あべりょうのスカイダイビング中のインストラクターの裏切りが話題!歌詞が凄い!

スポンサーズドリンク

『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』!

 

youtubeを見ていると広告が流れることがありますが、そこで『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』という曲が流れて話題になっています。

 

今日はこの『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』という曲を調べてみたいと思います。

 

 

『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』!

 

まずは1度この『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』という曲を聴いてみてほしいと思います。

 

 

 

いかがでしょうか?

かなり過激であり、考えさせられる様な歌詞ですよね。

 

最初はよくあるネタ系の歌かと思いましたが、インパクトのある歌詞と絵に思わず引き込まれて最後まで見てしまいました。

 

 

『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』の歌詞は?

 

この『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』という曲ですが、何といっても歌詞のインパクトが半端じゃなく強いと思います。

動画の中に歌詞が表示されるので見ていただけるとわかりますが、ホントに印象に残ると思いますね。

 

 

ただちゃんと最後まで聴くとわかると思うんですが、この『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』の歌詞は基本的にネガティブな内容になっているんですよね。

例えば『児童相談所は滅多なことでは保護しない』とか『キミがどんなに児童虐待ダイヤルにかけても無駄だよ』とか『児童虐待防止法の裏切り』といったことを歌っています。最終的には『救えない』とまで言っています。

 

ここまでネガティブな言葉を並べて置いて、動画の最後には『もしも虐待に気付いたらすぐに児童相談所に連絡を。』と矛盾する文字が表示されます。

 

一見するとかなり訳のわからない矛盾した動画ですが、個人的には現状の児童虐待の問題点や現状を知らせながらも、その対応やシステムを皮肉を交えながら痛烈に批判した動画なのかなと感じました。

 

本来助けてくれるべき、親や国、大人達が助けてくれない。そんな対応やシステム・法律は、まさに『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』ということなんでしょうね。

 

 

スポンサーズドリンク

 

 

『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』の動画の作者は?

 

この『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』の動画を作った人物が気になりますよね。

 

この『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』の動画の作者は、『あべりょう』さんという方になります。

 

この『あべりょう』さんは、クリエイター集団『地下室氷河期委員会』のグランドマスターであると紹介されています。『地下室水河期委員会』というのは、あべりょうさんが所属しているアーティスト集団のようですね。

しかしながら何をしている集団なのかや他にどんなメンバーが在籍しているのか、そしてどんな活動をしているのか等は、全く公表されていない謎の集団のようです。もしかしたらそう言っているだけで、『あべりょう』さん自身しかいない可能性もあるかもしれませんね。

 

『あべりょう』さんの曲はメッセージ性が強い歌詞の楽曲が多いのが特徴で、かなり言い回しが鋭かったりきわどい歌詞も多いですね。ただメロディと曲自体や動画のアニメもかなりポップなので、歌詞と曲のギャップがかなり大きいですね。

 

『あべりょう』さんは2010年11月配信シングル『ピエロ』でデビュー。 iTuneStoreチャートでは最高14位を記録。2ndアルバム『右を向け』は有線インディーズチャート2位にランクインしています。『あべりょう』さんが過去に出した5枚のアルバムには全て地上波テレビとタイアップした曲が含まれています。

過激な歌詞が多いのにも関わらず、地上波テレビとタイアップした曲が多いのは曲やメロディ自体はかなり良いという裏返しなのかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに『あべりょう』さんの一部のCDはAmazonでも購入できるようなので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

 

『あべりょう』に注目!

 

過激な歌詞で話題を集める『あべりょう』さん。

 

この歌詞の内容が良いのか、それとも悪いのかどうかは、受け取り方によると思います。

正直過激すぎる内容もあるので賛否が分かれるとはおもいますが、様々な問題を考えたりするきっかけにはなる動画ですね。

 

皆さんも是非一度見てみてくださいね!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーズドリンク

カテゴリー