ドラマ世界一難しい恋のあらすじは?大野智と波瑠のラブシーンは見たくない?

この記事は3分で読めます

スポンサーズドリンク

ドラマ世界一難しい恋がスタート!

 

日本テレビのドラマ『世界一難しい恋』が、4月13日よりスタートします。

このドラマは人気アイドルグループ嵐の大野智さんが主演ということで話題を集めています。

 

今日はドラマ『世界一難しい恋』について色々と書いてみたいと思います!

 

『世界一難しい恋』ってどんなドラマ?

『世界一難しい恋』というタイトルからしても、王道なラブストーリーってイメージが沸いてきますよね!

 

ですが、一応このドラマは『ラブコメディ』という路線のようですね。

大野智さんのファンにとっては、王道ラブストーリーよりラブコメディの方がダメージは少なそうですよね!(笑)

 

『世界一難しい恋』のあらすじは?

鮫島ホテルズの社長・零治(大野智)は気難しく、自分の基準に満たない仕事ぶりの社員や、些細なことでも自分の意に添わない社員を次々とクビにするほど。社員たちは彼を恐れ、敬遠していた。ある日、箱根にあるホテルへ視察に行った零治がいつものように厳しいチェックしていると、大浴場で掃除をする女性と出会う。彼女は鮫島ホテルズに中途採用された美咲(波瑠)で、研修のために各地のホテルを回っていた。零治に意見を求められた美咲はホテルのどこにも牛乳が売っていないことを指摘し、客は風呂上がりに牛乳を飲みたいと思うのではないかと言う。鮫島ホテルに牛乳を置いていないのは、零治が牛乳嫌いだからだった。零治は物怖じせずに意見を言う美咲に戸惑いながら、牛乳など置く必要はないとはねつける。そんな零治も最近、結婚を考えるようになり、見合いを重ねていた。発端は、ライバルであるステイゴールドホテルの社長・和田(北村一輝)。和田は、いつも女性を連れ歩くような華やかな男で、零治とは正反対。和田とパーティーで会うたびに一人でいるのをバカにされ続けてきた零治は、次こそは婚約者を見せつけると決意。和田と顔を合わせる次のパーティーは、2か月後だった。

零治は、社長令嬢の志乃と見合いをすることに。気遣いができない零治が志乃に連絡先を聞こうとすると、携帯電話を持っていないと言われて教えてもらえない。零治は、これまでの見合いがすべて相手から断られているという事実を舞子(小池栄子)から聞かされる。零治には、その理由が分からない。零治は、自分が女性から嫌われていることに初めて気付く。舞子は零治が正直過ぎると指摘し「嘘がつけない男は絶対にモテない」と告げる。

そんな中、零治は、美咲が社長室に置かれた水槽のメダカにエサをあげているのを見かける。そのメダカにエサをあげるのは零治の専権事項で、他の人間がやることは許されない。激怒した零治は、美咲にクビを言い渡そうとするが…。

 

『世界一難しい恋』公式サイトより抜粋。

 

 

大野智さんと波瑠さんのラブシーン!

人気アイドルグループ嵐のリーダーを務める大野智さんですが、本格的な恋愛ものの連続ドラマの主演は、初めてになります。

 

今まで『魔王』・『歌のお兄さん』・『怪物くん』・『鍵のかかった部屋』・『死神くん』といった連続ドラマに出演していましたが、純粋な恋愛ドラマは今回が初になりますね!

 

それは大野智さんファンにとっても一緒なので、ファンにとってはドラマとは言え、大野智さんのラブシーンは見たい様な見たくない様な感じがすると思いますね!

 

女優の波瑠さんが、お相手の役どころになっています。

 

波瑠さんと言えば、つい先日まで放送されていた『あさがきた』で大人気となっている注目の女優さんなので、是非チェックしていただきたいと思います!

 

嵐の大野智さんと朝ドラ女優の波瑠さんのラブコメディってだけでかなり注目ですよね!

 

『世界一難しい恋』の原作は?

ドラマ『世界一難しい恋』の原作本はありませんでした。

 

つまり原作本は存在しない、オリジナルのドラマであるということになりますね。

 

ドラマ『世界一難しい恋』の脚本は、金子茂樹さんが担当しています。

 

金子茂樹さんは、今までにも数々のドラマ脚本を担当しています。

オリジナル脚本としては『プロポーズ大作戦』や『危険なアネキ』、漫画が原作の脚本としては『きょうは会社休みます』、『ハチミツとクローバー』を手掛けた有名な脚本家ですね!

 

この中でラブコメディと言うと、『プロポーズ大作戦』ですかね。

個人的にはかなり大好きなドラマでもあります。

 

是非『世界一難しい恋』に期待!

月9の『ラブソング』とともに今シーズンの期待の恋愛ドラマの『世界一難しい恋』。

 

キャストも豪華ですので、是非皆さんも見てみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー