2018年安田記念の予想!有利な枠や狙える騎手は?予想オッズも

この記事は8分で読めます

スポンサーズドリンク

2018年安田記念!

 

2018年6月3日に東京競馬場で、G1・安田記念(芝1600m)が行われます。

 

今日はこのG1・安田記念の競馬予想をしていきたいと思います!

 

2018年安田記念の枠順は?

 

2018年安田記念の枠順は以下のように決まりました。

 

1-1 スワーヴリチャード  58 M.デムーロ
1-2 サトノアレス     58 蛯名正義
2-3 ダッシングブレイズ  58 北村宏司
2-4 アエロリット     56 戸崎圭太
3-5 ペルシアンナイト   58 川田将雅
3-6 レーヌミノル     56 和田竜二
4-7 ウエスタンエクスプレス58 クリッパートン
4-8 キャンベルジュニア  58 石橋脩
5-9 レッドファルクス   58 田辺裕信
5-10 モズアスコット   58 ルメール
6-11 リアルスティール  58 岩田康誠
6-12 ヒーズインラブ   58 藤岡康太
7-13 ブラックムーン   58 秋山真一郎
7-14 リスグラシュー   56 武豊
8-15 サングレーザー   58 福永祐一
8-16 ウインガニオン   58 津村明秀

 

スワーヴリチャードは最内になりましたね。これはあまり良くない枠に入ったと思いますね。内で包まれて直線もごちゃつくと何も出来ずに終わってしまう可能性もあるかもしれませんね。

 

逆にアエロリットは絶好の枠に入ったのではないでしょうか。この枠からなら先手をすんなりとれそうですし、同じ前で競馬しそうなウインガニオンが大外というのもアエロリットにはプラスになりそうです。

 

中団あたりで競馬したいペルシアンナイトやリアルスティールはなかなか良い枠に入った様に感じますね。

ペルシアンナイトはこの枠であればそれなりに前に出して行って好位につけられると非常に面白そうですね。

 

リスグラシューやサングレーザーはかなり外目に入ったので、2頭とも良い末脚が使える馬なのでそこまでマイナスではないと思いますがリスグラシューは前走も外枠からのレースでレース後に武騎手が『大外が厳しかった』といったコメントをしていたので、今回もちょっと厳しいかもしれませんね。

 

 

2018年安田記念の予想ポイントは?

 

まず過去10年の枠順別の傾向は以下の様になっています。

1枠(0-2-1-16)
2枠(2-1-3-13)
3枠(2-1-1-15)
4枠(0-0-1-18)
5枠(3-1-0-16)
6枠(0-2-2-16)
7枠(2-1-1-23)
8枠(1-2-1-25)

特に枠によって大きく有利不利が出る感じではなさそうですね。

セオリー通り前に行きたい馬は内枠、後ろからの馬は外枠に入れば良さそうですね。

 

次に過去10年の脚質別データがこちらです。

逃げ(1-1-0-8)
先行(3-2-2-28)
差し(5-5-2-66)
追込(1-2-6-40)

ここも大きく特徴はないと思います。東京コースなので差し馬が有利だと思いますね。

ただ追い込む馬は馬場状態が良かったり、ペースがハマらないとなかなか差し届かないという印象もありますね。

 

続いてローテーションや臨戦過程ですね。

京王杯SC   (2-3-2-32)
ヴィクトリアM(2-0-0-12)
ダービー卿CT (2-0-0-4)
高松宮記念  (1-0-0-5)
NHKマイルC  (1-0-0-2)
マイラーズC (0-1-7-34)
大阪杯    (0-2-1-6)(G2時代も含めてます。)
海外     (1-2-0-20)
OP特別    (1-0-0-13)
1600万下   (0-0-0-1)

かなり色々な路線からの参戦がありますし、一概にどこのローテーションが強いとは言えなそうです。

意外なのはマイラーズカップ組の成績が奮わないことですね。

 

次は前走の着順になります。

1着  (5-2-1-33)
2着  (2-4-0-24)
3着  (1-1-4-17)
4着  (1-0-1-18)
5着  (0-0-2-11)
6~9着(1-3-1-16)
10着以下(0-0-1-23)

前走1着や2着の馬の成績が良さそうですね。6~9着くらいからの巻き返しもないわけではありませんが、やはり基本的には前走の成績が良い馬を狙った方が良さそうですね。

 

1.0秒以上の負け(0-0-0-21)

上で巻き返しがないわけではないと書きましたが、前走で1秒以上離されて負けている馬は巻き返しは困難と思って良さそうですね。

 

次は前走の人気別の着順になります。

1番人気 (5-1-2-29)
2番人気 (1-3-2-12)
3番人気 (0-0-2-18)
4番人気 (2-1-1-6)
5番人気 (0-1-1-17)
6~9人 (1-2-2-24)
10人気以下(0-0-0-16)

ここも前走で人気を背負っていた馬の成績が良さそうですね。10番人気以下だった馬はほぼ用なしと言えそうです。

 

スポンサーズドリンク

 

2018年安田記念の有力出走馬と騎手の分析!

 

スワーヴリチャード・・・前走大阪杯1着。前走は早めのマクリで非常に強い競馬でしたね。右回りが苦手と言われていましたが、完勝でしたね。

今回は距離を短縮して1600mの安田記念に出走してきます。普通に考えると宝塚記念に行きそうな気もしますが、なぜ安田記念に出走してきたのかがポイントの1つになりそうですね。理由は2つあると思います。1つは左回りが良かったから。宝塚記念は右回り、安田記念は左回りになっています。この馬は左回りが得意と言われていますから、安田記念を選んだ可能性がありますね。もう1つは種牡馬としての価値を高めるための挑戦。やはりマイルと2000m、そして2400とでは求められる能力が違ってきますので、異なる能力が必要なレースを制することで種牡馬としての価値を高めたいという意識があるのかもしれませんね。

1600m戦はデビューして初めてなのでかなり厳しい戦いになりそうですね。マイルの流れは当然2000m戦に比べて早くあるので、追走でスタミナを消費してしまったり、追走できずに後方からになってしまいそです。となるといくら最後の直線が長くても良い脚が使えなかったり、届かないという可能性も大いにありそうです。能力的には十分通用しそうですが、マイル初挑戦でいきなりG1で勝つというのは難しい気がしますね。

騎手はデムーロ騎手になります。G1では頼りになる騎手ではありますが、今年はまだ大阪杯1着とNHKマイルC2着しか馬券に絡んでいないので去年程の勢いはないのかもしれませんね。

 

ペルシアンナイト・・・前走大阪杯2着。前々走の中山記念で惨敗していたので、前走の大阪杯では人気があまりありませんでしたが上がり最速の脚で2着と力があるところは見せてくれました。この馬は2000mよりマイルの方が向いていると思いますし、今回の安田記念ではスワーヴリチャードを逆転するところまであるかもしれませんね。

心配なのは騎手ですね。川田騎手はトップジョッキーの1人ではありますが差し・追い込みだと届かないイメージが強いですね。これも心配ですがそもそも川田騎手に乗り代わりになった経緯が気になります。前走でデムーロ騎手がスワーヴリチャードに騎乗するためにこの馬には福永騎手が騎乗し2着に好走しました。今回はその福永騎手はサングレーザーに騎乗予定になっています。となるとデムーロ騎手と福永騎手2人に振られてしまった形になりますね。色々な経緯があると思うので一概には言えませんが、ここはちょっと気になりますね。

 

サングレーザー・・・前走マイラーズカップ1着。昨年秋冬にスワンS1着、マイルチャンピオンシップ3着、阪神カップ3着と素晴らしい成績を残していますね。そして前走マイラーズカップではレコードとなる高速決着を制して1着。マイル路線ではトップクラスの成績を残しています。今回も高速馬場になりそうなので、この馬がに向きそうな馬場状態になるかもしれませんね。

ただ初の東京コースや新馬戦以来の左回りがやや不安ですね。合わせて不安なのがマイラーズカップ組の成績が悪いことですね。(0-1-7-34)と勝ち馬が出ていませんし、2着も1頭と不思議な程相性が悪いですね。レコード決着だった反動も気になるところです。

騎手は悲願のダービー制覇を果たした福永騎手。前走も素晴らしい競馬をしていましたし、勢いに乗って2週連続G1制覇もあるかもしれませんね。

 

リスグラシュー・・・前走ヴィクトリアマイル2着。前走はあと一歩のところで悲願のG1制覇を逃してしまいました。詰めの甘さが目立つ結果となってしまいましたね。3走前に東京新聞杯で牡馬相手に1着してるのはかなり良いですね。東京コースは得意としていますので、スタートさえしっかり出ればここでも勝負にはなると思われます。

ここが今年4走目ということで上積みは望みにくいかもしれません。おそらく前走のヴィクトリアマイルが目標だったと思われますので、ここにどれだけ余力があるか注目です。

鞍上は武騎手ですね。多くのレースでコンビを組んでますから心配はいらないと思いますね。この馬はスタートが良くないので、枠入れ順もポイントかもしれませんね。

 

リアルスティール・・・前走ドバイターフ3着。昨年毎日王冠1着、天皇賞秋4着。1800mや2000mでの実績はかなりありますが、一昨年に安田記念で11着と1600mでの実績がありませんね。ただ東京コースでは天皇賞秋2着と4着、毎日王冠1着等の実績があるので得意なコースだと思います。

6歳になりましたが、まだ16戦しか走っていませんしまだ衰えは感じませんね。詰めが甘いタイプなので2、3着という可能性も否定できませんが、状態が万全ならここでも勝負になると思いますので調教には注目したいです。

鞍上は初コンビとなる岩田騎手。岩田騎手自体にはそこまで不安はないですが、やはりG1での初コンビというのはちょっとマイナスな気がしますね。

 

アエロリット・・・前走・ヴィクトリアマイル4着。前走は稍重の馬場が向かなかったことや落鉄していたという情報もあるので、4着というのもまずまずの結果だったと思われますね。昨年のNHKマイルカップの時計はかなり優秀でしたし、今の高速馬場には向いていると思いますね。中山記念でも積極的に前に行って、粘り込んでの2着。ここでも思い切って前に出ると面白そうですね。

騎手は前走に引き続き戸崎騎手。皐月賞やダービーではエポカドーロとともに前に行って結果を出しているので、この馬でも積極的に前に行ければチャンスはあるかもしれませんね。

 

サトノアレス・・・前走・京王杯スプリングカップ3着。東京新聞杯2着、京王杯スプリングカップ3着と東京コースで堅実に走っているのは良さそうですね。2歳時に朝日杯FSを勝っているので、マイルの舞台はベストだと思われますね。

ここ3走とも勝ち切れていないのは心配ですが、毎回かなり良い脚で伸びてきているので展開次第では突き抜けてもおかしくないかもしれませんね。

鞍上はベテランの蛯名騎手。ここのところ成績は落ちていますが、経験豊富なので一発あってもなんら不思議はありません。前走後のコメントでも安田記念に繋がる走りができたと言っていただけにかなり期待して良さそうですね。

 

レッドファルクス・・・前走・高松宮記念8着。前走はやや後方からの競馬になってしまった上に前が空かずにやや不完全燃焼な競馬でしたね。前走と前々走は最後はなかなか良い脚で伸びていましたが、追走で苦労してかなり後方からの競馬になっていました。今回は1600mなので追走に苦労することはないと思いますが、その分距離は伸びるので最後に脚が鈍る可能性もありそうですね。

既に7歳という年齢になっていますし、上積みは望みにくいと思いますが、去年の3着馬ということで注意は必要ですね。

鞍上は田辺騎手。昨年と一昨年はロゴタイプとともに激走しているだけにちょっと恐い存在ですね。

 

キャンベルジュニア・・・前走・京王杯スプリングカップ2着。ダービー卿CTと京王杯スプリングカップ連続で2着となってここに望んで来ます。この2戦はどちらも高速決着だったので、今の高速馬場に向いている馬なのかもしれませんね。

ただ今のところ重賞勝ちもありませんし、やはり格で1枚劣る気がしますね。

鞍上はダービーで3着に来て波乱を演出した石橋騎手。ここのところ勢いのある騎手の1人なので注意したいです。

 

モズアスコット・・・前走・安土城S2着。阪神カップ4着や阪急杯2着、マイラーズカップ2着と力があるのはわかりますね。前走は勝利が絶対条件だったはずの中で2着とやや詰めの甘いところが見えますね。

今回は連闘になりますので、ちょっと買いにくいところではありますし、東京1600mはちょっと長い気がしますね。ただ能力や素質はここに入っても見劣りしないと思うので、かなり面白い存在かもしれませんね。

鞍上はムーンクエイクが回避したことでルメール騎手になりそうです。トップジョッキーですし、馬も力はあるので非常に危険な存在になるかもしれませんね。

 

ウインガニオン・・・前走・京王杯スプリングカップ7着。この馬は毎年暑くなってくると調子を上げてくる馬ですね。昨年も一昨年も3連勝、3年前も2連勝していることからも明らかですね。さらに左回りが得意という特徴もありますね。となると今回の条件はピッタリなので気になるところではありますね。前で競馬するのがこの馬のスタイルなので、逃げ先行が少なそうな今回は楽に前に行けそうなのもいいですね。

ただやはりローカルのG3を1勝しただけですし、昨年のマイルチャンピオンシップでも17着とさすがに1枚足らない印象が強いですね。

騎手は津村騎手。ウインガニオンとのコンビは長いので心配ありませんが、やはりG1で積極的に買える騎手とはいえませんね。

 

ウエスタンエクスプレス・・・前走・チャンピオンマイル2着。香港の馬になりますね。前走はチャンピオンマイル2着、昨年末の香港マイルでも2着とそれなりに力があるのは間違いないと思いますが、まだ重賞すら勝っていないのでここでいきなり勝てるかと言われると疑問ですね。しかも安田記念が今年6走目になるので上積みも期待できそうもないですね。

ただ香港馬は日本の馬場に対応できることも多いですし、過去に穴をあけたこともあるのでヒモには買ってもいい馬かもしれませんね。

クリッパートン騎手騎乗予定ですが、主に香港で活動している騎手で、これが日本競馬初騎乗。まだ若手の騎手なので、いきなり勝てるかは難しそうですね。

 

 

2018年安田記念の予想オッズは?!

 

週初め段階での安田記念の予想オッズはこちらになっています。

  1. スワーヴリチャード 2.6
  2. ペルシアンナイト 4.4
  3. サングレーザー 4.8
  4. リスグラシュー 6.8
  5. リアルスティール 12.1
  6. アエロリット 12.9
  7. サトノアレス 14.0
  8. レッドファルクス 16.6
  9. キャンベルジュニア 42.5
  10. モズアスコット 50.4
  11. ウインガニオン 92.3
  12. ウエスタンエクスプレス 92.7
  13. ヒーズインラブ 96.8

 

最終的なオッズはどうなるかわかりませんが、週始めと最終オッズを比べることでなにか見えてくることもあるかもしれませんね!

 

 

2018年安田記念の買い目は?

 

それでは2018年安田記念の最終予想と買い目の発表をしたいと思います。

 

今回はスワーヴリチャードを軽視するスタイルで行ってみたいと思います。やはりマイルの流れにいきなり対応するのは難しいと見ます。

 

そこで今回の本命はサトノアレスになります。

前走は1400mのレースをしていますので、早い流れにも対応できそうです。ただあくまでもベストはマイルだと思うので今回の距離延長はプラスかと思います。上がりの脚はメンバートップレベルですし、好位からうまく捌ければ頭までありそうですね。

 

次に先行馬が有利になると見てアエロリット。

マイルで強いところを見せたらサングレーザー。

リピーターとして気になるレッドファルクス。

ここでは力上位のペルシアンナイト。

連闘までしてここに望むちょっと不気味なモズアスコット。

 

ここを3連複で買ってみたいと思います。

 

以上が2018年の安田記念の予想になります。

良かったら参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー