ヒアリの特徴と危険性は?毒針で刺された時の対策・対処は?

スポンサーズドリンク

ヒアリが日本で発見される!

 

強力な毒を持つ『ヒアリ』が、日本各地の港で発見されて話題になっていますね。

 

今日はこの毒蟻・ヒアリの特徴や刺された時の対処方等を調べてみたいと思います。

 

 

 

ヒアリの基本情報!

 

ヒアリは主に南米中部に生息している蟻になりますが、現在ではアメリカやフィリピン、マレーシア、ニュージーランド等でも生息が確認されています。

特に近年ではアジア圏内で生息が多く確認されており、日本への侵入も危険視されていました。

 

体長は2.5~6mm程の大きさになり、個体によって比較的大きさにバラツキがある様ですね。

体の色は赤茶色(赤褐色)になります。

 

主に昼間に行動をして、夜間帯はほとんど行動しません。

 

そしてなんと言ってもこのヒアリの特徴はお尻にある毒針になります。ヒアリは殺人蟻と呼ばれる程危険な毒を持っています。

 

 

ヒアリの毒はどのくらい危険?

 

ヒアリは世界の侵略的外来種ワースト100選定種に選ばれている程の危険な生物として知られていて、日本でも特定外来生物にも指定されている。

 

よってこのヒアリが日本に侵入し、繁殖すると人間に対して様々な被害を及ぼすと考えられます。

 

そしてヒアリの最大の怖さは上でも書いた通り、非常に強い毒を持っているところになると思います。

ヒアリは別名『殺人蟻』とも呼ばれいて、実際にアメリカでは年間100人以上も死者を出したこともあると言われている様です。

 

このヒアリに刺された場合は以下のような症状が出ると言われているようです。

 

  • 軽度の症状・・・軽い痛み・かゆみ。
  • 中度の症状・・・蕁麻疹や強い痛み・かゆみ。
  • 重度の症状・・・刺されてから数分から数十分で息苦しさ、声枯れ、めまい、激しい動悸。そのまま放置した場合意識を失うこともある。

 

軽度や中度の症状であれば重症には至りませんが、重度の症状の場合は、即時型のアレルギー反応のアナフィラキシーショックである場合もあるため、放置すると死の危険性が考えられますね。

 

よってヒアリに刺されるのはとても危険ということがわかりますね。

 

ちなみにヒアリは漢字では『火蟻』と書き、海外でも『fire aunt』と呼ばれています。

その由来は、ヒアリに刺されると火傷をしたかの様に激しい痛みに襲われることから来ているそうです。とても恐ろしい名前の由来ですよね。

 

 

スポンサーズドリンク

 

 

ヒアリに刺された場合はどうすればいい?

 

恐ろしい毒を持っているヒアリですが既に日本各地で発見されており、日本にいてもいつ刺されても不思議ではない状況とも言えますよね。

 

そこでもしヒアリに刺された場合はどのように対応すれば良いのかを調べてみました。

 

もしヒアリに刺された場合は、安静にして体調に変化がないか注意深く観察してください。この時、もし1人でいるようならすぐに誰かに近くにいてもらう方が良いと思います。重度の症状が出た時に身動きが取れなくなったり、意識を失う可能性もあるので、1人でいるのは大変危険です。

 

もし重度の症状が見られる時には、至急一番近くの病院に行き、『ヒアリに刺された可能性があること』、そして『アナフィラキシーショックの可能性』を病院の人に伝えると速やかな処置が行えると思われますね。

 

また事前の対策として、アナフィラキシーショックが起こる危険性のある方は、前もって医師と相談の上、アドレナリン自己注射薬エピペンを用意しておくことが有効かもしれません。また中度までの症状では、抗ヒスタミン剤の内服薬も有効とされているので、心配な方は合わせて覚えておくと良いかもしれません。

 

 

ヒアリには最大の注意を!

 

2017年7月7日現在では日本で確認されたヒアリは港近郊に限られています。

 

しかしながら今後はどんどん生息地域を拡大していく可能性はかなり高いと思われます。

残念ながらヒアリの日本上陸を防ぐのはかなり困難なのではないでしょうか。

 

となるとヒアリには近付かないというのが重度になってくると思われます。

ヒアリの特徴は赤褐色の色が第一に挙げられますので、赤や茶色の蟻には近付かない・触らないというのが一番のポイントになりそうですね!

 

またそういった知識のない小さなお子さんが知らずに触ってしまうというのは十分に考えられますので、小さなお子さんがいる家庭ではそういったことをお子さんに教えていくこと、そしてしっかりと見守ってあげることが必要になってくると思いますね!

 

是非皆さんも注意してみてくださいね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー