2016年日本ダービー予想!本命と穴馬は?データとジンクスとは

スポンサーズドリンク

2016年日本ダービー!

 

2016年5月29日に、競馬の祭典『日本ダービー』が東京競馬場で開催されます!

今年はハイレベルと言われているのでとても楽しみです。

 

今日は、『日本ダービー』を様々な角度で検証して、個人的な予想をしていきたいと思います。

 

 

2016年日本ダービー出走馬は?

 

1-1 ディーマジェスティ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
1-2 マイネルハニー(牡3、柴田大知・栗田博憲)
2-3 マカヒキ(牡3、川田将雅・友道康夫)
2-4 レインボーライン(牡3、福永祐一・浅見秀一)
3-5 エアスピネル(牡3、武豊・笹田和秀)
3-6 アグネスフォルテ(牡3、松山弘平・長浜博之)
4-7 ロードクエスト(牡3、岩田康誠・小島茂之)
4-8 サトノダイヤモンド(牡3、C.ルメール・池江泰寿)
5-9 マウントロブソン(牡3、T.ベリー・堀宣行)
5-10 スマートオーディン(牡3、戸崎圭太・松田国英)
6-11 アジュールローズ(牡3、H.ボウマン・古賀慎明)
6-12 リオンディーズ(牡3、M.デムーロ・角居勝彦)
7-13 レッドエルディスト(牡3、四位洋文・笹田和秀)
7-14 ヴァンキッシュラン(牡3、内田博幸・角居勝彦)
7-15 イモータル(牡3、石川裕紀人・須貝尚介)
8-16 ブレイブスマッシュ(牡3、横山典弘・小笠倫弘)
8-17 プロフェット(牡3、浜中俊・池江泰寿)
8-18 プロディガルサン(牡3、田辺裕信・国枝栄)

 

2016年の日本ダービーの出走馬と枠順は上記の様になっていますね!

 

比較的人気の馬は内枠に入ったような印象がありますね。

 

 

ダービーの枠順の有利不利!

この日本ダービーでは枠順が非常に重要と言われていますので、そのデータを紹介したいと思います。

1番 (4-2-0-4)
2番 (2-0-0-8)
3番 (1-0-3-6)
4番 (0-0-0-10)
5番 (1-0-0-9)
6番 (0-1-0-9)
7番 (0-1-2-6)
8番 (0-1-0-9)
9番 (0-1-0-9)
10番(1-0-1-8)
11番(0-1-1-8)
12番(0-1-0-9)
13番(0-1-0-9)
14番(1-0-2-7)
15番(0-0-1-9)
16番(0-1-0-9)
17番(0-0-0-10)
18番(0-0-0-9)

 

馬番別の成績が、上記の様になっています。

 

明らかに内側の成績がいいですよね!

日本ダービーは内の馬場が良いという話があるので、内側で最短距離を馬場の良いところを走れるのがいいみたいですね。

内枠に入った有力馬、ディーマジェスティ・マカヒキあたりにはいいデータですよね!

 

人気馬の成績は?

日本ダービーの人気別の成績は以下のようになっています。

1番人気 (5-1-1-3)
2番人気 (1-0-0-9)
3番人気 (3-1-1-5)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-4-0-6)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (1-0-5-24)
10人以下(0-3-1-84)

 

2番人気が不調ですが、勝馬は基本的に1~3番人気に集中してますね。

ただし2・3着には比較的穴馬も突っ込んできていますので、本命馬から手広く流すといった買い方が良さそうですね。

 

各馬の個人的な意見!

年に1度の競馬の祭典なので、全馬コメントしてみたいと思います!

 

ディーマジェスティ・・・皐月賞の勝馬。有利な内枠に入ったことでかなり人気になりそうですね。上がりも34秒くらいの脚を使えますし、血統的にも距離は問題ないので2冠は有力かもしれません!

 

マイネルハニー・・・スプリングS2着馬。内枠の逃げ馬ということで超穴馬としてはありかもしれませんが、重賞勝ちもないので個人的にはないと思います。

 

マカヒキ・・・弥生賞勝ち。皐月賞2着。ここまで4戦してすべて上がり3ハロンが1位です。強烈な末脚はダービー向きだと思いますが、距離不安ときょくたんな追い込み脚質がちょっと気になりますね。この馬の評価は難しいところですね。

 

レインボーライン・・・人気薄でNHKマイル3着。アーリントンカップ勝ちがありますが、1800以上の重賞に実績がないためかなり厳しいと思いますね。ただネットでは、超穴馬としてヒモに押している人もけっこういるみたいですね。

 

エアスピネル・・・デイリー杯2歳S勝ち。皐月賞4着。堅実に走る反面勝ちきれない印象。キレる脚はありませんが前につけられる強みはあるので、好勝負は十分可能だと思います。鞍上の武豊騎手が絶好調なので、思いきって前に行った場合は面白いかもしれません。

 

アグネスフォルテ・・・京都新聞杯2着。前につけられる強みはありますが、1勝馬ですし、ここでは通用しないと思います。

 

ロードクエスト・・・NHKマイル2着。皐月賞は惨敗したものの、NHKマイルでは最速の上がりで2着。距離不安の声がありますが、個人的には典型的なサウスポーではないかと考えています。キレる脚がありますし、2、3着には来てもおかしくないかもしれません。

 

サトノダイヤモンド・・・きさらぎ賞勝ち。皐月賞3着。そこそこの位置に付けられてそこの脚を使えるので、大敗はなさそうですね。馬券内には入る可能性が高い気がします。

 

マウントロブソン・・・スプリングS勝ち。皐月賞では6着ながら、ハイペースの中で粘った競馬はなかなか見所があったと思います。があまりキレる脚もないので、さすがに厳しい気がします。

 

スマートオーディン・・・京都新聞杯勝ち馬。メンバー唯一の4勝馬であり、重賞3勝馬。実績ではナンバー1です。キレる脚もありますし、一気に勝ちきってもおかしくないと思います。気になるのは血統から来る距離不安ですね。

 

アジュールローズ・・・プリンシパルS勝ち。前につけられるのは強みですが、ここが重賞初挑戦。ちょっと難しいと思います。

 

リオンディーズ・・・朝日杯勝ち。皐月賞5着。気性面に心配がありますが、ポテンシャルはナンバー1だと思います。デムーロ騎手の騎乗にかかってくると思いますが、ちょっと軸にはしにくいかもしれません。

 

レッドエルディスト・・・青葉賞2着。鋭い差し脚があるので、面白い1頭だと思います。しかしさすがにここでは厳しいのかなと思います。

 

ヴァンキッシュラン・・・青葉賞勝ち。2400メートルを実質3連勝。青葉賞を史上2位の好タイムで制覇。前につけられる器用さもあるので、有力な1頭だと思います。

 

イモータル・・・共同通信杯2着。NHKマイルでは惨敗でしたし、能力的にも厳しいと思います。気性面でも心配が残ります。

 

ブレイブスマッシュ・・・長い距離もあまり使っていませんし、近走は惨敗続きなので厳しいと思います。

 

プロフィット・・・京成杯勝ち。皐月賞では11着。ここもちょっと能力が足りないかと思います。

 

プロディガルサン・・・東スポ杯2着。長期休養明けで、青葉賞4着は評価できますが、さすがにここは厳しいと思います。大外というのも気がかりですね。

 

日本ダービーのジンクス!

混線模様ということで、色々迷ってしまいますよね。

 

そこでジンクスを1つ。

1月生まれの馬は、ダービーでは過去30年以上勝っていないようです。

とは言え、今まではあまり頭数がいなかったんですがね。

 

今年はマカヒキ・リオンディーズ・サトノダイヤモンド・マウントロブソン・イモータルの5頭が1月生まれとのことです。

 

また青葉賞馬は、ダービーを勝てないという有名なジンクスもあります。

今年のヴァンキッシュランはかなり強そうなので、ジンクスを破れるか注目です!

 

個人的な予想発表!

では最後に個人的な予想をしていきたいと思います。

 

本命はディーマジェスティにしたいと思います。

有利な内枠に入ったこと、そして皐月賞の競馬が相当強い内容だったことから、2冠達成する可能性が高いと思います。

 

続いて挙げたいのは、サトノダイヤモンド・スマートオーディン・ヴァンキッシュラン・エアスピネルです。

 

そして穴馬としてあげたいのが、ロードクエストです。

 

人気どころのマカヒキは距離、リオンディーズは気性面が心配なので外したいと思います。

 

日本ダービーが楽しみですね!

予想はもちろん当てたいですが、年に1度の競馬の祭典・日本ダービーなので、楽しみながら見ていきたいと思います!

 

皆さんも是非楽しみながら馬券をゲットしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー