2016年秋季高校野球栃木大会の日程と速報は?優勝予想は夏の覇者作新学院?

スポンサーズドリンク

秋季高校野球選手権栃木大会!

 

9月10日に秋季高校野球栃木大会が開会しました。この大会は2017年の春の選抜甲子園大会に繋がる大会になります。

 

今日は、秋季高校野球栃木大会の組み合わせや優勝予想等を書いていきたいと思います!

 

 

トーナメント表やシード校は?

 

トーナメント表や1回戦の組み合わせは次の様になっています。

 

o0960089313738523572

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てもらえばわかりますかが、シード校は以下の様になっていますね!

 

  • 宇都宮短大付(Aブロック)
  • 文星芸大付 (Bブロック)
  • 白鴎大足利(Cブロック)
  • 宇都宮工(Dブロック)
  • 青藍泰斗(Eブロック)
  • 宇都宮商(Fブロック)
  • 国学院栃木(Gブロック)
  • 作新学院(Hブロック)

 

8月に行われた交流戦で8つに分けられたそれぞれブロックを勝ち抜いた高校がシード校として準々決勝まで対戦しないよう振り分けられました。

 

 

大会の日程は?

 

9月10日
1回戦
宇都宮南 3-0 宇都宮白楊
宇都宮清陵 8-1 那須拓陽(7回コ)
幸福学園 3-2 小山北桜
高根沢 6-3 那・馬・芳・足
足利清風 1-2 石橋
鹿沼 3-5 黒磯

夏にまさかの初戦敗退を喫した宇都宮南が初戦突破。そして夏ベスト8と健闘した黒磯も順当に初戦突破しましたね!

 

9月11日
1回戦
黒羽 1-2 足利工
真岡 4-0 那須清峰
大田原 0-6 宇都宮工○
○宇都宮商 5-0 栃木農
佐野松桜 4-6 足利工大付
小山南 3-9 作新学院○
矢板 2-8 矢板中央
壬生 0-6 さくら清修
宇都宮北 0-7 今市工(7回コ)
茂木 1-12 栃木工(5回コ)
佐野日大 0-1 小山

シード校は順当に勝ち上がりましたね。しかしながら強豪校・佐野日大が初戦敗退と波乱もありました。

 

9月12日
1回戦
今市 3-5 鹿沼商工
宇都宮東 3-2 真岡北陵
上三川 1-2 真岡工
栃木 3-1 黒磯南
宇都宮 7-1 佐野東
烏山 1-4 足利
矢板東 4-0 鹿沼東
小山高専 0-5 栃木商
小山西 17-1 佐野(6回コ)
鹿沼南 5-6 栃木翔南

かなり接戦が多い1日でしたね。まだ新チームに移行して間もないのでチーム力に差がないのかもしれませんね。
9月17日
2回戦
○宇都宮短大付 6-1 幸福学園
○文星芸大付 3-1 黒磯
宇都宮南 9-0 宇都宮清陵(7回コ)
さくら清修 2-13 宇都宮工○(5回コ)
○白鴎大足利 7-1 足利工
栃木工 1-3 足利工大付
高根沢 2-3 石橋
矢板中央 4-5 真岡

夏ベスト4となった矢板中央がここで敗退という波乱がありました。他にも強豪・栃木工の敗退もありましたが、シード高校は順当に駒を進めていますね!

 

 

9月18日(雨天中止)

9月19日

2回戦
今市工 0-3 宇都宮商○
○青藍泰斗 6-1 栃木
鹿沼商工 1-8 真岡工(7回コ)
○国学院栃木 10-0 宇都宮東(5回コ)
小山 6-13 作新学院○(8回コ)
宇都宮 9-2 足利(8回コ)
栃木翔南 3-2 小山西
矢板東 2-7 栃木商

今日はかなり順当な結果だったのではないでしょうか。国学院栃木や作新学院といったところは順当ですね。ただ作新学院が1回戦3失点、2回戦6失点というのはちょっと気になりますね。

 

 

9月21日
3回戦
○宇都宮短大付 3-2 宇都宮南
石橋 4-2 文星芸大付○
○白鴎大足利 6-5 足利工大付
真岡 4-1 宇都宮工○

宇都宮短大付が宇都宮南を撃破しまきたね。宇都宮短大付はシード校にはなっていますが、強豪・宇都宮南を破るという波乱を見せてくれました。今大会のダークホースかもしれませんね。また石橋が文星芸大付を破るというのも大波乱と言えそうですね。個人的には文星芸大付の優勝を予想していたので、ここで敗退というのはかなり予想外です。さらにシード校の宇都宮工も真岡に破れる等波乱が多い1日になったと思いますね。

 

 

9月23日
3回戦
○青藍泰斗 8-0 真岡工(7回コールド)
宇都宮 4-3 宇都宮商○
○国学院栃木 8-5 栃木商
栃木翔南 4-18 作新学院○(5回コールド)

宇都宮がシード校の宇都宮商を破って久々のベスト8入りを果たしました。青藍泰斗は磐石の試合でしたが、作新学院・国学院栃木は失点が多かったのでちょっと投手陣を含めた守備が心配ですね。

 

9月24日
準々決勝
○宇都宮短大付 0-6 石橋
○白鴎大足利 10-2 真岡(8回コ)

文星芸大付を破った石橋が、シード校の宇都宮短大付を破ってベスト4に進出しました。石橋の勢いが止まりませんね。シード校を連続で破るという今大会で旋風を巻き起こしています。

もう1つのベスト4は白鴎大足利。こちらはシード校の意地を見せて快勝でしたね!

 

9月25日

準々決勝
○青藍泰斗 7-4 宇都宮
○国学院栃木 0-4 作新学院○

青藍泰斗と作新学院がシード校の力を見せて快勝ですね。特に作新学院はここへ来て無失点と締まったいい試合をしてくれました!見事なベスト4進出と言えそうです。

 

9月27日
準決勝
石橋 7-3 白鴎大足利○
○青藍泰斗 0-2 作新学院○

石橋がとうとう決勝進出を決めました。素晴らしい快進撃ですね。3戦連続でシード校を撃破、そのうち2校は昨年の準優勝・文星芸大付と優勝・白鴎大足利ということでフロックではなく実力的にもいいものがありそうです。

もう1校は作新学院になります。準々決勝・準決勝と無失点で勝ち上がっていてとても締まったいい戦いをしっかり勝ち上がっていますね。

石橋と作新学院は秋の関東大会への出場が決まりました!

 

9月28日
決勝
石橋 1-5 作新学院

3位決定戦

白鴎大足利 4-3 青藍泰斗

今年は関東大会が栃木県で開催されるので、出場枠が3つになります。石橋と作新学院は関東大会への出場を決めています。そして最後の3つ目をかけて3位決定戦が行われることになっています。

 

作新学院が夏に続いて、秋の大会も制しました。まさに作新学院は現在黄金期を迎えているのかもしれませんね。

また石橋の健闘は驚きました。。是非関東大会でもこのままの勢いで勝ち抜いて、春の甲子園出場を果たしてほしいですね。

そして最後の関東大会への切符を手にしたのは、白鴎大足利でした。昨年は関東大会1回戦敗退だったので今年は頑張ってほしいですね。

 

2016年岩手国体硬式高校野球の日程と組み合わせは?優勝候補は夏の甲子園王者作新学院か?

 

 

昨年秋季栃木県大会からの県大会の成績は?

 

2015年秋季栃木県大会・・・優勝したのは白鴎大足利。決勝では延長11回の死闘を制しての優勝でした。

準優勝は文星芸大付。ベスト4は作新学院、真岡工でした。

 

2015年秋季関東大会・・・栃木県からは優勝の白鴎大足利と準優勝の文星芸大付が出場しました。2校とも残念ながら、1回戦でサヨナラ負けを喫してしまいました。

その結果、春の選抜(春の甲子園)への栃木県からの出場はありませんでした。

 

2016年春季栃木県大会・・・優勝したのは文星芸大付。延長10回を制しての優勝でした。準優勝には青藍泰斗。ベスト4には栃木工、矢板中央でした。

2015年夏の王者・作新学院はベスト8。2015年秋の王者・白鴎大足利は1回戦敗退という波乱の大会になっていますね。

 

2016年春季関東大会・・・栃木県からは優勝の文星芸大付と準優勝の青藍泰斗が出場しました。

文星芸大付は1回戦勝利してのベスト8。青藍泰斗は残念ながら1回戦敗退となっています。

 

2016年夏の選手権栃木大会・・・優勝したのは作新学院。圧倒的な強さでしたね!準優勝は国学院栃木。ベスト4は矢板中央と茂木でした。

 

2016年夏の全国高校野球選手権・・・栃木県を制して出場した作新学院は見事に優勝しました。全国で54年ぶりに優勝という快挙となりました!

 

 

秋の関東大会への切符を掴むのは?

 

この秋季大会は2017年春に行われる選抜甲子園大会に繋がる大会になります。

今回の関東大会は栃木県での開催となるため、関東大会への切符は3つとなっています。

 

注目はやはり夏の全国大会で優勝した作新学院だと思われます。

しかしながら毎年夏の甲子園に出場しているためなのか、新チームへの移行が遅れ、秋の県大会は苦戦する傾向が毎年のように見られます。今回も同様のことが考えられるため心配ですが、全国制覇した高校として県大会はなんとか突破したいところですね。

 

 

それでは各ブロックごとに予想してみたいと思います。

 

Aブロック・・・宇都宮清陵か宇都宮南と予想します。しかしながらシード権を獲得している宇都宮短大付がとても不気味ですね。今大会のダークホースになる可能性も秘めているかもしれません。

Bブロック・・・ここは文星芸大付を予想します。夏の大会でベスト8と健闘した黒磯の戦いにも注目したいですね。

Cブロック・・・白鴎大足利が有利ですが、栃木工や茂木や足利工等もいるので混戦になりそうです。ここは栃木工を予想したいと思います。

Dブロック・・・シード校宇都宮工と夏ベスト4の矢板中央の争いになりそう。夏の勢いで矢板中央を予想します。

Eブロック・・・ここはシード校青藍泰斗を予想します。ここに真岡工がどこまで食い下がれるか注目です。

Fブロック・・・なかなか粒ぞろいなブロックですが、宇都宮、宇都宮北、宇都宮商の宇都宮勢が注目です。ここは宇都宮を予想します。

Gブロック・・・シード校国学院栃木が順当に突破しそうですね。夏準優勝の力を見せられるか期待です。

Hブロック・・・ここは夏の覇者作新を予想します。ただ佐野日大や小山、小山西などなかなかの強豪が揃っていますので新チームの完成度が劣ると作新学院といえどピンチになるかもしれませんね。

 

予想ベスト8・・・宇都宮清陵・文星芸大付・栃木工・矢板中央・青藍泰斗・宇都宮・国学院栃木・作新学院。

 

 

優勝は文星芸大付だと予想します。

組み合わせにも恵まれたと思われますし、近年の強さは安定しているので、上位は間違いないと思います。

夏はライバル作新学院と唯一接戦を演じていますし、その雪辱を晴らせるのではないでしょうか。

 

 

注目の作新学院はやはり新チームへの移行という点で心配がありますね。国体の方にも出場するということなので、選手は別と言えど過密なスケジュールで監督の指導等がうまく出来てない可能性があります。実力はあると思いますが、不安な点も多そうです。

しかしながら地力があると思うので是非秋の関東大会への切符は掴み取ってほしいですね!

 

スポンサーズドリンク

 

 

熱い高校球児の戦いを期待したいです!

 

 

夏の甲子園が終了して間もないですが、すぐに来年の春の選抜甲子園大会への戦いが始まります。

 

夏の甲子園で54年ぶりの優勝を果たした作新学院がどんな戦いを見せるのかにも注目したいと思います。

今年は秋の関東大会が栃木県での開催となり、関東大会への切符が3つあります。

 

是非春の甲子園に駒を進める高校が栃木から出てくれることを期待したいですね。

 

作新学院今井達也がプロ志望届け提出へ!プロで1年目何勝できる?

2016年夏の甲子園の勝敗予想と組み合わせ!注目優勝候補は横浜・履正社?

2016年夏の高校野球選手権栃木大会の日程と速報は?優勝予想の本命は作新学院?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー