夏目三久の怒り新党の卒業理由は?ギャラと予算が高い?多忙が問題?

スポンサーズドリンク

『マツコ&有吉の怒り新党』の夏目三久さん卒業!

 

フリーアナウンサーの夏目三久さんが、人気番組の『マツコ&有吉の怒り新党』を卒業することが3月28日に発表されました。

 

今日は夏目三久さんの卒業の理由について色々と調べたり考察してみました!

 

『マツコ&有吉の怒り新党』の夏目三久さんが卒業!

フリーアナウンサーの夏目三久さんが、人気番組の『マツコ&有吉の怒り新党』を卒業することが3月28日に発表されました。

 

夏目三久さんは人気のあるアナウンサーなので、ショックな方も多いのではないでしょうか!

 

夏目三久さん出演の放送は、2016年3月30日の放送が最後になりました。

後任には、テレビ朝日のアナウンサーの青山愛さんに決まっています。

 

夏目三久さんの卒業理由とは?

『マツコ&有吉の怒り新党』は2011年4月にスタートして5年間続いている人気番組です。

 

夏目三久さんは、以前は日本テレビのアナウンサーとして活躍していましたが、週刊誌にスキャンダルをスクープされて報じられてしまった影響もあり、2011年1月に日テレを退社しています。

 

日テレを退社した後の初のレギュラー番組となったのが、この『マツコ&有吉の怒り新党』でした。

 

この『マツコ&有吉の怒り新党』での評価が高く、今では

情報番組『あさチャン』を始め、数々の番組でアナウンサーを務めています。

 

一時のスキャンダル騒動から、見事に復活し、立ち直ったと言ってもいいと思います。

 

夏目三久さんは、この『マツコ&有吉の怒り新党』について、『今の私があるのも、この番組のおかげだと言い切れます。感謝してもしきれません。』と最大限の感謝を述べるコメントしています。

 

夏目三久さんの最後の出演は、2016年3月30日の放送となりましたが、夏目三久さんが出演する最終回の平均視聴率は11.6%とかなりの高視聴率を叩き出しました!

 

番組側も、今後のスペシャル放送などでは夏目三久さんに出演を依頼する方針を発表しています。

 

そうなると疑問が出てきますね。

高視聴率も叩き出し、スタッフ等の番組側からも高評価、夏目三久さんも番組には感謝をしている。

 

こんな素晴らしい状況なのに、なぜ夏目三久さんは卒業してしまうのか?

 

非常に気になるところですね!

 

夏目三久さん卒業理由その1!

まずは番組が上手くいってないのでは?ということです。

 

夏目三久さんとスタッフとの関係は上でも書いたように良好だと思われます。

 

そうなると出演者同士の不仲ですが、番組を見る限りマツコさんや有吉さんとの掛け合いもとてもテンポがよく不仲という感じはありませんね。

更に視聴率も安定してるため、プロ意識の高いマツコさんや有吉さん側からの不満での夏目三久さんの降板はまず考えられないのではないでしょうか!

 

考えられるとしたら、5年間番組をやっているためのマンネリ化ぐらいでしょうか。

何かを変えるために、あえて番組をメスを入れたという可能性くらいしか考えられないと思います。

 

夏目三久さんの卒業理由その2!

そうなってくると一番考えられるのは、夏目三久さんの多忙とギャラの高騰という理由が一番可能性としては高そうだと思います。

 

夏目三久さんは、現在『あさチャン』で、平日は毎朝生放送のMCを務めています。

 

またテレビ朝日の『ヤーヌス』にも、毎週土曜にMCとして出演しています。

 

相当忙しいことは想像できますね。

本人にかかる負担は相当だと思います。

 

もしかしたら多忙のために、夏目三久さん本人から卒業を申し出た可能性も十分に考えられそうですね。

 

また夏目三久さんのギャラが高騰しているという可能性もあります。

 

番組の出演依頼が増えているということは、当然ギャラも増えていくのが普通だと思われます。

 

深夜番組である『マツコ&有吉の怒り新党』では、予算的にも夏目三久さんは高嶺の花になってしまっているのかもしれませんね。

 

おそらく卒業理由はギャラの高騰!

夏目三久さんの卒業理由を2つ挙げましたが、理由はおそらく後者である可能性が高いです。

つまり夏目三久さんのギャラが、『マツコ&有吉の怒り新党』の予算とは釣り合わなくなってきているのだと思われます。

 

その証拠に夏目三久さんの後任に選ばれたのは、テレビ朝日アナウンサーの青山愛さんでした。

 

自分のテレビ局のアナウンサーであれば、ギャラはかかりませんからね。

アナウンサーはテレビ局の社員なので、毎月の給料で働いていますから人気等によってギャラが変わることはないんですね。

そういった意味では、局アナウンサーはテレビ局にとって起用しやすい人材と言えそうです!

 

もしギャラが問題なく、番組のリニューアルが目的であれば元フジテレビアナウンサーの加藤綾子さんや高橋真麻さん、もしくは他のタレントさんを起用した方が知名度的にもいいですからね。

 

あえて自局のアナウンサーである青山愛さんを起用したのはそういった理由が大きそうですね!

 

後任の青山愛アナウンサーの評価は?

ほぼバラエティは初挑戦ということなので、前任である夏目三久さんと比べるのは酷な気がしますね。

 

ちなみに夏目三久さんから青山愛さんに代わった初回の『マツコ&有吉の怒り新党』での視聴率は9.8%という結果でした。

 

夏目三久さんの卒業回が11.6%ということなので、やや物足りない感もありますが、3月の番組の視聴率をまとめてみると以下になりますので、悲観することはなさそうですね!

3月9日放送・・・12.4%。
3月16日放送・・・9.5%。
3月23日放送・・・9.0%。

 

これからの青山愛アナウンサーに期待をしたいところですね!

 

 

これからの『マツコ&有吉の怒り新党』に期待!

夏目三久さんの卒業はかなり残念ではありますが、マンネリ化打破のリニューアルと考えましょう。

 

また青山愛アナウンサーもまだまだバラエティに不馴れな様なので、これからに期待したいところですね!

 

皆さんも是非『マツコ&有吉の怒り新党』と青山愛アナウンサーに期待しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー