清原逮捕で田代まさしテレビ出演!薬物依存の心理と現在を語る!

スポンサーズドリンク

清原容疑者逮捕!

 

清原容疑者逮捕の余波が続いていますね。どれだけ大きなニュースだったのかがよく分かります。

 

過去の清原逮捕関連記事はこちら!

清原容疑者と交際中の半同棲彼女はホステス?元カノや女性遍歴は?

フジテレビ清原に密着1200時間にある矛盾!球界復帰の可能性は?

 

そんな中である意外な人物に注目が集まっているようです。

それが『田代まさし』さん。

自身も2001年と2004年と2010年に覚醒剤所持・使用で逮捕されているため、今回の清原容疑者逮捕でふたたび注目されているようです。

今回は『田代まさし』の発言や現在について色々書いていきたいと思います。

 

田代まさしさんの基本情報!

田代 まさし(たしろ まさし)。本名は田代 政(たしろ まさし)。

1956年8月31日生まれ。佐賀県出身。

ニックネームはマーシー。

 

1980年(昭和55年)に鈴木雅之や桑野信義らとグループを結成。『シャネルズ』のメンバーとしてメジャーデビュー。デビューシングル『ランナウェイ』が110万枚のミリオンを達成。

その後高級ブランドのシャネルから『シャネルズ』という名前について抗議を受けたため、1983年(昭和58年)に『ラッツ&スター』に改名。

その後志村けんにそのお笑いセンスを見出され、タレントコメディアンとしても人気になる。

 

2000年9月に東急東横線都立大学駅で女性の下着を盗撮しようとしているところを警察が任意同行し事情聴取、東京都迷惑防止条例違反で書類送検される。

2001年12月に田代は近所の男性宅風呂を覗いたとして、軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕。さらに自宅から覚醒剤が発見され、覚醒剤取締法違反容疑で12月に再逮捕。

2004年6月16日の深夜に杉並区運転中に『Uターン禁止』の場所でUターンしてバイクに乗った男子学生に衝突して大ケガをさせる。業務上過失傷害と道路交通法違反容疑で書類送検。

2004年9月に中野の路上で駐車中に覚醒剤及び刃渡り8cmのナイフを所持していたとして、銃刀法違反と覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕。

2010年9月に横浜の赤レンガパークの駐車場で警察官に職務質問を受けた際、コカインをポリ袋に入れて所持しており、麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で現行犯逮捕。自宅に覚醒剤、コカイン、大麻を隠し持っていたとして、2010年10月に覚せい剤取締法違反の容疑で再逮捕。

 

人気タレントとして順調だった1990年代ですが、2000年以降は犯罪の連続ですね。逮捕が5回、懲役刑も2回受けています。

まさに天国から地です。ただこれは自業自得ですよね。

 

田代まさしさんは現在・・・

2015年2月には民間の薬物依存リハビリ施設『ダルク』のプログラムを受けていることをブログで報告しています。

現在はこの薬物依存リハビリ施設の『ダルク』のスタッフとして、社会活動や薬物依存の恐ろしさを伝える公演等を行っています。

 

自らまだ薬物依存からの更正の途中と言っており、薬物依存から抜け出すには至っていない。

芸能活動においては難しいという見解にあるが、自らの原点である『ラッツ&スター』には復帰したい気持ちが強いようです。

 

清原容疑者や薬物依存について!

田代まさしさんは清原容疑者の逮捕を受け、2016年2月にNHKのニュース番組や民放テレビの報道番組に出演し、薬物依存の恐ろしさや薬物使用者の心理状態を赤裸々に語っている。

自身も薬物依存症に陥っているだけに、リアルな考えや心理状態を語っていて、改めて薬物からの更正の難しさを感じる内容になっている。

 

田代さんが語る薬物依存時の心理状態とは?

テレビ番組で田代まさしは薬物依存症の人間の心理状態をかなり的確に語っていました。

 

まず現在清原容疑者は覚醒剤の入手ルートについて『話すつもりはない』と黙秘を続けているが、これについて田代まさしさんは『入手ルートは絶対に言わない。出所した時に売ってもらえなくなるから。』と話している。

 

この発言にはちょっと驚きました。普通の人の考えだと『知り合いを警察に売れない。』とか『後々に仕返しされるのが怖い』なんて考えそうなんですけどね。

 

さらに薬物依存は意志の強さとは関係ない。薬物依存とは病気だ。とコメントしている。それほどまでに薬物依存から抜け出すのは、一人の意思ではどうしようもないと自らの体験を元に語っています。

 

清原容疑者に対しては、かなりの常習者と指摘しています。普通は家の中でも、薬や注射器等は見つからないように隠しておく。ところが逮捕時に清原容疑者の部屋には、薬や注射器は机等の上に置かれたままだった。これについて、田代まさしさんは『最初は隠しておくが、常習性が高くなると見つかるリスクよりもすぐにでも薬を射てるようわかりやすい場所に置くようになる。彼もそういう状態。』という様な内容のコメントをしている。

 

実に説得力のある説明だと思います。

田代さんがした罪は許されないとこですが、その体験を生かしてできることがなにかしらあるはずです。

 

今回の出演で、田代さんの呂律がおかしくまだ薬物をやっているのでは?という疑惑がネットでも囁かれていますが、『ダルク』という施設に入所しているようなのでそこは大丈夫でしょう。

逆に1度薬に手を出すと、薬を断ち切っていたとしても禁断症状や後遺症で、手足が震えてり呂律がおかしくなったりということがある。という例が田代さんなのかもしれません。

 

今後薬物依存リハビリ施設の『ダルク』で、薬物依存症の方の為に頑張りたいと話していますし、芸能人専用の『ダルク』の施設を作りたいという目標もあるようです。

 

是非目標の元頑張って、自ら薬物依存から抜け出したといういい手本になり、薬物依存症で苦しんでいる人達を救ってほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー