なでしこ次期監督は誰?後任有力候補者を調べてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサーズドリンク

リオオリンピックアジア予選敗退!

 

リオデジャネイロオリンピック出場権をかけてアジア予選に出場したなでしこジャパンですが、残念ながら予選での敗退が決定しました。

 

3年後のフランスW杯や4年後の東京オリンピックに向けて、早期に体制を整えなくてはいけませんね。

 

今日はなでしこジャパンの次期監督の有力候補者をまとめてみました!

 

候補者その1 高倉麻子さん!

まずは候補者の中で大本命。報道ではほぼ確定の声もあるのが、現在なでしこJAPANの下のカテゴリーであるU20女子日本代表を指揮している高倉麻子さんになります。

 

現役時代の通算成績はLリーグ(現:なでしこリーグ)で MVPを2度受賞、リーグ通算226試合出場44得点。女子日本代表として、国際Aマッチ79試合出場、29得点。

 

あのレジェンド澤穂希さんをして雲の上の存在だったと言わしめる女子サッカー界の大物です。

 

指導者としても2012年、2013年にはアジアサッカー連盟がから『アジア年間最優秀コーチ(女子の部)』を受賞。

2014 FIFA U-17女子ワールドカップではグループリーグ、決勝トーナメントを無敗で勝ち上がり、U-17女子ワールドカップ初優勝を果たしています。

 

まさに指導者としても超一流の経歴を持っていて、なでしこジャパンの監督として申し分ないと思います。

 

教え子達が今U20にいるので4年の東京オリンピックの時に24歳くらいになります。まさに主力としてちょうど良い時期に入ってきますね!そうなると東京オリンピックもかなり期待できそうですね。

 

高倉麻子さんの記事はこちら!

高倉麻子なでしこ次期監督へ!夫や経歴についても!

 

候補者その2 本田美登里さん!

女性指導者という意味では、本田美登里さんも候補にいれないわけにはいけませんね。

女性指導者のパイオニア的な存在ですね。

2007年に女性として初めて日本サッカー協会公認S級コーチの資格を取得しました。

 

2001年から2011年までなでしこリーグの強豪である岡山湯郷Belleの初代監督を務め、宮間あやや福元美穂などの現在のなでしこジャパンの有力選手を育成した実積もあります。

 

現在は日本女子サッカーリーグ・AC長野パルセイロレディース監督を務めています。

 

有力候補その3 半田悦子さん!

 

現役時代はFWとして日本女子代表に選出され、1989年アジア女子選手権のインドネシア戦での初得点をあげて1-0とし、同時に日本女子代表の初勝利へ貢献した。

女子日本代表通算75試合出場19得点。

 

2011年にJFA 公認S級コーチライセンスを取得。

現在は女子高校サッカー界の強豪である常葉学園橘高校女子サッカー部の監督を務めている。

 

有力候補者その4 星川敬さん!

男性指導者だとするとこの方も候補に挙げたいところですね。

2009年からなでしこリーグの日テレ・ベレーザの監督を務め、2010年からはINAC神戸レオネッサの監督に就任。

2012年にINAC神戸レオネッサの監督を退任。

この4年間でなでしこリーグ3回制覇。皇后杯は4回優勝と凄まじい成績を残しています。

 

2013年はイングランド女子1部リーグに所属するチェルシーLFCでコーチを務め、海外での経験を積んでいます。

現在はポーランドのコンコルディアエルブロングというチームの監督として活躍しているようです。

 

ご本人は女子サッカーにやり残したことはないと言っているので可能性は低いですが、実積を考えると十分候補にはなりそうですね。

 

おそらく高倉麻子さんで決まりか?

報道では高倉麻子さんが後任監督という可能性が濃厚みたいですね。

 

そうなると初の女性監督の誕生になりますね。

どうせなら高倉麻子監督にコーチが本田美登里さんや半田悦子さん、もしくは澤穂希さんを抜擢してもらってオール女性チームというのもありかもしれませんね。

 

いずれにしてもみなさん一流の実積を持っているのでどなたが監督になっても楽しみになりそうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー