ドラマ屋根裏の恋人のキャストとあらすじは?ホラーの中田秀夫監督が演出!

スポンサーズドリンク

ドラマ『屋根裏の恋人』!

 

2017年6月3日スタートのフジテレビ系オトナの土ドラが『屋根裏の恋人』(東海テレビ制作、土曜23時40分~)に決定しました!

 

今日はこのドラマ『屋根裏の恋人』について色々と調べてみようと思います。

 

 

ドラマ『屋根裏の恋人』の基本情報!

 

ドラマ『屋根裏の恋人』の基本情報は、以下のようになっています!

 

『屋根裏の恋人』

2017年6月3日スタート。

『フジテレビ系・オトナの土ドラ』。

土曜23時40分~放送予定。

企画・・・横田誠

脚本・・・旺季 志ずか。

音楽・・・平井真美子。

プロデュース・・・後藤勝利・渡辺良介・熊谷理恵

監督・・・中田秀夫・川村泰祐・大内舞子。

制作著作・・・大映テレビ株式会社。

制作・・東海テレビ放送。

 

 

ドラマ『屋根裏の恋人』の原作は?

 

続いて、ドラマ『屋根裏の恋人』に原作があるのかを調べてみました。

 

調べた結果、特にこのドラマ『屋根裏の恋人』には原作となる小説や漫画等はないようです。公式サイトによると脚本は完全なオリジナルと書かれていますね!

 

最近のドラマは小説や漫画の実写化というパターンが多いので、こういった完全オリジナルの作品は貴重に感じますね!

 

 

ドラマ『屋根裏の恋人』のあらすじは?

 

それではドラマ『屋根裏の恋人』のあらすじを以下に書いてみたいと思います。

 

幸せだと思っていた家族は、全員、裏の顔を持っていた。

鎌倉の一軒家。
西條衣香(44)(石田ひかり)は、夫・誠(46)の父の死を機に、義父が遺した鎌倉の洋館に、夫と子供たちと引っ越してきた。義父の後妻である姑・千鶴子(56)に強く勧められたためだ。同じ敷地内の別棟とはいえ、自分とは違ったタイプの派手で奔放な姑と同じ敷地内で暮らしていくことに不安はあったが、長年の夢だったフラワーアレンジメント教室を自宅サロンで開けること、一家四人が広々と過ごすことができる念願の住処だ。
絵に描くような幸せな光景がみえ、洋館への引っ越しを決意した。

洋館の庭で行われた引っ越しパーティーの日。
衣香のもとに、昔の恋人・瀬野樹(38)(今井翼)が突然現れる。
彼は「借金とりに追われているから匿ってくれ」という。

18年前に別れた恋人、あれから連絡をとっていなく、新居の住所を知るはずもない。
なぜ、ここにやってきたの?どうして?
とにかく今の衣香には、家族に紹介できる相手では無い。

直観的に恐怖を感じ、瀬野を追い返そうとするが、
彼は姿を消していた…。

その夜から、西條家では、不思議なことが起こる。
冷蔵庫の食料が減っていたり、夫の洗濯物が無くなったり。
そして、衣香の結婚記念日に信じられないことが起きた。
家族が帰らない家の屋根裏からバイオリンの音色が聴こえてきた。
音に導かれるように、屋根裏へ登っていくと、瀬野がバイオリンを奏でている。

彼は、西條家の目を盗んで、屋根裏に棲みついていたのだ。

以来、瀬野は、屋根裏から西條家の本当の姿を見つめ始める。
衣香は、家族が黙っていた秘密、裏の顔を知ることになっていく。

いじめにあっていた、中学3年生の息子…。
恋人との深刻なトラブルに悩む、高校2年生の娘…。
証券会社に勤務して将来有望の夫。家庭でも良い父親のはずが…。
姑が呼び寄せた本当の理由とは…。
さらに、衣香の良き相談相手の親友までもが、大きな秘密を抱えていて…。

精神的に追い詰められていく衣香。揺れ動く瀬野への気持ち。
そんな中、1つの殺人事件がさらなる運命の歯車を狂わせていく。

果たして、瀬野が屋根裏に棲みついた本当の理由とは。
そして衣香は、壊れかけた家族とどう向き合っていくのか。
“すべての裏”が明らかになる時、衝撃の結末が待ち受けている!

いけないオトナの事情が錯綜するドロドロストーリー!
土曜の夜は、愛と恐怖に身もだえる!

 

ドラマ『屋根裏の恋人』公式サイトより引用。

 

このあらすじを見ただけで先が気になるストーリーになっていますし、謎やミステリアスな部分がたくさんありますね。

 

それにしても知らない間に自分の住んでいる家の屋根裏に人が住みついていたら、ミステリーを通り越してホラーですよね。めちゃくちゃ怖いです。

 

とにかく先が毎回毎回気になる展開になりそうなドラマですし、個人的にはミステリアスでちょっとホラーテイストの入ったドラマはとても好きなので面白そうだなと感じますね!

このフジテレビの深夜の枠のドラマである『オトナの土ドラ』は毎回先の気になるドラマを放送しているので、今回のドラマ『屋根裏の恋人』も期待したいですね!

 

 

ドラマ『屋根裏の恋人』のキャストは?

 

次にドラマ『屋根裏の恋人』のキャストを調べてみたいと思います。

 

このドラマ『屋根裏の恋人』の主人公・西條衣香を演じるのは、石田ひかりさんになります。

西條衣香は、夫と高校生の娘、中学生の息子と暮らす主婦になります。夫の父が亡くなったことで、義父の所有する洋館に引っ越すことになります。その後元恋人との再会によって様々な事件や不思議な出来事に巻き込まれていきます。

演じる石田ひかりさんは、14年ぶりの連ドラ主演になりますね。1980年代後半から1990年代にかけて数多くの大ヒットドラマに出演していて、多くの新人賞なども受賞していますね。最近は結婚や出産、子育てといったところで主演級の役からは遠ざかっていましたが、今回は久々の主演になりますね。ちなみに石田ひかりさんのお姉さんは、『逃げるは恥だが役に立つ』等にも主演していた石田ゆり子さんになりますね!

 

 

そして主人公・西條衣香の元恋人となる瀬野樹を演じるのは、今井翼さんになります。

瀬野樹は、主人公・西條衣香の元恋人で突然再び西條衣香の前に現れます。借金取りに追われているということだが、謎の多い人物になります。

演じる今井翼さんは、ジャニーズの『タッキー&翼』で活躍する一方で、多くのドラマや舞台に出演しています。またスペインをこよなく愛していて、スペイン語も堪能なことで有名です。

 

 

4月18日現在、他のキャストは発表されていません。発表され次第追記したいと思います。

 

スポンサーズドリンク

 

 

ドラマ『屋根裏の恋人』の見所は?

 

このドラマ『屋根裏の恋人』の注目の1つとして挙げられるのは、監督が中田秀夫さんというところだと思います。

 

中田秀夫さんと言えば、『リング』や『仄暗い水の底から』等のジャパニーズホラーの第一人者とも言われる監督さんですよね。

 

御本人はインタービュー等でホラー映画にこだわりはなく、本当に撮りたいものはホラーではないと語っていますが、間違いなくホラーテイストの演出は日本でも屈指の監督さんなのではないでしょうか。

それも単純なホラーではなく、むしろ見終わったあとからじわりじわりと怖さを感じるような演出を得意としている様に感じますね。

 

今回のドラマ『屋根裏の恋人』もあらすじを読む限りはホラーというか不気味さを感じる『瀬野樹』という人物が登場しますので、中田秀夫監督によってその怖さや不気味さがどのように表現・演出されるのかはとても見所の1つかなと考えています。

 

そしてもう1つの見所は、やはり不気味で謎の多い『瀬野樹』という人物を今井翼さんがどの様に演じていくのかというところだと思います。

 

過去には、同じオトナの土ドラ『火の粉』でユースケ・サンタマリアさんが不気味な役を演じて、その演技が話題になったこともありますが今井翼さんがこの『瀬野樹』というキャラクターをどの様に演じていくのかは、このドラマ『屋根裏の恋人』において非常に重要だと思いますし、楽しみな部分になりそうですね!

ドラマ火の粉の結末は?原作のあらすじをネタバレ!武内の正体も

 

 

ドラマ『屋根裏の恋人』に期待!

 

フジテレビ系オトナの土ドラ『屋根裏の恋人』(東海テレビ制作、土曜23時40分~)が、2017年6月3日スタートすることになりました。

 

このドラマ『屋根裏の恋人』の監督が中田秀夫さんということで、個人的にはかなり期待が高いドラマですね。

ホラー要素のある作品が多い監督なので、そういった描写や演出には期待が持てると思いますので、そのあたりにはとても期待ですね!

 

皆さんも是非ドラマ『屋根裏の恋人』に期待してみてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーズドリンク

カテゴリー