台といった感じでした。それでも上がり最速の脚を出したのは素晴らしいと思います。

今回はきっちり仕上げてくるでしょうし、人気もしなさそうなので戸崎騎手が鞍上なら思い切って乗ってくるかもしれません。外にうまく出して脚をしっかり使えれば勝ち負けだと考えます。

 

 

ここからはおさえとなる馬ですね。

まずウインブライトです。有力なステップレースの勝ち馬なので、当然無視はできませんね。力量はアウトライアーズと互角だと思いますので、仕上がり次第で十分勝負になると思います。皐月賞は意外と外枠からも好走することが多いので、外枠もマイナスにはならないと思います。

 

次にアルアイン。前走はサトノアーサーにも勝ちましたし、先行してのしぶとさはかなりのものだと思います。前目に行けるのも強みですし、馬格的にも荒れた馬場は大丈夫そうです。シンザン記念は不利があったため6着でしたが、普通に走れば3着以内には入ったと思います。ここでも前目でしぶとく走れば、差し馬を完封できるかもしれません。

 

最後にペルシアンナイト。アーリントンカップからの臨戦過程はプラスにはなりませんが、血統的にも中山は向くと思います。2000mがギリギリだと思いますが、鞍上のデムーロ騎手も込みで考えて、おさえたいと思います。

 

 

これらの馬を3連複フォーメーションで買いたいと思います。

 

1列目・・・カデナ。

2列目・・・スワーヴリチャード・アウトライアーズ・サトノアレス。

3列目・・・スワーヴリチャード・アウトライアーズ・サトノアレス・ウインブライト・アルアインペルシアンナイト。

 

以上の12点で勝負します。

 

 

本日の予想は以上になります。

皆さんの予想もコメント欄に書き込んでみてくださいね!

ご覧下さってありがとうございました!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー