2018年桜花賞の予想!外枠の差し追い込みを狙え!

この記事は5分で読めます

スポンサーズドリンク

2018年桜花賞!

 

4月8日に牝馬クラシック第1弾桜花賞(芝1600m)が阪神競馬場で開催されます!

 

今日は2018年の桜花賞の予想をしていきたいと思います!

 

桜花賞の傾向!

 

始めに簡単な桜花賞の過去の傾向を見てみたいと思います。

桜花賞は例年真ん中から外枠が有利なレースとなっていますね。

逆を言ってしまうと内枠はかなり不利なデータとなっています。特に1枠2枠は完全に死に枠と言えるくらいの成績ですね。

さらに差し馬・追い込み馬がかなり馬券に絡む傾向もありますね。

 

外枠の差し馬が有利な理由としては、桜花賞で使用される阪神芝外回りコースは3コーナーから直線にかけて緩やかな下り坂になっているので差し馬が加速しながら直線に入りやすいということがあります。そのため外枠から馬群に揉まれずにゆったり追走できる馬がそのまま差し脚を活かして外から豪快に差し切るというレースが多くなっていると思われますね。

 

阪神競馬場は直線に急坂があるので、先行馬が止まりやすいということもありそうですね。

 

とにかく桜花賞は原則真ん中から外枠の差し馬が有利!内枠はかなり厳しいということを覚えておくと良いと思います。

 

ちなみに枠番別の成績はこちら!

1枠(0-0-1-19)
2枠(0-0-1-19)
3枠(1-0-0-19)
4枠(2-2-0-15)
5枠(3-0-3-14)
6枠(0-2-2-16)
7枠(2-3-2-23)
8枠(2-3-1-24)

できれば4枠から外が良さそうですね。

 

チューリップ賞組の独壇場!

 

ローテーションから見ていくとチューリップ賞組が圧倒的に成績が良いですね。

 

他にもフィリーズレビューやクイーンカップ、アネモネS、フラワーカップ等から桜花賞に来る組がありますが、チューリップ賞組を中心に考えるのが良さそうです。

過去にはチューリップ賞組で1~3着を独占したこともありますし、今年もその可能性が高いと思います。

過去5年で馬券に絡んだ15頭中12頭はチューリップ賞組です。

 

ただ過去の傾向から行くとチューリップ賞で負けていても桜花賞での巻き返しが可能というデータがあるので、必ずしも勝っていなくても十分桜花賞で勝負になると思われますね。

 

今年で言うと1着ラッキーライラック、2着マウレア、3着リリーノーブル、7着スカーレットカラーが該当しますね。

例年であればここから1頭は必ず馬券に絡むことになります。

 

 

前走の着順!

 

前走が4着以下の馬で桜花賞で馬券に絡んだ馬は過去10年で7頭います。

その7頭中6頭はチューリップ賞組となります。

つまりチューリップ賞以外のレースで前走4着以下に敗れた馬はかなり厳しいということになりそうですね。

該当するのはアマルフィコースト・アンヴァル・コーディエライト・ツヅミモンとなっています。

 

また過去10年で桜花賞で馬券に絡んだ馬の中で、前走がチューリップ賞とフィリーズレビュー以外だった馬は9頭います。

その9頭中8頭は前走1着となっています。2着以下に敗れていると厳しいデータとなっていますね。

該当するのはフラワーカップ2着トーセンブレス・アネモネS2着レッドレグナント・クイーンカップ2着フィニフティ・クイーンカップ12着ツヅミモンとなります。

 

2018年桜花賞の出走馬と枠順!!

 

1枠1番ラッキーライラック  石橋脩
1枠2番アマルフィコースト   浜中
2枠3番リバティハイツ  北村友
2枠4番アンコールプリュ 藤岡康
3枠5番レッドサクヤ 福永
3枠6番スカーレットカラー 岩田
4枠7番トーセンブレス 柴田善
4枠8番ハーレムライン 大野
5枠9番リリーノーブル 川田
5枠10番アンヴァル 藤岡佑
6枠11番コーディエライト 和田
6枠12番デルニエオール 池添
7枠13番アーモンドアイ ルメール
7枠14番レッドレグナント Mデムーロ
7枠15番プリモシーン 戸崎圭
8枠16番フィニフティ 福永
8枠17番マウレア 武豊
8枠18番ツヅミモン 秋山

 

3強とも考えられるラッキーライラック・マウレア・リリーノーブルが内・真ん中・外と綺麗に分かれましたね。

特にラッキーライラックは桜花賞の死に目とも言える最内枠。これがどうでるのか注目ですね。

 

 

2018年桜花賞予想!!

 

やはり最内枠に入ったラッキーライラックをどう扱うかがポイントになりそうですね。

ラッキーライラックはスタートも良いですし先行できる馬なので、内枠がそこまでマイナスになるとも思えませんし1枠1番は過去10年で1頭は3着に入っているのでラッキーライラックくらい能力があれば馬券には絡みそうな気がします。

ただ心配なのは馬場状態ですね。

阪神競馬場では金曜日の夜から雨が降る予想となっていますので、土曜日にどれくらい雨が残っているかで内の馬場が荒れる可能性も考えられます。

となるとやはり内よりも馬場の良い真ん中から外が有利になるかもしれませんね。

ラッキーライラックは馬体重も480キロ以上ありますし、オルフェーブル産駒で比較的パワーはありそうなので多少の荒れ馬場は問題ないとは思いますが、当日の馬場状態は見極めたいところですね。

 

3強の1角のリリーノーブルは5枠9番と良い位置に入りましたね。

5枠は過去10年で4勝とかなりいい枠ですし、1度ステップレースを叩いて上積みも期待できそうです。過去4戦で馬券圏内は外していませんし、上がりも33秒台の脚が使えます。騎手が高松宮記念優勝して、先週大阪杯でも3着の川田騎手なのも良さそうです。

馬体も500キロ近くあり、多少馬場が悪くても心配はなさそうですね。

脚質も中団や前目で競馬できますので死角は少なそうですね。

 

最後の3強の1頭マウレアはちょっと外目の8枠17番に入りました。桜花賞は8枠の成績も悪くないので枠による不利はないと思われますね。

この馬はクイーンカップで5着に敗れてから前走チューリップ賞で2着とラッキーライラックやリリーノーブルに比べて1走多く使っているローテーションが気になります。

美浦の馬ですが、前走後栗東に滞在して出走してくる点は良さそうですが、馬体が前走は438キロとデビュー時の450キロから少しずつ減っているので更に減るようだと危険かもしれません。

ただ33秒台の脚は持っているので外目の馬場のいいところに持ち出せれば良い脚で伸びてきそうですね。

 

そしてここに割って入るのがルメール騎手が騎乗するアーモンドアイですね。

中団から33秒台の脚が使えるので、7枠13番という位置も良さそうですね。

ただ関東馬はやや苦戦傾向なのは気になりますし、シンザン記念からの直行というローテーションも気になりますね。シンザン記念からは過去10年で3頭勝ち馬が出ていますが、いずれもシンザン記念後にもう1走走っています。

前走のシンザン記念は稍重での勝利なので荒れ馬場なら有利な反面、持ち時計的に良馬場だと不安かもしれませんね。

 

他にはフェアリーS勝ちから直行のプリモシーン。

関東馬であることやフェアリーSからの直行というのはやや心配ですし、G1では信頼度の落ちる戸崎騎手が気になります。

ただ33秒前半の末脚や持ち時計的には優秀なので外枠から末脚を生かせれば上位争いも期待できそうです。

 

スポンサーズドリンク

 

2018年桜花賞最終予想!!

 

本命は5枠9番リリーノーブルにします。

枠が良いですし、チューリップ賞組ということで軸には相応しい1頭ですね。

 

対抗はマウレア。

当日の馬体重は気になりますが、調教後の馬体重が448キロなので前走よりプラスでは出てこれそうですね。

阪神得意の武豊騎手ですし、外から飛んできてほしいです。

 

単穴はアーモンドアイ。

まだチューリップ賞組とは勝負付けが済んでないですし、未知の魅力がありますね。

輸送やローテーションは気になりますが、ルメール騎手がそろそろ目覚めそうです。

 

連下は3頭。

まずプリモシーン。輸送やローテーション、騎手は不安もありますが、フェアリーS勝ちはタイムと勝ちっぷりは良かったと思いますね。

もう1頭はラッキーライラック。やはり1枠1番はデータ的に厳しそう。馬券妙味もないので評価は下げました。

最後にトーセンブレス。過去のデータでいうとはじかれる馬ですが、阪神JF4着と一定の実績はありますし、末脚もかなり強烈なので2・3着であれば来れる馬だと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事はこちら!!

スポンサーズドリンク

カテゴリー