月9ドラマラヴソング福山雅治の相手は藤原さくら!事務所バーターと批判続出?

スポンサーズドリンク

新人を大抜擢!

 

結婚後初となる福山雅治主演のドラマが、フジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』(4月スタート。月曜午後9時)になります。

この話題のドラマのヒロインで福山雅治の相手役に、新人アーティストの藤原さくらが大抜擢されたことで更なる話題を集めているようです!

 

異例の大抜擢ですね!

 

この藤原さくらさんは演技経験一切なしのアーティストということでしたが、約100人が参加したヒロインオーディションを見事に勝ち抜いてこの役を勝ち取りました!

昨年の11月から12月にかけて選考が行われ、書類審査・歌唱審査・演技審査が行われました。

藤原さくらさんはアーティストということで、歌唱審査において素晴らしい評価がされたようですね。オーディションでは、福山雅治さんとのセッションにも挑戦したようです。

 

 

結局はバーター?

しかしこの大抜擢にはちょっとした疑問があるみたいですね。

それはこの大抜擢された『藤原さくら』さんが、福山雅治さんと同じ事務所の『アミューズ』であることが原因と思われます。

 

結局は福山雅治さんのバーターでの出演なのでは?という噂が話題になっています。

そうなると結局はオーディションもデキレースだったということになりますよね!

だったら最初からオーディションなんてせずに、新人を大抜擢ってだけでも良い様な気がしますよね!

 

このオーディションには大手事務所の若手女優がたくさん参加していたそうです。中にはすでに知名度が高い小松菜奈さん等も参加していたようですが、無名の藤原さくらさんが選ばれたようです。

福山雅治さんも藤原さくらさんを指名したとの関係者の話もありますし、すでにヒロインの役名が『さくら』になっていて偶然にも藤原さくらさんと同じ名前だったこともあり、最初から決まっていたことなのではとの声も多くあがっていて、関係者からも非難の声が少なくないようですね。

 

 

とはいえ抜擢されるだけの実力はある!

仮に福山雅治さんのバーターだとしても仮にオーディションがデキレースだったとしても、この藤原さくらさんのポテンシャルはかなり高いと思います。

 

シンガーソングライターとしてはすでにアルバムを出していますし、ライブハウスなどで弾き語りを演奏するなどの経験を持っています。やや低めのハスキーボイスが見た目とギャップがあっていい感じですね。

ルックスについては好みがわかれるかもしれませんが、まだまだ垢抜けていなくて初々しさがある原石の様な状態なので、これから色々な方向に化けるかもしれませんね!

演技についてはまだまだ未知数ですが、いきなり月9のヒロインに抜擢するからには、それなりの演技力や個性を持っているのは間違いないでしょうね!

 

月9での藤原さくらさんの演技を期待しましょう!

この大抜擢がアミューズによるデキレースだったのか、それとも藤原さくらさんが実力で勝ち取ったものなのかは、4月からスタートする月9ドラマ『ラヴソング』を見ていけば自然とわかると思います。

 

そこまで楽しみに待ちたいと思います!

是非実力で勝ち取ったというところを見せ付けてほしいですね!

 

『ラブソング』の関連記事はこちら!

月9ドラマラブソングの1話がつまらない?福山雅治のベッドシーンの相手は誰?あらすじは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー